夏のナンパは一年で一番女性が薄着になる季節です。

さらに夏祭りともなれば浴衣の美女や、薄着の女性が多く出歩いているのでナンパのモチベーションも爆上がりです。

 

でも、そんな夏祭りでどうやって美女をナンパしたらいいのか。

花火大会、夏祭りはせっかく美女が大勢集まるので、できればナンパを成功させてお持ち帰りがしたいところです。

ということで、今回は夏祭りで浴衣美人をお持ち帰りするナンパ手法について話します。

 

まあ実際に夏祭りと花火大会のナンパは似ていますが、花火というイベントがない分動きやすくなります。

夏祭りは成功率が高いのか

夏祭りは基本的にどんな場所でも開催されますよね、東京であれば隅田川花火大会もありますし、七夕祭りなど夏はイベントが盛りだくさんです。

そんな各地の祭りは、異様にナンパが盛んです。

どんな若者でも1度や2度ならお酒のノリでやってみたことはあるんじゃないでしょうか?

 

でもそんな若者たちも、普段はやらないのに祭りになると異様にナンパをするのか。

様々な理由もありますが、やはりお祭りのナンパは成功率が高いからです。

 

男性ももちろん、女性も祭りは普段とはテンションが違います。ハロウィンも然り、イベントごとは人の感情を引き上げさせてくれます。

『フェスでナンパがしたい【ぴちぴちギャルをゲットするコツを暴露します】』でも話していますが、人はその場の空間によっても感情が変わるので、普段はシカトするような女性もナンパに反応しやすくなるんです。

 

だから、通常よりも成功確率が高まります。

また、祭りは男女の性欲を上げる効果もあるようです。

昔の祭りは命がけ

現在では祭りで死者が出ることはほぼないですが、過去の祭りでは御輿のぶつかり合いなどで死者が出ることもあったようです。

その為参加者はみんな命がけです。

命がけで祭りを本気でやっているので、当然その後性欲が高まります。

 

死ぬ前に本能が遺伝子を残そうと必死になるからですね。

ここら辺の詳しい話は相沢さんの性欲トラップに詳しく書かれています。

 

人間の遺伝子にも祭りでは性欲が高まることが刻まれているようです。

現代でも祭りに参加するとなぜかムラムラしてしまうのは、人間の過去何百年の歴史からきているってことですね。

浴衣美女の行動スケジュール

では、実際に夏祭りでナンパをするときに必要になってくるのが、浴衣美女たちの行動スケジュールです。

美女たちのスケジュールが分からないといつまで経ってもナンパが成功しません。

彼女たちがどうやって、どこに行って、何をするのか。

 

基本的に、夏祭りにおいて美女の行動は夜です。

昼間から祭りに出ているのは学生さんですね。

 

仕事終わりや、ま昼間の暑さで汗が出て化粧崩れなどもあるので、女性は基本夜です。

それであれば、こちらもわざわざ夕方から出て熱心にナンパをやる必要はないです。

 

体力を温存させておいて、夜の雰囲気が良くなったタイミングを見て、ナンパに出撃しましょう。

最低限のノリが必要

祭りでナンパをするときには最低限のノリが必要です。

海ナンパも然りですが、基本的に夏のナンパであればノリだけで上手くいきやすいです。

ノリと聞くと、ものすごく抽象的な言葉になってしまいますが、以下の記事で詳しく書いているので、参考にしてください。

参考:ナンパテクニックとノリの組み合わせ【どんな女でもイチコロに】

 

浴衣美女をナンパするタイミング

いざ夏祭りでナンパをしようする時に、どのタイミングでナンパをしたらいいのか。

 

基本的に夏祭りは、ストリートのナンパが基本になるので歩きながら話しかける状態になります。

 

ですが、夏祭りでは一番お勧めできるナンパスポットが存在します。

さらにその場面であれば、自然さも装うこともでき、さらにかなり話しかけやすいんです。

質問

「もしかして喫煙所とか?」

おお、いい感覚ですね。喫煙所も確かにナンパができます。

ただ僕自身タバコを吸っていないので、人の寄りますよね。

 

僕が夏祭りでナンパをする時は、屋台に並んでいるときです。

 

屋台に並んでいる間であれば、話しかけた瞬間女性にも無視がされにくいです。

お互い並んでいる状態なので、シカトがほぼなく話しかける内容も考えることで、並びながら盛り上がることも可能です。

『ナンパの声かけフレーズ集』準備中でも話していますが、基本的にこの中で書いた共有ナンパを使うと話が続きやすくなります。

 

もしあなたが屋台の近くを歩いていて美女が並んでいたならば、すぐに後ろに並んで声をかけましょう。

 

躊躇したら終わる

ただし、ここで声をかけるときに一瞬でも躊躇したら終わります。

 

ここでの声かけのベースは、あたかも自然に言葉が出てしまった感じです。

それにも関わらず列に並んで、チラチラと美女の方を見ながら時間が経ってから話しかけたら、一瞬でナンパが丸見えです。

 

ではなく並んだ瞬間に、たまたま出てしまった言葉として話しかけないといけません。

 

事前に話しかける言葉を決めておき、列に並んだら、”咄嗟に”という感覚を持ってください。

 

特に初心者の方は、話しかける前に過度に緊張して、ナンパするぞ、ナンパするぞと勇気を出して話しかけます。

並んでから、深呼吸していざ声かけではなく、並んだ瞬間に声をかけるように腹をくくっておきましょう。

 

またナンパで緊張を超える方法や美女を落とすコツについては、無料のメルマガで配信しているので参考にしてください。

参考:赤面症の平凡リーマンが7ヶ月で51人の美女を抱いた驚愕ナンパの世界

あなたも浴衣を着るべきか

浴衣美女をナンパするときに浴衣を着るべきか、否かですが、これはメリットとデメリットもあるので一概には言えません。

 

浴衣を着るときのメリットは、同じ浴衣を着ているという共通点が存在することです。

夏祭りといっても浴衣を着ている男性は私服の男性に比べて少ないため、女性にも同じ服装という共通認識が生まれます。

 

そのため同じ浴衣美女でも、私服の男性、浴衣の男性ではナンパの反応率が多少変わってきます。

 

逆にデメリットとしては歩きにくさと着慣れていない為、不便の点です。

浴衣を着るとどうしても下駄になるので、ナンパをするときに歩きにくくなってしまいます。

 

ストリートナンパ師としては、歩きにくさは致命的な欠点となります。

街中で女性を声をかける際って結構歩くので靴擦れを起こさないかは重要視しています。

 

僕もハロウィンのナンパの時は5万歩ほど歩いていましたし。

浴衣を着ているとどうしても歩きにくさや靴擦れなどがデメリットとなります。

まとめ

ここまで夏祭りのナンパに関することに話してきましたが、基本を抑えることができれば非常に簡単に進みます。

今まで話したことを念頭に是非夏のナンパを楽しんでください。

 

ちなみに夏のナンパは冬よりもさらに清潔感が重要な要素になります。

汗の臭いや、汗染みなど普段よりも気になる部分が露呈しやすいので、清潔感だけは必ず気をつけるようにしてください。

 

特に汗の匂いは自分では気づきにくく、知らず識らずのうちに臭くなっていることもあるので気をつけてください。

 

では、ここで学んだことを遺憾無く夏祭りのナンパでも活かしてください。

今すぐ祭りに参戦です。

 

また会いましょう。

 

ちなみに夏は花火大会でもナンパできるのでオススメです。

参考:花火大会でナンパしたい!浴衣美女をゲットするテクニックを完全紹介!