どうも、ポルノです。

 

最近かなり暑い日が続いてますね。しんどい暑さです。

 

話は変わって、今回はwithを実際にやってみて1ヶ月経ちましたので、そのレビューも兼ねてここで紹介したいと思います。

意外にwithの前評判は良かっただけに、実際始めてみた結果も割と上々でした。

 

ぜひ、これからwithをやろうと思っている方は参考にしてください。

 

 

with内で会えるために

withではあまり目立たないようになっていますが、いいね数が表示されるようになっております。

この青い矢印の先です。

今回は、足跡ツールを使ってない状態でしたので、こんな結果になりました。

後々ネットナンパに詳しい友人に聞くと、やはり足跡ツールを使わないことにはwithでも結果を出すことは難しいと言われましたね。

 

ただ自分でここまでやった感想としては、プロフィールをしっかり作り込めばwithの場合は結構会えるなという印象です。実際にいいね数こそ少ないですが、LINE交換した女性は10人ほどです。

現在のところ、withではいいね数の順位表示もないので、自分の貰ういいね数よりもどんな女性とマッチングするかを意識しましょう。

 

 

withで実際に会った女性

withを始めて出会った女性は4人ぐらいです。

LINE交換の割には少ないですが、毎日ネットナンパのアポは疲れますw

 

 

1人目にあった子は茨城に住んでいる子でわざわざ東京まで会いに来てくれましたね。

当然、遠くから来てもらったのでもてなしました。

(イメージ)

 

2人目は、普通に大学生って感じの見た目なんですが、声と甘え方がめっちゃ可愛かったです。特筆すべきは、デレ方が可愛い感じの女性でしたね。

こんな感じの上目遣いが可愛かったです。

ただの感想みたいになってしまいました笑。他に会った女性は割愛します。特筆すべきこともないので。

ですが、結果的に1ヶ月、withをやって4人と会えたのでアプリとしては全然ありですね。

 

また、アプリの有効期間は終わってしまいましたが、LINEを交換した女性の中でアポれそうな方が何人かいるので、今後会っていきたいと思います。

 

マッチングアプリで盛りすぎる男性

1人目の子は僕以外にもwithで数人の方と会ったらしいのですが、相手の男性とは何も発展しなかったそうです。

理由を聞くと、写真を見ていいなと思ったのに会ったら、写真と男性が全然違ったとのことでした。

 

男性の写真が盛り過ぎてしまったということですね。

 

自分の写真を盛るのも大事ですが、あまり加工アプリなどで盛りすぎないようにしましょう。

やりすぎると、会った時に「残念」判定されます。

 

逆に容姿に自信がない人は遠目で写真を撮り、プロフィールで好感度をあげる方がよっぽどいいです。プロフィールで面白そうと思ってもらえれば、写真の雰囲気だけで判断されないので。

 

ちなみに個人的なTOP画のオススメは、

綺麗な場所で、一眼を使って撮ると自然に盛れてカッコ良くなります。

 

一眼レフを使えばどんな場所でも良いと言うわけでなはなく、背景が綺麗な海などで使うとより一層かっこよく見えます。

そして、大事なのは雰囲気でかっこいいと思わせることです。実際に顔で勝負するよりも勝率は高まります。

 

 

with内でLINE交換をした人数

with内でLINEを交換できた女性は全員で10人です。

もう少し積極的にLINEを交換すれば、まだまだ行けそうな感じもしますが。

一旦LINEを交換しておき、後日その子と自分が主催で合コンなどを開くこともできるので、多く交換する分には何も悪いことはないですね。

 

ちなみに、withでLINEを交換するときの手として、「声を聞いてみたい」等のニュアンスでLINE交換を提案すると、単に交換するより好感度が上がります。そのあとに実際に電話をすることでメッセージよりも数倍早く仲良くなれます。

 

僕は、マイク付きのイヤホンなどで家の掃除などをしながら話していました。

家事の時間はどうしても片手がふさがってしまうので、マイク付きのイヤホンがオススメです。

 

さらに言えば、座って話に集中してもいいですが、ここでは単純に仲良くなっておくことなので片手間で十分です。

 

僕はこちらのイヤホンを使ってます。通常の音楽を聴くときも聴きやすいです。

 

 

 

 

withにいるユーザー層

今回1ヶ月という期間withをやってきて、気づいたことがありますが、mimiやタップルなどのアプリと比べてwithはペアーズ寄りのアプリでした。

 

ペアーズ寄りとはアプリ内で真剣に出会いを求めている女性が多いということです。

彼氏や結婚相手が欲しい子が多いです。

 

 

実際プロフィール欄も、

「そろそろ真剣な出会いが・・・」

「いい人と出会えるかな?」

「真剣恋活中!」

 

みたいな感じの子が、多くいます。

 

年齢に関しては、僕の年齢も関係がありそうですが、基本20代前半から中盤の女性とマッチすることが多かったです。

 

僕は東京住みの設定ですが、神奈川や茨城の子も結構マッチングしました。

ただ、本当に遠い場所だとアポまでが決まりにくくなるので、最初にどこに住んでいるのか、自分の近くの県に来れるのかなどを聞いておいた方がいいですね。

会えなければアプリをやる意味がないので。

 

 

 

withのコストパフォーマンス

実際、withに関してのコスパはどうでしょうか?

やはり出会う女性の質を求めると、実際会うのは1ヶ月の課金で1〜2人ぐらいだと思います。

 

そこに約3,600です。

 

この値段をどう思うかは、あなた次第ですが僕的には妥当かなって感じです。

 

何より、相席屋や街コンと違ってマッチングアプリはどこでもできるのが利点です。

 

直接会うまでにやりとりが多く必要ですが、その分家にいようが移動中だろうが、どんな場所でもできるのが強みです。

 

そこに3,600円ですから、街コンなどに比べると断然コスパはいいでしょう。

 

直接会う前に相手の女性と電話やら、LINEなどでコミュニケーションが取れるのもいいですね。

相席屋だと座った瞬間、勝負開始になってしまいます。

 

参考:withの特徴を徹底調査【facebook認証で友達にバレる可能性は!?】

 

 

 

 

VIP専用プラン”with”

withにはVIP専用プランといって通常よりも、出会いやすくするための有料課金もあります。

 

 

そこまで魅力的なものは感じませんでしたが、唯一いいなと思ったのは検索項目数が増えることです。

この登録日新しい順表示はいいですね。最初に登録した女性に積極的にアプローチできることは大きな利点です。

with内で人気になる前に仲良くなることができます。

 

 

あとは、上位表示ですね。写真とプロフィールをしっかり作り込めば、上位表示されることで威力は倍増します。

アプリをやって時間が経ってくると、どうしても後ろの方に流されてしまうので上位表示は嬉しいです。

 

 

利点としては正直この2つぐらいでしょうか。

 

僕もVIPプランは使わず、会うことはできたのでお金に余裕のある方はやってみてもいいかもしれません。

ただ有料会員料金+月額3,400円と結構高くなるので、僕だったら違うマッチングアプリをもう一つ始めますね。

 

 

 

withを1ヶ月やってみた感想まとめ

1ヶ月間に渡り、僕がwithを使ってきた感想です。マッチングアプリの中には、全く女性と会えないようなアプリもありますが、withは比較的会いやすいアプリでした。

 

やはり同じお金をかけて有料でやるのでしたら、実際にいい人と会えるようなアプリを選んだ方がいいです。

 

ちなみにwithの場合は、監視がしっかりしているため業者のような人は1人もいませんでした。若干数名マルチビジネスっぽい方もいましたが、基本的には怪しい人はいなかったのでその点は安心して使えます。

 

また機会があれば、withも含め他のネットナンパも試して見たいと思います。

 

ぜひ皆さんもwithでいい人と出会ってみてください。

 

withの登録はこちら↓↓