どうも、ポルノです。

 

今日は少し趣向を変えまして、営業や販売に活かせるナンパスキルということを話します。

 

 

まず営業や販売に活かせるナンパスキルということですが、あまりピンと来る方は少ない方と思います。

渋谷や新宿にいる兄ちゃんが営業なんかできるわけないだろと。チャラチャラしている奴ができないだろと。

 

 

ですが、僕は逆にチャラチャラした兄ちゃんたちこそ、営業や販売をさせたらかなり売れると思うんですよね。

 

 

それはこの後詳しく話していきますが、要は相手に商品を買ってもらうことであるならば、ナンパも同じわけです。

 

 

営業や販売は自社の商品を売ります。

ナンパでは、自分ですね。

 

営業や販売だったら商品の良し悪しも見られますが、ナンパでも同じくです。

自分を見られます。

 

だから、ナンパでは一番に何をするかというと、自分の見た目を変えて、清潔感を出して女の子に対して「この人だったらありかな」と思ってもらうんですね。

参考:ナンパマニュアル完全版!現役ナンパ師が語る究極のナンパ術!

 

営業や販売でも同じです。

 

商品が悪ければいくらトークが上手くても、売りつけた罪悪感やそもそも売れる可能性が低いわけです。

 

だから、商品が素晴らしいことが大切と言いますよね。

ここは開発とかになるので、また別ですが売るものは相手にとってメリットになると思わないとそもそも売れません。

 

営業や販売への誤った考えの方へ

この記事を通して一番伝えたいことなのですが、営業や販売においての誤った考えです。

 

むしろできる営業の人とか販売は、実際に受けて見るとわかりますが、ここがかなり上手いです。

 

 

それは、居心地のいい空間の提供です。

 

少なくとも一般的な営業や販売の人は売ることにフォーカスしすぎて、ここができていません。

 

 

 

例えば

営業や販売の人と話しているときに、その商品のことについて力説してくるわけです。

 

 

「この商品の〜の部分が、〜にマッチして、〜していれば売り上げが上がるんです。

〜が恐らくお困りだと思うので、〜は大変お客様にとって・・・。」

 

 

 

 

これを聞いてもお客さんからすると「だから何?」状態ですよ。

 

 

商品が素晴らしいのはわかった。それで俺に対して何がいいのか。

それを全く聞いていないんです。

 

 

素晴らしいものがあるから、それを勧めたくなるのはわからなくもないですが、それは心の中に秘めておけばいいんです。

がっつり説明しなくていいんです。

 

 

 

普通に聞いておかしくないと感じでも、ナンパで例えると絶対にありえないです。

 

ナンパで例えると

「俺ってめちゃくちゃ年収高いよ。高層マンションに住んでて、顔もそれなりにイケメンだしw。

セッ○スも上手いって言われるし、仕事もいいポジションについてるんだよね。

あと女の子にはかなり優しいからめっちゃ好かれるんだよね笑」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな奴に女は抱けますか?笑

 

 

 

初対面でここまで自慢して話してくる奴に抱かれたいと思います?

 

同じことをやっているわけですよ。売れていない営業や販売の人は。

 

 

これじゃ、買いたいと思うわけがないんです。

 

 

だから、僕が言っているのは居心地のいい空間の提供。

 

 

場を与えるんです。

そしてその場は、お互いが喋り合い作っていく場です。

 

 

理想で言えば7対3ぐらいでお客さんが多く喋る。

そして喋っていく中で潜在的な悩みや本当に必要なものが見えて来るので、そこに合わせて〜の商品がという提案ができるわけです。

 

お互いに喋れる場を作るというのが難しいのですが、一度出来上がってしまえばポンポンと、相手が求めていることや足りないことが見えてきます。

 

そこに対して初めて自分の商品を提供するわけです。

できる営業や販売の人はこの部分が上手い理由ですね。

 

 

 

売るのは物だが、やることを売ることじゃない

ここも先ほどの話に通ずることなのですが、売るのは物ですが、やることは売ることじゃない。

 

営業や販売の人がやることは、何だと思いますか。

 

僕的にはお客さんの背中を推すことだと思います。

 

いい商品を扱っていて、それを使うと相手にとってはプラスになるんですよ。

それは分かっているけど、相手は悩んでいる。どうしようかなと。

 

 

そこで背中を少し推してあげるんです。

決して押し売りではないです。あなたにとって必要だから、私はこれを勧めているんですよと。

 

 

ナンパでも押し売りはしません。相手がこちらのことをいいかもと思っている状態で、最後にクロージングで背中を推すんです。

相手も1時間弱ぐらい一緒に話している状態で、この人だったら抱かれてもいいかもと思っている状態です。

 

そこで決めかねてるんです。何か決定的な理由が欲しいんです。抱かれるための。

それが理由づけだったり、ユーモアだったりします。

 

 

クロージングでちょっと相手の背中を押してあげることを意識してみてください。

 

間違っても絶対買わせてやるとか思わないことです。

それだと、マジで逃げられますので。

 

 

ナンパでいうと絶対セックスしてやる!!とギラギラしている奴です。

 

 

全てはコミュニケーションが制する

ここまでナンパと仕事のことを話してきましたが、ナンパも営業も共通するのは人と会って話すという点です。

つまり必要なのものがコミュニケーション能力ですね。

人と話してコミュニケーションを取り、仲良くなる。

 

 

どんな場面でも出てきますし、逆に言えば日常生活や仕事など人間と接する機会がある限りコミュニケーションは無くなりません。

 

 

だったらコミュニケーションが不得意な状態が続くよりも、コミュニケーションが得意になった方が得ではないですか。

どちらにせよ、人と話すことになるんだったら楽しい時間を過ごしたいわけですよ。

 

コミュ力のない状態で、沈黙で過ごすよりもお互いに話していて楽しいね。って思える状況だったら素晴らしいと思うんです。

 

 

だから僕はナンパというコミュ力を鍛えるには最高のツールを勧めています。

参考:自分の目的や目標を再確認。100記事目に当たって考えたこと。

 

 

ぜひ、営業や販売の仕事などにもナンパでの能力を活用してもらえればと思います。

 

参考:ナンパに勇気は要らない【持つべきものはあなたの圧倒的自信】