サマーランドナンパ場所マップ

どうも、松永です。

 

皆さんも夏を満喫できていますでしょうか?

夏のイベントは数が多く、何に行こうか悩みますよね。

 

 

祭り、花火大会、納涼船、海、そして今回紹介するが、サマーランドです。

実際にサマーランドにナンパしてきましたので、サマランでナンパをするときの参考にしてもらえればと思います。

ちなみに結構都内からは遠いので、行く方は早めに行きましょう。

 

サマーランドの場所

サマーランドはあきる野市というほぼ八王子の方にあります。

都心からは約45kmとかなり遠いところですね。

 

それにサマランは最寄駅からもバスで移動していかなければならないほどの利便性の悪さ。

もし車がある方は確実に車で行った方が良さそうです。

新宿駅から約1時間ちょいはかかりそうですね。

 

 

 

入園券は3,500円。

チケットもフリーパスと入園券がありますが、基本的に入園券で大丈夫です。

女子をナンパするのであれば、乗り物に乗っている時間が正直勿体無いです。

 

もしナンパした女性と遊園地に行くならば都度、乗り物券を購入で大丈夫です。

 

 

そして入り口では入場するにあたってものすごく混みます。

バスに乗るのも混みますし。入園するだけでも混みます。

 

 

昨今の事件からサマランでは警戒を強めており、入り口に入る前に刺青、タトゥー等をしていないかのチェックがあります。

基本的に男性がチェックされるのですが、僕は長袖を着ていたからか、肩まで脱げと言われました。

 

友人は特に何も言われてなかったので、係員の主観によるものが大きいのかと思います。

サマーランドに来る女性の層

では、サマーランドにおいてどんな女性が多く来るのか。

 

僕が実際に見て多かったお客さんで、話していきます。

 

1位 家族連れ

この層が一番多かったです。夏休みシーズンも関係してそうですが、とにかく家族連れが多いですね。

ちなみにテントを置いた隣に家族連れがテントを0距離で設置してきました。さすがに0距離は色々と不都合なので逃げましたが。

場所的にも車で来る家族連れが多いのかなという感じです。

 

第2位 男と女のグループ

男3人、女3人とかで来ているグループが結構目立ちましたね。

何かのサークルか、同級生とかでしょうか。

 

第3位カップル

カップルも意外に多かったです。彼女とプールは個人的にはナンパがしたくなるので止めておきたいですが、世間的にはカップルでくるもんなのですかね。

 

まあ、ここまで第3位まで紹介してきましたが、女性の2人組が意外に少なかったんですよね。

 

 

この時で時刻が10時ごろだったので、早すぎたという事です。

実際にこの後女性たちが現れ始めるのは、12時を過ぎたごろです。12時を過ぎたあたりから女性がどんどん増えてきましたね。

そのため、サマランでナンパを始めるならば12時ごろからがおススメです。

 

ただし、サマーランドに行くのは12時より前に行っておいてください。

人が多いため早めに行きテントを張っておかないと、12時では場所がほぼ無くなります。

 

 

13時頃に入園した女子と話しましたが、もうその時点では場所がほぼなく、ゴミ箱の前にレジャーシートを敷いたとのことです。

さすがにゴミ箱の前はキツイですよね。

 

プールには早めに行ってテントを張り、ピークタイムが来るまで仮眠をとる。

これが完璧です。

ちなみにサマーランドでナンパした記事はこちらに書いてあります。

プール記事:プールでナンパをしたらビキニの保育士さんにエロいことされた話

 

サマラン各スポット紹介

サマーランドには大きく分けて屋内のプールと屋外のプールがあります。

それとは別に細かい場所等も解説します。

 

コバルトビーチ

サマーランドの入り口に入ったところにある波のプールです。

館内なので比較的暖かい水温です。

外が寒い時などはこの屋内のプールに逃げ込みましょう。

 

ちなみに屋内のプールはこの波のプールぐらいしかありません。

あとはアトラクションが少しと子供用プールになります。

 

一応注意点ですが、屋内ではテントは張れないので気をつけてください。

テントは基本的に日差しを避けるためのものなので屋内に置く意味はないですもんね。

 

そのため僕らはほぼ、外で活動していました。屋外の方がナンパもしやすいです。

 

 

 

 

流れるプール

屋外で一番でかいプールです。

この流れるプールはめっちゃ長いです。

ゆっくり一周すると確実に10分以上かかります。

 

そのため、僕も基本的にこの流れるプールでナンパしてました。

 

 

 

流れるプールも小さいと女子をナンパしていると、他の女子に結構見られます。

どうでもいい女子ならいいのですが、LINEを聞いていた女子。

これから声をかけようと思った女子など知らぬうちに他の女子の評価を落とす可能性があります。

 

その点、サマーランドのプールはかなり大きいのでそういったリスクを減らすことができます。

 

 

 

アトラクション

僕らはアトラクションには何も乗ってないです。

サマーランドにはデカスラだったりロックスプラッシュといったアトラクションがあるのですが、基本的にナンパ目的なら乗る必要がないです。

仲良くなって乗りに行くのもいいのですが、何しろ待ち時間が長いです。

 

デカスラは待ち時間が表示されているのですが、基本的に180分待ちでした。

 

3時間も待つのでしたら、その時間でナンパをしていた方が女子と触れ合えます。

 

ただ『プールナンパ【完全版】巨乳の水着美女をゲットする独自の戦略』で書いてありますが、適度な待ち時間は逆にナンパに向いています。

 

スプリングハウス

ここはサマランの外にある温水プールです。

日中は比較的人が少なかったのですが、夕方になるにつれて人で溢れだします。

 

気温が落ちて寒くなって来たので、みんな暖をとろうとしているのですね。

夕方になれば女子の二人組も結構ここで温まっていたので、ナンパができます。

 

 

まとめ

サマーランドは東京最大級のプールとは言われていますが、何しろ都心からの距離が遠いです。

電車だと乗り換えも多いので、正直行くのがめんどくさいです。

 

ですが、そのぶんここにはチャラい人や危ない系の人はほぼおらず、僕ら以外にナンパをしているメンズもいなかったです。

逆にとしまえんなど都心に近いプールではナンパが盛んに行われていますし、女子の反応も若干冷たいです。

 

普段、あまりナンパをやらない方もサマーランドに行った際はナンパしてみてください。

 

プールナンパを完全攻略したい方は、『プールナンパ【完全版】巨乳の水着美女をゲットする独自の戦略』を参考にしてください。

僕のプール経験を全て書き出した記事になります。

 

 

一般公開できない。僕がモテた唯一の法則があります。

僕はナンパを開始して、たった7ヶ月で51人の女性を抱きました。

経験人数は100人を超えてからは、数えられていません。

 

ただ、元々僕は周りから「ブサイク!」と呼ばれるぐらい顔面に自信もなく、女性経験も乏しい状態でした。

極め付けは、非モテを悪化させて、会社にいた20歳の女の子に、以下のアピールをしまくりました。

・目がキョロキョロ泳ぎながら、ニヤニヤ話す
・話し出した瞬間に顔面が真っ赤になりオドオドし出す
・1時間の間に10回以上、何も用がないのに広末さんに話しかける異常行動
・帰る時は同じ時間を装って話しかけるでもなく、遠目で見つつ帰る
・他の女性には全く話しかけないし無口になる

完全に異常者でした。

結果的にその子は退職しました。僕が99.9%の原因です。

 

そんな女性との距離感が分からず、犯罪的な猛烈アタックをしていた僕が、モテるためにナンパを開始しました。

 

そして、僕はナンパを通して以下のような女性と出会ってきました。

・新宿某店でNo2のキャバ嬢
・佐々○希さん似の大学1モテる女子大生
・お嬢様学園の将来アナウンサー志望の清楚系Dカップ女子
・祖母が資産家の、金持ち152cmのロリ系20歳
・インリンオ○ジョイトイの娘?と思うほどの美女台湾人
・ほぼ有村○純の可愛すぎる保育士(園児の親から口説かれるらしい)

過去の自分が見たら、どれも腰を抜かして、「嘘でしょ・・・」と言ってしまうぐらいの綺麗な女性たちです。

そして彼女たちとはお金ではなくて、自分自身の魅力だけで、口説き付き合ってきました。

他にも、同時に女性3人と付き合ったこともあります。(疲れるのでやめましたが)

 

そして今回僕が、そんな過去の経験からモテる男になるための法則を電子書籍にまとめました。

 

お金もない、人脈もない、顔面も冴えない、足も短い、社会的地位もない、学歴もない(高卒)

何も持たない僕が、なぜ周りのお金を持ってる人やイケメンでも口説けない女性と付き合えたのか。

 

そのブログでは話せないモテるための法則を、全て電子書籍に載せたので、興味があればぜひ読んでみてください。

ストーリー形式なので、サクッと20〜30分で読めると思います。

→無料電子書籍「モテる男のつくりかた」を読んでみる