韓国ナンパ旅!巨乳美女とのアポが決定!【韓国ナンパ2日目】

どうも、松永です。

 

韓国の1日目は順調に美女の番号を手に入れることができましたが、本番は2日目からです。

 

ここからが勝負になります。

1日目でアポが決まり安心していましたが、何か起こるかわからないのがナンパ。

 

いくつもの困難を乗り越え、美女とホテルでHなことができるだろうか。

 

 

では、どうぞ

 

これまでのあらすじ

 

 

10時 シェアルームから起床

シェアルームを11時に出なくてはならないため、眠たい目を擦りながら起床。

起きてすぐに狭さを感じるぐらいに、窮屈な部屋だ。

 

とりあえず、シェアルームのロビーへ向かい、朝ごはんを食べることに。

 

先客がいたのでしっかりと挨拶。

ただ何言っているのかわからなかった。英語でも無いし韓国語でもない言葉を話していたので会話ができない笑

左端に写っている人ですね。

 

とりあえず、ここで用意されている朝ごはんを食べようとしたが、食いかけみたいなパンしかなかったため断念。

 

荷造りをして今日泊まるホテルへ向かうことにした。

 

 

 

11時半 ホテル到着

さすがに到着が早過ぎた。

ホテルのチェックインは早くても昼頃らしい。仕方なく近くで時間を潰す。

 

 

ちなみに、今日泊まるホテルはこちらだ。

意外と駅からも近く江南(カンナム)駅から徒歩で来れる場所にある。

 

近くには飲食店も多いため、今日のアポは自分のホテルの近くで行う予定。

理想で言えばホテルから徒歩3分以内の場所でアポりたい。実際徒歩3分圏内にはバーやレストランもあるので下見をして決定する予定。

 

 

12時 お昼ご飯は、初の韓国飯

やっと韓国にきて韓国料理を食べた笑

 

ケンタッキーと、焼肉しか食べてなかったので初の本場の飯。

 

 

寝起きのYASUさんと合流して韓国のビビンバを頬張る。

結構辛いけど普通にうまい。

 

 

ちょうどご飯を食べている時に昨日アポが決まった子に連絡してみた。

・・・お分りいただけるだろうか?

 

まさかの昨日の夜で風邪を引いたらしい。

分かりやすく日本語で「約束を守ることはできないようです。」とも送ってくれている。

 

風邪ぐらいだったら来れるだろって言いたい気持ちをぐっとこらえて

 

「ゆっくり寝て治しな」

と送る。

 

感謝のメッセージがくるが、非常にまずい。

今日のアポは一件だけだった。

 

これが流れてしまうと、もうストしかない・・・。

しかもせっかく立地のいい場所にホテルをとったのに、無駄になってしまう。

 

 

急いで、昨日番号を交換した子達にアポ打診をしまくった。

いなければ、新しい女を見つければいいのだ。

 

そのために昨日カカオトークを交換しまくったのだから。

 

 

ローラー作戦で全員に送った中で、1人の子が良い感じの返事をくれた。

昨日の夜3人でナンパした女性だ。

恐ろしいほど、速攻でアポが決まった。

 

「昨日ありがとう。今日夜ご飯行かない?」

「いいよ、どこにいるの?」

 

こんな感じでアポが急遽夜に決まった笑

 

以下この子の名を「ユナ」と呼ぶ。

 

ユナがどんな女性か探るため、ユナのカカオトーク内の写真を見る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

巨乳だ。

いや、これは来た。

どこかのプールのようだが、他の写真もスタイルはいい。

実際昨日は酔っ払っていたため、あんまり覚えてなかったが、写真を見てアポへのテンションが上がった。

 

顔写真もさっきアポが流れた女性よりも可愛い。

 

そんなこんなで今日の19時にアポが決まった。

場所はもちろん、ホテルの最寄駅を指定。19時から勝負が始まる。

 

 

12時半 ホテルへチェックイン

時刻も昼頃になったので、ホテルへチェックイン。

意外にいいホテル。これで7,000円はお得だろう。

さらにバスルームも広く、このベッドの手前にはソファもある。しかも、階数が12階なので眺めもいい。

本当にお得だ。

 

 

13時 書店ナンパ開始

遅れてやってきたJさんと合流して、近くの書店内でナンパをしてから再びカロスキルに向かうことに。

 

 

近くの書店に入る。

可愛い子は少ないが、書店なので話しかけやすい。

書店でナンパをする我々。

 

 

ここでアメリカに留学していたという美脚の女の子をナンパ。

この写真はアメリカで撮ったものらしい。

美脚ですよね?

本場の英語力に圧倒されながらも何とか番号GET。

サングラスをしていたが、顔がちっちゃかったw

 

その後も書店をぶらつくがいい感じの女の子がいないため書店を後にする。

 

 

 

13時半 カロスキルに移動してナンパ

昨日と同じくカロスキルに移動し、昨日ナンパでお世話になったカフェに再び入る。

 

3人とも椅子に座ったがぐったりしている。

昨日のナンパの疲れが、グッと体にくる。

 

意外にアウェイな場所でナンパをすると疲れがたまる。

しかも韓国へ来て初日から明け方までずっとナンパはやはり体力的にしんどい。

 

 

14時 未だカフェでナンパ開始できず

1時間が経ったが、3人でダベりながら、まだカフェでぼーっとしている。

昨日の酒と疲れが全く抜けていない。

 

ぼーっと外を眺めていると綺麗めな女性が目の前を通った。

 

行くかどうしようか3秒ほど悩んで結局追いかけた。

 

「Hello」

 

「Hello?」

 

「僕は日本から旅行で来てるんだけど、君はここらへんの店を知っている?」

 

「日本!?」

「私日本語少し喋れるよw」

 

「ホントだ」

「え、日本人?笑」

 

「違うよ。日本が好きで勉強した」

「私オタクだからw」

 

 

まさかの日本オタク。

韓国人の口からオタクという言葉が出るとは笑

 

 

これから彼女はZARAに行って買い物をするところらしい。

僕もZARAに買い物に行く用事があると言って一緒にZARAまで歩く。

 

ちなみにZARAまでは徒歩8分ぐらい。

その間、日本のことやこの子について話したりした。

 

話してみると日本のことが好きで、何回も遊びに行ってるらしい。

 

 

 

 

ZARA到着

「ありがとう、ちょっと欲しいもの探すね」

 

「こちらこそ」

 

「話してて楽しかったから今日の夜、ご飯に行かない?」

 

「ご飯?」

 

「うん、夜ご飯軽く食べようよ」

 

「・・・OK」

「ホテルはどこらへんなの?」

 

「カンナムらへん」

 

「私そこ近いよ」

 

「じゃあ、夜カンナム駅で集合ね」

 

「OK」

 

「バーイ」

 

 

 

カカオトークを交換して、別れる。

最後に記念に写真を撮った。

この子はキムと呼ぼう。

 

思わぬところでアポが決まった。

ということで、今日のアポは2つだ。

 

これは、なんとしてでもGETしなくてはならない。

 

19時に巨乳のユナとアポ。

21時から日本大好きオタクのキムとのアポ。

 

 

2連戦だ。

絶対に負けるわけにはいかない。ここで負ければもう帰国である。

頑張ろう。

 

16時 カロスキルでナンパを繰り返す

再び、カフェに戻りやる気が出て来たので、カロスキルでナンパを繰り返す。

 

ナンパを繰り返していると、昨日見た巨乳の子レベルの可愛い子がいたので、ナンパしてカカオトークゲット。

写真よりも数倍可愛かったw

 

 

 

18時 アポに行くためホテルへ戻る

ナンパをし続けていると、気づけばアポの時間。カロスキルでYASUさん達と別れて、一旦ホテルへ戻り準備をする。

 

コンドームを枕元にセットし、シャワーを浴びて準備を整える。

 

シャワーを浴びながら、色々考える。

この後のアポでの会話内容。時間の組み立て方。店を出てからの導線。英語が喋れない分、考えて考えなければ勝利はない。

 

 

19時 ユナとのアポ

19時になり、最寄りの駅で待ち合わせのため駅へ向かう。

服装も完璧、髪型も完璧、香水も完璧。十分だ。勝てる!

 

駅に着きユナの到着を待っていると、5分ほど遅れてやってきた。

 

松永
Hi

 

Hi、Sorry

 

ちなみにユナの服装は、上は大きめのシャツを着ているため巨乳がわかりずらい。

 

だが、足はめちゃくちゃ短いスカート。

タイトな黒スカートを履いている。

しかもすらっと伸びた足が綺麗。さすが韓国人。

肌が綺麗なのは国民性なのだろうか。どちらにせよアポに対するモチベが上がる。

 

 

 

2人で話しながら近くの店へ向かう。

 

ちなみに今日のアポはここだ。ホテルから徒歩3分と好立地の場所。

居酒屋っぽいバーのような感じ。

店内に入ると、雰囲気のいい窓際の席があったので案内してもらう。

 

3階の横並びの席に並んで座る。

 

松永
いい眺めだね

 

うん、いいところだね

 

お酒がお互いに届けられてから、乾杯をしてアポ開始だ。

 

 

たわいもない話で場を温める。

松永
韓国で美味しいレストランとかないの?

たくさんあるよ〜

例えばどんな食べ物が好き?

 

松永
ケンタッキー

wwじゃあケンタッキーでいいじゃんw

 

 

まあ、だいたい会話の内容は日本の女子と話す感じで変わらない。

 

彼女は現在、26歳のデザイナーで会社に勤めているが仕事が忙しすぎて大変らしい。

そのため今日も空いていたのが奇跡だと言っていた。

 

ちなみに、見た目的には22歳ぐらいに見える。社会人というよりも大学生みたいだ。

 

そんなくだらない話から段々と恋愛方面の話になる。

 

 

松永
ユナは今彼氏とかはいるの?

いないよ〜、いるの?

松永
10人ぐらいかな

本当????

松永
冗談だよw

今はいないかな

 

 

ユナは半年前に彼氏と別れて、今は新しい彼を探しているらしい。

 

 

松永
外国の人とかはどう?

 

いいね、日本人だと松本潤?が好き

 

 

僕の顔面と180度違うw

 

 

外国人と付き合ったことある?

松永
まだ無いな〜、付き合ってみたいけどね

松永
逆にあるの?

 

私もまだない

 

 

この後もお互いの恋愛トーク、日本や韓国の話をした。

横並びの席なので、膝と膝がくっ付くぐらいの位置まで近づいて話しをする。

 

軽く向こうから、小突いたりとボディタッチもくるので上手くステータスを落とさないように気をつけながら、会話を楽しむ。

 

 

 

20時10分 お互いの雰囲気もいい感じに

時刻もいい感じになってきた。

この後のアポも控えているので、そろそろホテルオファーをしなくてはならない。

 

松永
よし、そろそろ出ようか

OK

松永
近くでゆっくり話そう

 

 

このままホテルへ行く予定だ。

 

 

 

ちなみに、話している時に俺はどう?と聞いたらハンサムと言ってくれた。

社交辞令がわかっている女は好きである笑

 

ちなみに2人で飲み食いして1,500円だった。かなり安い笑

 

 

 

店を出て自然にホテルの方へ歩く僕ら。

 

 

 

松永
まだ時間はある?

うん、大丈夫だよ

どこ行くの?

 

 

松永
2人でゆっくり話せるところへ行こう

 

 

うん

 

 

そしてそのままホテル前へ、

松永
ここが俺が泊まっているホテルだよ

ゆっくり一緒に話をしよう

 

お互いいい雰囲気なので、そのままホテルへと歩を進める。

 

 

 

 

 

 

 

 

NO

 

ホテルへは行けない

 

・・・まさかのグダ。

 

 

 

松永
2人でゆっくり話そうや

 

ごめん、ホテルへは行けないよ、今日は帰るね

 

かなり引き止めるも、崩せない。

 

ホテルのレストランで飲むだけだよと言うも、断られる。

 

 

良い流れだったのにめちゃくちゃ断られる。

 

くそっ

 

完敗だ。

 

次のアポの時間もあったので、ユナとはここでバイバイした。

 

 

松永
ありがとうな

気をつけてな

こちらこそ、ありがとうね

一応、記念撮影したやつ。巨乳がそこまでわかんない服装・・・。

 

悔しいが、色々と自分でも反省するべき点がある。だが、今考えても何も変わらない。負けは負けだ。

負けた気持ちを切り替えて次のアポへ挑む。

 

 

21時 本日2度目のアポ

ユナと別れて、本日2回目のアポへ向かう。

 

これから会うキムもホテルから近い場所で待ち合わせることに。

時間ちょうどにキムもきた。

 

キムの服装はシンプルだった。

というよりも、ラフ。

ビーサンでダボっとしたジーンズ。デートに行く格好という感じではない。

 

 

嫌な予感。

 

 

「Hi」

 

「Hi」

 

じゃあ、カフェでも行こうか。

ということでカフェに向かう。

 

「ここらへんは家が近いから詳しいよ」

「どこのカフェ行く?」

 

「さっきホテルの近くにいいカフェがあったからそこへ行こう」

 

「OK」

 

ホテルの近くのカフェへ移動。

 

ちなみにカフェ代は全部奢ってくれた。

日本から来たプレゼントだそうだ。優しいw

 

 

席へ座り、喋り始める。

 

 

そして、嫌な予感的中。

 

話している中で彼女は、僕に興味があってアポに来たというよりも日本のことが大好きで、そのことを僕と話したかった様子。

無論、彼女の話の中で日本人は良い人、日本の文化は素晴らしい、日本語の漢字も覚えなきゃと言っていた。

 

純粋に日本が好きなんだなと思って話を聞く。

 

 

 

 

うん。

 

 

 

 

 

 

これ

 

 

 

 

 

 

 

 

無理でしょw

 

 

 

終始話題は日本のこと。ホテルクロージングができる雰囲気も全くない。

 

それならきっぱり諦めて、良い日本人のイメージのまま終わらせることにし、普通に話を盛り上げて楽しんだ。

服装の時点でわかっていたが、予想は的中するもんだ。

 

 

 

22時半 アポのフィニッシュ

難しい日本語などを教えたりしながら、アポを楽しんで普通にバイバイした。

綺麗な子だったが、さすがに手を出す気にはなれずにさようなら。

 

 

アポ2連敗である。

 

韓国まで行って、何やってんねん。

っていうツッコミは置いておいて欲しい。

 

それは僕が一番思っていることだ。

 

 

アポが終わり、YASUさん、Jさんと合流。

 

可能性は薄いが、今日のクラブでのお持ち帰りを考えるしか無い。

 

僕らはホテル近くのクラブへ向かった。

 

 

 

24時 近くのクラブへIN

近くのしょぼいクラブに入ったが人がいなさすぎた。

真ん中にいるのは、ただの一般人らしいが情熱的なダンスを1人で踊ってらっしゃった。

 

近くにいる女子に話しかけるも英語が通じない。

すぐにこちらは出て、違うクラブへ向かう。

 

タクシーで行ける範囲にあったARENAというクラブへ向かう。

 

 

1時 美女軍団

ARENAに着いた。

着いた瞬間ビビった。

 

今回韓国に来た中で1番綺麗な美女がいた。

リアルでこんな感じだった。

だが僕らが着いた瞬間、ちょうどクラブへ入っていってしまった。

 

 

僕らも急いでクラブへ入ろうとする。

 

 

セキュリティ「NO」

 

松永「え?ダメなんですか?」

 

セキュリティ「今日は予約席のみで全て埋まっています」

 

松永「まじ?入れないんですか?」

 

セキュリティ「今日は入れないです」

 

セキュリティの兄ちゃんに拒否られる。

女性はどんどん入って行くが、男性は予約していないと入れないらしい。

美女がどんどんクラブへ入って行く。

 

 

仕方なく、この付近でナンパ。

 

 

ARENA付近でナンパをして気づいたが、このクラブの近くは本当に綺麗な子がめちゃくちゃ多い。

しかも、デフォルトで服装もエロいw

 

そして何より皆話しかけたときの反応が良い。

イテウォンでは、シカトされるような美女もこの場所では普通に話してくれる。

 

それだけにクラブへ入りたかった。

もし誰かこのクラブに行ったのなら情報をぜひ教えてほしい。

逆に次に韓国へ行った時はこのクラブは確実に行く!!

 

 

3時 ホテル近くのクラブに入る

歩いてホテル近くへ戻り、ホテル付近で一番盛り上がっているクラブへ行くことにした。

 

行列もできていたので、列に並び突入する。

正直、もう持ち帰りの展開は厳しいと思っていたので、思い出づくりとしてとりあえず美女をナンパしようと思った。

ここでナンパして繋がれば、また次に韓国へ行った際にアポることもできるだろうと。

 

とりあえずクラブに入ると、先ほど入ったクラブよりも数倍盛り上がっている。

昨日のmadeレベルに盛り上がっていた。

 

 

すぐにやる気を取り戻し、ナンパ開始。

 

時間もいい時間のため、ガンガン声をかけ続けるが、なかなかヒットしない。

 

冷たい対応の連続で段々とテンションが下がる。

テンションを再び上げるためにお酒を注入した。

 

 

再度箱内を回る。

 

 

すると、真ん中らへんに良い感じで踊っている子を発見。背が小さいがスタイルと顔は良い感じ。

女子2人組だったので、Jさんと近づいて手を握って一緒に踊る。

2人でノリノリで踊ることに成功。

 

近くで谷間が揺れて普通にエロいw

 

ゆっくりと腰に手を回すも拒否はない。

 

そのままいけるかと思ったが、5分ほど踊っていると、僕の手から逃げてどこかへ行ってしまった。

 

その女子を逃してからは何もできずにクラブを出る。

 

もう何も残さないぐらいにやりきった。

クラブを出てから近くのカフェで3人でティラミスを食べながら、韓国の旅を思い出して語った。

 

2日間、楽しかったが最後の最後ので負けてしまった。

 

韓国ナンパの振り返り

備忘録のようになるが、一度振り返っておきたい。

 

このユナに関しての負けは完全なる僕のミスだ。話していていい感じになっておりボディタッチもあったのに負けたのは、ハンドテストを忘れたからだ。

以前僕も記事で話しているが、ハンドテストを入れないでオファーをしてはいけない。ここでハンドテストをしてグリップまで返ってきたら初めてオファーをするべきだった。

参考:ハンドテストは確実にするべき【ナンパした女性の好意を確かめる】

 

そこを初韓国でウキウキしてた僕は完全に忘れてしまった。

もしハンドテストがダメだったら2軒目を挟んでもよかった。この部分は痛恨のミスだ。

 

 

さらに2回目のアポも、先にどういったアポをするのかを決めておいてもよかったかもしれない。こちらが好意をある程度伝えておけば、それなりに変わったのかも。

負けた原因を振り返るのは大事だが、今回は本当に悔しかった。

 

もし次に韓国へ行くことがあれば、確実に美女をクロージングする。自分もそれまでには、さらに今よりもいい男になるべく日々頑張ろうと思う。

また明日から日本でもナンパを頑張ります。

 

ちなみに韓国以外では台湾でもナンパしてきました。

リンク:台湾にナンパ遊びしてきた【クラブでまさかの濃厚ベロチューを食らう】

 

追記

この時行けなかったARENAというクラブは、美男美女しか入れないクラブだったようです。

それも含めて韓国のクラブを全て振り返った記事を書きました。

参考:韓国クラブナンパ情報まとめ【美女と出会えるクラブを一挙紹介】

 

 

 

 

 

一般公開できない。僕がモテた唯一の法則があります。

僕はナンパを開始して、たった7ヶ月で51人の女性を抱きました。

経験人数は100人を超えてからは、数えられていません。

 

ただ、元々僕は周りから「ブサイク!」と呼ばれるぐらい顔面に自信もなく、女性経験も乏しい状態でした。

極め付けは、非モテを悪化させて、会社にいた20歳の女の子に、以下のアピールをしまくりました。

・目がキョロキョロ泳ぎながら、ニヤニヤ話す
・話し出した瞬間に顔面が真っ赤になりオドオドし出す
・1時間の間に10回以上、何も用がないのに広末さんに話しかける異常行動
・帰る時は同じ時間を装って話しかけるでもなく、遠目で見つつ帰る
・他の女性には全く話しかけないし無口になる

完全に異常者でした。

結果的にその子は退職しました。僕が99.9%の原因です。

 

そんな女性との距離感が分からず、犯罪的な猛烈アタックをしていた僕が、モテるためにナンパを開始しました。

 

そして、僕はナンパを通して以下のような女性と出会ってきました。

・新宿某店でNo2のキャバ嬢
・佐々○希さん似の大学1モテる女子大生
・お嬢様学園の将来アナウンサー志望の清楚系Dカップ女子
・祖母が資産家の、金持ち152cmのロリ系20歳
・インリンオ○ジョイトイの娘?と思うほどの美女台湾人
・ほぼ有村○純の可愛すぎる保育士(園児の親から口説かれるらしい)

過去の自分が見たら、どれも腰を抜かして、「嘘でしょ・・・」と言ってしまうぐらいの綺麗な女性たちです。

そして彼女たちとはお金ではなくて、自分自身の魅力だけで、口説き付き合ってきました。

他にも、同時に女性3人と付き合ったこともあります。(疲れるのでやめましたが)

 

そして今回僕が、そんな過去の経験からモテる男になるための法則を電子書籍にまとめました。

 

お金もない、人脈もない、顔面も冴えない、足も短い、社会的地位もない、学歴もない(高卒)

何も持たない僕が、なぜ周りのお金を持ってる人やイケメンでも口説けない女性と付き合えたのか。

 

そのブログでは話せないモテるための法則を、全て電子書籍に載せたので、興味があればぜひ読んでみてください。

ストーリー形式なので、サクッと20〜30分で読めると思います。

→無料電子書籍「モテる男のつくりかた」を読んでみる