ビーチでナンパは成功しない?現役ナンパ師がプロのやり方を教えようと思う。

どうも、松永です。

 

ビーチでのナンパはどうやって成功させたらいいのか。

海に行くと必ずと言っていいほど日焼けを楽しんでいるギャルたち。

 

そんなギャルや水着の姉ちゃんをどうにかしてナンパしたいですよね。

 

せっかく男が海まで行ったらやることは、水着美女と一夏のアバンチュールをすることです。

 

そこで今回はビーチでナンパをして、水着ギャルをお持ち帰りorセックスするために僕がやっている方法を全公開です。

あなたがビーチでギャルをナンパして、速攻であなたのものするための話ですので、お見逃しなく。

ビーチはギャルの宝庫

夏のビーチはギャルの宝庫です。

普段からどこに潜んでいたんだというようなギャルたちも海に行けばぞろぞろといますし、そんなギャルたちがエロい水着を着ています。

さらにお酒を飲んで、ビーチでのんびりしているのでナンパがめちゃくちゃやりやすいです。

 

ストリートで反応を取るのが難しいギャルたちも海では一瞬で反応がとれます。

 

さらにお酒がナンパを効率よく進めてくれます。

アルコールが入ると人は開放的になりますからね。基本的にビーチにいるギャルはお酒を飲んでますし笑

これほど多くの女性がいるビーチでナンパをしないのは、本気で勿体無いですので、ぜひビーチではナンパをしましょう。

ビーチナンパは積極性

ビーチでのナンパを成功させるには積極性が必要になります。

 

例えば女性がパラソルの下でゆっくりとしているところに話しかけて、和めたと思ったらもう相手のレジャーシートに座って一緒にお酒を飲むぐらいの積極性です。

もちろん相手がOKなのかは、最初に話しかけた時に見極める必要がありますが、それでも相手の元へ近づく積極性があったほうがビーチナンパは成功します。

 

成功しない例としては、相手に近づくのを恐れて話しかけて正面に座って、だらだらと話しているパターン。

距離を詰めようとしないので、仲良くなるのも時間がかかりますしその後のセックスが遠のいてしまいます、

 

最初に近づく時が少し怖い気もしますが、勇気をだして隣に座ってしまいましょう。

意外に座ったらそのまま普通に乾杯のような展開があるので、まずはトライしてみてください。

ビーチナンパの流れ

基本的なビーチナンパの流れですが、まずテントは必ず必要になります。

付随してパラソルがあってもいいですね。

 

夏の海は海小屋ぐらいしか、日差しを遮るものがありません。そのためナンパをして乾杯をするとなっても場所が無いんです。

海小屋に行ってもいいのですが、近くで隣り合って座るのが少々難しくなります。

 

そのためテントは必ず持っていきましょう。ちなみにテントは比較的大きめなものを用意してください。4人等でも入れるのがおすすめです。

 

テントを建てたら次の流れです。あとは実際にナンパをします。

ビーチだけのナンパテクニック

ビーチでの具体的なナンパテクニックを話します。僕自身も3年以上海でナンパをしてきた中で厳選したものですので、使ってみてください。

 

まずビーチでは先ほども話した通り水着美女たちにアタックしますよね。その場合ふた通りに分かれます。

1つは海でナンパをする

2つ目はビーチでナンパをする方法です。

 

二つに分けてそれぞれテクニックも解説するので確認してください。

海でのナンパ方法

海の中でナンパをする時には、女性が2人組で浮き輪に浮いているのか。

1人が浮き輪なのかでナンパの方法が変わってきます。

 

女性が2人とも浮き輪を持っている場合はこちらはノー装備でナンパをしましょう。

逆に1つの浮き輪で2人が遊んでいたら男側は1つ用意します。

 

理由は男女ペアになって浮き輪で浮くためです。女性2人が浮き輪を持っている場合はこちらが浮き輪を持っていくと邪魔になり、女性と浮き輪で浮くことができなくなります。

その逆も然りで1つの浮き輪に4人ではどうしても2人きりにはなりにくいです。

 

この場合は女性の浮き輪を見定めてナンパをします。

 

そして海で浮いている女性に対して、ナンパをする時は無駄な距離は一切必要ないです。

話しかけたら相手の浮き輪につかまったりして積極的に距離を縮めましょう。

 

ただし女性が嫌だと思ったら速攻で次の女性に行ってください。無理してナンパをする必要はありませんので。

ビーチでのナンパ方法

ビーチでは女性がパラソルの下に座ってお酒を飲んでいる場合がほとんどですので、通常通りのナンパです。

 

相手の近くに行き話しかけるのですが、話しかける際のテクニックとして相手の雰囲気を指摘してあげるとオープンしやすいです。

 

例えば、「こんにちはー」と相手に話しかけるのではなく、相手の前で一旦腰を下ろして

「今日ビーチで一番存在感出てるよ」などと雰囲気をユーモアにして話しかけてあげると女性も笑ってしまい、オープンする可能性が高まります。

ちょっとしたテクニックですが実際に使えるものなのでビーチでのナンパをする時には使ってみてください。

海を活用する

先ほどの海ナンパと似ていますが、こちらの活用テクニックはビーチでも使えます。

 

ギャルたちと仲良くなる為には、やはり2人きりで話したいもの。

4人で話していると、雰囲気が楽しい雰囲気になってしまい、恋人のような男女の関係になるのは難しいです。

そのため男女に別れる必要が出てきます。

 

そこで使えるのが海です。

片方が海に行けば、残ったギャルと和むことが可能になりますよね。また海に行った男女ペアも浮き輪で一緒になって浮くことで密着でき、セックスの確率が高まります。

海は男女ペアになることが容易で雰囲気を変えられるので、必ずペアになるようにしてください。

ギャルとえっちをするには

ここまでビーチでナンパをする方法等に関して詳しく話してきましたが、ギャルとえっちをする一番の要素はナンパのスキルです。

 

ビーチでナンパをする際にも普段からナンパをしている人であれば成功率は自ずと高まります。

女性を反応させたり、興奮させたりするテクニックを持っているので。

そのため本気で海のナンパを成功させたいのであれば、ナンパで女性を喜ばせることができるスキルを覚えておくことをお勧めします。

 

海で活かすこともできれば、普段道ですれ違ったセクシーなねえちゃんをナンパしてホテルまで行くことも可能になります。

 

まとめ

実際に僕が海でのナンパに使っているテクニックなども合わせて全て話してきましたが、参考になりましたでしょうか。

夏は海ナンパ以外にも楽しみが増えますし、祭りなどもたくさん開かれています。

 

やはりその時にナンパで女性をゲットできる能力さえあれば、どんな場所でもゲットできます。

僕自身もあの時ナンパを始めたので、今ではビーチやプールでもガンガンナンパしてますし。

 

ぜひあなたもナンパのスキルを手に入れてビーチで水着ギャルをナンパしちゃってください。

 

では、また会いましょう。

関連記事:ビーチでナンパし美女をゲットするには【現役ナンパ師のガチ解説】

一般公開できない。僕がモテた唯一の法則があります。

僕はナンパを開始して、たった7ヶ月で51人の女性を抱きました。

経験人数は100人を超えてからは、数えられていません。

 

ただ、元々僕は周りから「ブサイク!」と呼ばれるぐらい顔面に自信もなく、女性経験も乏しい状態でした。

極め付けは、非モテを悪化させて、会社にいた20歳の女の子に、以下のアピールをしまくりました。

・目がキョロキョロ泳ぎながら、ニヤニヤ話す
・話し出した瞬間に顔面が真っ赤になりオドオドし出す
・1時間の間に10回以上、何も用がないのに広末さんに話しかける異常行動
・帰る時は同じ時間を装って話しかけるでもなく、遠目で見つつ帰る
・他の女性には全く話しかけないし無口になる

完全に異常者でした。

結果的にその子は退職しました。僕が99.9%の原因です。

 

そんな女性との距離感が分からず、犯罪的な猛烈アタックをしていた僕が、モテるためにナンパを開始しました。

 

そして、僕はナンパを通して以下のような女性と出会ってきました。

・新宿某店でNo2のキャバ嬢
・佐々○希さん似の大学1モテる女子大生
・お嬢様学園の将来アナウンサー志望の清楚系Dカップ女子
・祖母が資産家の、金持ち152cmのロリ系20歳
・インリンオ○ジョイトイの娘?と思うほどの美女台湾人
・ほぼ有村○純の可愛すぎる保育士(園児の親から口説かれるらしい)

過去の自分が見たら、どれも腰を抜かして、「嘘でしょ・・・」と言ってしまうぐらいの綺麗な女性たちです。

そして彼女たちとはお金ではなくて、自分自身の魅力だけで、口説き付き合ってきました。

他にも、同時に女性3人と付き合ったこともあります。(疲れるのでやめましたが)

 

そして今回僕が、そんな過去の経験からモテる男になるための法則を電子書籍にまとめました。

 

お金もない、人脈もない、顔面も冴えない、足も短い、社会的地位もない、学歴もない(高卒)

何も持たない僕が、なぜ周りのお金を持ってる人やイケメンでも口説けない女性と付き合えたのか。

 

そのブログでは話せないモテるための法則を、全て電子書籍に載せたので、興味があればぜひ読んでみてください。

ストーリー形式なので、サクッと20〜30分で読めると思います。

→無料電子書籍「モテる男のつくりかた」を読んでみる