長い間ナンパをやっていると最早ナンパは呼吸をするかのごとく、
可愛い女性がいたらすぐに声をかけたりできるものですが、
最初にナンパを始めたときはそうやりたいと思ってもできないですよね。

 

初心者ほどナンパをやっていて辛いと感じることが多いでしょう。

毎日街に出て女性に声をかけても冷たい反応やシカトなどが続くと
最初に持っていた高いモチベーションは少しずつ落ちていってしまいます。

僕自身もプロフィールで書いてある通り、一番最初はナンパがこんなにツライのかと思いましたね。声をかけようと近づいても全く声をかけることができなかったので。

それでもここまで長く続けてこれた根本はナンパを楽しいと感じることができたからです。

つらくてもナンパを楽しむ心さえあれば難なく続けることはできます。

 

そんなことを考えていたので先日こんなツイートをしました。

ナンパが辛いと感じたときにやるべきアクションリスト

・ナンパを始めた目的を再確認する
・ナンパ友達と合流
・酒を飲む
・街コンやパーティなどで気分転換
・好きな音楽を聴く
・ひたすらやり続ける

どれも目的はナンパが楽しくてやりたくて仕方がない状態に持っていくこと。

ナンパで辛いと思った時のアクションリストですね。

ちなみにアクションリストとはすぐにアクション(行動)できるものです。すぐに行動を変えることで嫌な気持ちもツライ気分も吹き飛びますので。

それについて詳しく話します。

ナンパを始めた目的を再確認する

折れそうな時やツライときには
自分がなぜ今こんな辛い気持ちをしてまでナンパをやっているのか確認しましょう。

自分が折れそうな時こそナンパの目的を思い出します。

 

例えば僕の例で言えば、非モテで女性と普通に話すことすら難しかった自分が今後女性と付き合ったり、たくさんの女性とセックスがしたいと思ったからストリートナンパを始めたんです。

辛いなと思ったときには、iPhoneのメモ帳の文字を読んで自分を奮い立たせます。

こんなところで諦めてたまるかと。

辛い、苦しいと感じたら自分を奮い立たせるためにナンパを始めた目的を思い出しましょう。

 

ナンパ友達と合流

人と話すことで落ちた気持ちをあげることが可能です。
特にナンパ友達はお互いの気持ちを理解している関係ですので、
ナンパをしている時の辛い気持ちも共有できます。

 

僕は最初ずっとソロ(1人)でやってましたが、
やはり辛いときにナンパのことを話せる友達がいると
精神的にかなり安定します。

また声をかけてガンシカや何か辛いことを
女性に言われたとしても戻って話せる場所があるだけで
ナンパ自体もガンガン声をかけることができます。

ただ常に友人と一緒にナンパを行うようになると、
1人になったときにナンパができなくなる危険性もあるので、その点だけ注意してください。

 

酒を飲む

酔っ払ってください笑。困った時のアルコールです。
酒を飲むことであなたのテンションが上がるのであれば大いに使っていいです。

 

もちろん常に酔っ払ってやることはできないですが、
一時的にでも楽しくナンパができれば
その後も感覚は残っているので割と素面でもナンパがやりやすくなります。

つらい時ってどうしても楽しんでやることができなくなっている状態ですので、その状態ではナンパ自体の成功率が下がります。

辛いなと思っている人が話しかけてくると、以外に人間同士って気持ちって伝わるんです。

コミュニケーションは言葉だけではないってことですね。

 

暗い人が話しかけても、楽しそう!ついていきたいと思う女性がいないのと同じように、
明るく楽しい人が話しかけるから女性もこの人についていったら楽しそうと思ってくれます。

 

その楽しそうな効果を出すために
お酒を飲むのは最初はありです。
またアルコールには理性を外す効果もあるため
恥ずかしい気持ちなどもなくなり、地蔵もしなくなる方が多いです。

ただ酒が弱い人間が飲んでしまうと、
顔が赤くなりふらふらして
ナンパどころではなくなってしまうので、
酒が弱い人間にとっては諸刃の剣です笑

 

街コンやパーティなどで気分転換

特にストリートナンパはクラブやバーなどと比べると反応率が多少悪くなりがちですので、初心者が辛いと思うの仕方がありません。
そんな時は気分転換で街コンやパーティなどに行ってみましょう。

 

ストリートで話しかけたらガンシカされているような人でも、
ナンパをしていない一般男性と比べると圧倒的にトーク力はあるはずです。

そんな男性がパーティに行けば女性たちと
ガンガン話せる男性として、一目置かれるでしょう。

それぐらいに普通の男性は
ガツガツ自分達から話しに行くことができないので。

 

気分転換でそういった女性と話すことで、
ナンパで折れた心を蘇らせることができます。

 

好きな音楽を聴く

僕自身も結構やっているアクションの1つですね。ナンパをやってる時でも音楽を聴いたりします。

やる気が落ちた時や辛い時こそ無音でやるのではなく
音楽を聴いてテンションを上げるのはかなりおすすめです。

 

ちなみにこの方法は以前仲が良かった
凄腕のナンパ師から教えてもらいました。

 

その人も街を歩いていてやる気やモチベがない時は
音楽を聴きながら街を歩くそうです。

そして綺麗な女性を見ながら好きなミュージックを聞いて
徐々に自分の気持ちも上がってきたと思ったら
ナンパをするんだと言っていました。

一度自分も面白半分で試してみたら、ナンパの気分も復活しガンガン声をかけれるようになってましたので、本当におすすめです。

好きな音楽を聴いて気分を上げるアクションナンパですね!

ひたすらやり続ける

超スパルタですが、辛いと思おうが苦しいと思おうが常にひたすらやり続けることです。

一番厳しいですが、
このアクションが一番強くなります。

酒を入れて気分をあげてもいいですし、友達と一緒にやっても問題はないですが、
ひたすら1人でとにかくやり続ける人に比べたら成長の度合いが違いますよね。

 

辛いと思ってもひたすらマシンのように声をかけ続ける。
孤高の戦士みたいな笑。

 

でも、これも理由があります。

 

常にどんな状況でも声をかけ続けていれば、無視や辛いことが全てノイズになるからです。

ナンパをして無視をされようが、
何か言われようがそれが自分の中で
通常な状態になっているので、
感情が奪われることはなくなります。

 

つまり自分の中で無視が普通になってくるだけでいちいち凹むことがないんです。

「はあ無視されたな」と思わず
「まあ無視か、次いこ」のようなマインドですね。

逆にこのマインドであれば次々に女性に声をかけることができるので、やり続けていけば反応のいい女性とも出会えます。

あなたの中では無視が普通になっている分、反応が得れた時は本当に嬉しいですよね。

 

荒療治ですが
辛いと思おうがやり続けることは成長力も高まりまくります。

まとめ

ざっとナンパが辛い時にやるべきアクションリストについて話してきましたが、全部に共通しているのがナンパは楽しいものだと自分で思えるようにすることです。

ナンパでは辛い時もたまーにやってきますが
それでも本来ストリートナンパは楽しく自己実現を目指すものです。

そして先ほども言いましたが、あなたが知らない女性に話しかけることを楽しんでやることができれば必ず女性にも伝わります。

辛い感情も時には出てきますが、
ぜひ楽しむ心を忘れずにストリートナンパで
素晴らしい女性と出会って自分を成長させてもらいましょう。