こんにちは、ポルノです。

 

今日はまたしてもロストアプローチでLINE交換した音声です。

 

ちなみに今回の場所はパンダの街こと上野です。

 

しょっぱなから反応がいいターゲットだったのですが、連れ出しができずLINE打診も一旦拒否されています。

ですが、その後うまく切り返すことで、LINE交換までは成功しているのでぜひ参考にしてください。

 

 

 

アプローチ

観察イメージ

・女子大生っぽい

・タイト目なスカート&ヒール

・キャバ嬢?

・イヤホン着用

 

最初の入りは一歩前に出て、イヤホンをとる仕草をしながら声かけ。

 

 

 

 

強制ぽい打診で返ってきますか?

たまに質問などで、

「強制したようなLINE交換でこの後繋がるんですか?」

 

みたいな質問がきますが、LINE交換ができている時点で角度はそこそこあります。

 

 

ここも僕が常日頃言っている理由づけになっています。

LINE交換をさせてあげるための理由ですね。

 

もし彼女が本当にLINEを交換したくなかったら、普通に拒否されます。

ポルノ「このまま粘られるか、LINE交換するか」

女「両方無理」

みたいな。

 

その選択肢があるにも関わらずこの状態でLINE交換に応じているので、返信が返ってくる可能性は0ではないですね。

 

まあ、100%返ってくるのかというとそれはそれで厳しいですが。

 

 

ちなみにこの子はちゃんと後日送ったら返ってきてますので。

一旦拒否されたからと言ってチャンスがなくなるわけでは無いので、ぜひ音声を参考に切り返しを学んでください。

 

 

 

切り返しは常に意識

上記でも話していますが、切り返しに関してはナンパをしている上で必ず必要になってきます。

女性も軽い女と思われたくない等ありますが、笑いながらの拒否だったり楽しい雰囲気での拒否は少なからずこちらを試している状態に近いので、一旦拒否されたからといって諦めないようにしてください。

 

 

 

そして今までにペンギンナンパをやったことがある方も、このような

「聞いたことある」というプットがでたら切り返しに困った経験があるかと。

 

意識していない相手からのプットが出るとこちらがテンパりますからね。

 

ただそこである程度は、このような切り返しが相手からくるとイメージしておくことで、とっさに反応ができるので大体のパターンを覚えておくとテンポの乗った会話にしやすいです。

 

僕も結構ロストアプローチを徹底しているので、ある程度最初の頃よりはまともに切り返しもできるようになってきました。

 

本当に最初の方のペンギンナンパなんて、恥ずかしいレベルで何もできませんでしたので笑

 

 

 

アプローチ感想

今回は連れ出しが厳しそうと判断したためLINE交換に移行しました。

 

全体的に相手のプットをもう少し拾ってもよかったかもしれません。発言を拾って会話を生成しておけばLINEももう少しスムーズに交換できたかなと。

 

プラス共有スペースももう少しいじっても良かったかもしれないです。

カーディガンで多少は使ったが、もう少し観察イメージを深掘りして相手の背景まで考えれたらベスト。

 

 

 

自分なりに考察するとこんな感じです。まだまだ改善点は多いですが、精進します。

 

ちなみにこの子とアポれたらその感想をメルマガ等でレポしようかと思います。

 

 

では、パンダの街こと上野でロストアプローチ(ペンギンナンパ)をしてきましたという感想です。

 

 

こちらもオススメです