どうも、ポルノです。

 

目が弱い人って何となく分かりますか?

 

僕の友人にもいますが、話していて常に目をキョロキョロさせている人。

目を合わせて話し始めたらすぐに逸らしてしまう人がいます。

 

目が弱い男性とは主に上記の男性達です。

そんな弱い目の男性に対して、女性は果たして抱かれたいと思うのでしょうか?

 

キョロキョロしている男性に対しては、男性的魅力を感じず抱かれることには至りませんよね。

 

いつの時代もどんな人間も、モテる人間は相手のことをまっすぐ見ることができる人間です。

今日は目でどう女性を口説き落とすのかについて話していきます。

目が語る強さ

目が語る強さとはいわばその人自身の強さを表しています。

先ほど話したように、目がキョロキョロしている人、絶対に目を逸らさずに見続ける人。

 

どちらの方が男として強そうか、逆に弱いのか。

想像してみてください。どちらがモテるかすぐにわかると思います。

 

そして僕らが常に目指すのは、この目を絶対に逸らさない男性です。

 

目を逸らしてしまうということは自信の無さを自分から露呈していることにも繋がります。女性が好きな男性は賛否両論ありますが、常に自信のある男性です。

自信があって堂々としている男性を”雄として見る”から抱かれるんです。

 

雄として見れないような弱い男性は女性から抱いて欲しいとは絶対になりません。

目線で女性を落とす本当の理由

目線で女性を落とせる本当の理由を話します。

 

男らしいとか、男性的強さがあると言いますが本質は違います。

 

目線が重要なのは女性との場の取り合いが起こるからです。

 

どちらが上か、どちらが下かと女性が決めつけるときにこちらが上に立つためです。

 

大事なことなのでもう一度言います。

女性との会話ではこちらの場を優位にしなくてはならないのです。

 

考えてください。

もし女性と話しているときにこちらの立ち位置、目の前の男性に対して「この男私より下だな」と思ったときには、男性がいくら男らしくセックスに誘っても女性はなびかないですよね。

「格下の男が何で強気に誘ってんだよ」ってなります。

もちろんここまで露骨に嫌な女はいないでしょうけど笑

 

 

いくら目線が強くない男性が男らしく誘ってもそれはただの偽りなんです。バレバレの強がりになっています。

男性の強さを表してることにはならないんですね。

 

よく巷ではSっぽい男性がモテると言われますが、ここを表面的に真似してもそれはSではなく、Sの真似をしている弱い男になってしまいます。

 

そして女性を見るときは常に目をずらさないことによって女性はどう感じるか。

 

素敵?かっこいい?男らしい?

 

違います。

先ほども話していますが、強さです。

男性の強さを表しているんです。

 

いくら強い言葉を並べようと、いくら強い服装を着ていようとキョロキョロしているだけで全てが無になります。

目は口ほどに物を言う通り、人間の強さが全て”目”に現れるのです。

 

 

目をしっかりと見て話している時に女性が感じているのは、この人は男としての強さを感じます。

その根本的な強さを女性に植え付けることが、目を使う大事さなんです。

 

繰り返しになりますが、女性と話しているときにこちらの場を優位にさせます。

そのために女性がこの人は根本的に強くて敵わないなと思わせる必要があるんです。

 

それで強さを見せつけることで本来のSキャラや堂々とした男らしさが活きてきます。

 

多くのナンパ音声ではさすがに動画を公開してないので顔は見れないですが、女性を多く口説いている男性ほど目線を逸らしてないと思います。

 

ナンパ音声を常に聞き流して覚えるのは、もちろん意味がありますし、僕自身もそれは未だにやっています。

 

ですがトークを覚えるだけ、話だけできれば即れると思ってしまう前に、まずこの目を意識してください。

本来の雄としての男性的強さを女性に与えることで、その場が男性優位になり口説ける。

 

これが目で女性を落とす本質です。女性よりも優位に立つこと。

それが目を使う理由です。

 

目をまっすぐ見ることで無意識に女性が感じるこのアイコンタクト。

ぜひ意識するようにしてください。

簡単アクションプラン

ちなみに目を見つめてくださいと言ったときにどれくらい見つめればいいんですか、などの質問があるのでその点について話します。

 

目を見る長さは相手が逸らすまで見ましょう。

最初に相手の目を見続けるのはとても居心地が悪く感じます。

ですが、最初は絶対に逸らさない気持ちで相手の目を見てください。

 

ガンガン目を見て、相手が逸らすまで見ることに慣れると視線の効果的な外し方などもわかってきます。まずはオーバーすぎるくらいにやってみてください。

 

心理学でも実証済み!?

ちなみにこの目に関しては心理学でも実証されています。

心理学の世界でも内面に隠していることだったり、嘘は全て目に現れるとも言われていますね。

 

何か頭の中で想像している時は右上を見て、過去の経験を思い出そうとする時は左上を見る。

つまり右上を見ている人は何かしら想像して嘘を作り上げているということです。

 

全ての人がこれに当てはまるわけではありませんが、多くの人の傾向は上記のようになるということです。

目は口ほどにものをいうは実証されているんですね。