執着しない人がモテる!男の恋愛はドライなぐらいがちょうどいい

こんばんは、松永です。

 

女性への執着を無くすという漠然としたタイトルですが、そのまま誰でも理解しやすいように話します。

 

執着しないということは、女性に対して必要以上に自分のエネルギーを注がないということですね。

そうすることで自分がモテるようになる。

 

あるいは、女性との関係が上手くいくということです。

 

ここの本当の意味が理解できると女性に対して執着をすることが無くなります。

 

結果的にあなたが望む女性関係が手に入るということです。

では、話して行きましょう。

 

女性に執着をする男とは?

執着の話をする前に典型的な執着、女性に力やエネルギーを思いっきり注いでいる男性の話です。

 

簡単な例が、しつこい男ですね。

執着しない人がモテる!男の恋愛はドライなぐらいがちょうどいい

しつこい男とは、そのままです。

 

女性に対してしつこいLINEを送ったり、何度も会おうと迫るような男性ですね。

ちょっと狂気に近いですが。

 

そういった男性は、必ず女性に嫌われます。必ずです。

そして、このしつこさに自分で気づかない男性が多いのも事実です。

 

女性に執着した恋愛の末路はこうなります。

恋愛には2通りあると、よく言われます。

それが、追いかける恋愛と追われる恋愛です。

 

 

上記の2つの恋愛は、人によって考えが違いますよね。

 

私はこっちの恋愛が好き。
俺はこっちかなと違う考えになることもあります。

 

ですが、こちらの2つの選択肢は、最終的に必ず結果が決まっています。

 

 

結果的には、追われる恋愛をしている方が必ず別れたいと思うからです。

 

 

追われる恋愛ということは、常に男性が女性を追いかけているんです。

よく言えば積極的ですが、悪く言えばしつこい。

 

 

そのため追われる恋愛をしている女性は嫌になってしまうんですよね。

 

ラーメンなどもしつこい味は途中で飽きてしまいますし、次第に捨てたくなってきます。

最初は美味しいのですが、ずっとしつこい味だと吐き気がしてきますね笑

 

 

そのため恋愛的に見ると、追われる恋愛をしている方が嫌になって別れを切り出すパターンが多いんです。

 

 

ただ例外もあって、
最初のうちは女性に追われる恋愛をしていたが、
次第に男性の気持ちが彼女に惹かれていって、
逆に男性側が女性を追ってしまうという状況もあります。

 

 

この場合は女性が追われる側になり別れを切り出すことになるので、どちらも追われる恋愛が終わりということに変わりはありませんが。

 

恋愛の話になってしまいましたが、しつこい男とは追う男なんです。

それも女性に対して執着、思いにエネルギーをかけているからです。

 

人は追われると逃げるように過去からDNAにプログラムされているんです。

 

女性に対して執着を無くすためには?

話を執着に戻しますが、この執着を無くすと何が起こるのかです。

 

それはこちらが女性を追わず、女性がこちらを追いかけだすんです。

執着しない人がモテる!男の恋愛はドライなぐらいがちょうどいい

つまり追いかける側から、追われる側に変わるということです。

その変化に必要なのが執着を捨てることになります。

 

特定の女性というわけではなく、女性全てに執着を無くすんです。

 

これはかなり重要なマインドセットです。

 

 

女性全てに執着を無くすということは街ですれ違った美女がいても、取引先で可愛い子と話しても全く動じないということです。

もちろんそれでは出会いが無くなりますから、ナンパをしたり話しかけたりはします。

 

 

ただその美女や可愛い子に対して、必要以上にエネルギーを注がないのです。

 

だから話していても心の中では
「可愛いなぁ、番号手に入れたいなあ。ご飯行きたいなぁ」
と思っているのではなく、

「まあ、可愛いな。てか、明日重要な仕事があるからそろそろ会話切り上げて仕事するか」

ぐらいの感じです。

 

 

イメージですが女性へのアピールや、
よく見られたいなどを全く考えていないんですね。

 

 

目の前で可愛い子と話していても気にしない、
また会いたいとか、付き合いたいとか一切思わない。

 

もちろん最後に番号交換や後日カフェへ行くとなっても、
「あんま話さなかったし、機会があったらまた話そうか」ぐらいの感覚です。

 

 

これぐらいドライに考えるべきなんです。

モテない男性の多くは、ここまで話すと「私は違う、僕はこういったやり方では無理。」とこの話を真っ向から否定します。

 

 

正直、だからモテないんです。

 

実際に体験してきた僕がモテると話しているので、やってみるぐらいの素直さが大事です。

 

この状態で話すことができると女性が本当に勝手に追いかけてきます。

 

ただ追いかけさせるにはトークだったり、
清潔感、服装など最低限のものは必要ですが、
それでも普通の男性が美人な子にやってしまいがちな、
しつこい状態から抜け出すことができるので成功の確率は上がります。

 

執着を無くすということはこういうことです。

 

女性を大事に考えすぎないこと。これを常に考えるようにしてください。

 

 

また他にも僕がモテるためのテクニックを全て詰め込んだ無料書籍を今期間限定で無料プレゼントしています。

ぜひ気になれば、以下から手に入れてみてください。

→無料電子書籍「モテる男のつくりかた」を読んでみる

 

女性からモテる最強の魅力を手に入れる

執着しない人がモテる!男の恋愛はドライなぐらいがちょうどいい

女性への執着をしない理由をわかってもらえたと思いますが、それでも女性があなたを求めてくるのに必要なものが、あと一つあります。

逆にこれを持っている男性全てがモテていると言っても過言ではないものです。

 

それが”男性的魅力”です。

 

この男性的な魅力があることで、女性があなたを異性として強く意識し本能を刺激するのです。

 

魅力は色々な見方があります。

 

立ち振る舞い、言動、目線、姿勢、挙動、話し方など。

全てをトータルしてその男性の魅力になります。

 

要はこの男性的魅力があることで、女性があなたに抱かれたいと思い始めるんです。

 

それは顔やスタイルや年収などではありません。

男としての本来の価値です。

 

 

さらにいえばこの魅力はナンパを通すことで手に入ります。

なぜか。

 

ナンパでは数多くの女性と経験を持ちます。
そしてその経験を得るために何度も試行錯誤を繰り返しながら街に出て、
口説いて、口説き倒す日々です。

 

その口説く日々で女性が、相手が何を求めているのか、
何をこちらが提供すれば女性は抱かれたいと言ってくるのか。

全て理解できます。

 

もちろんただ闇雲にやっているだけでは、
女性は何も感じませんし、
あなた自身の成長もありません。

 

 

だから、僕がその情報を提供しています。

実際に男性的な魅力にフォーカスしてナンパをしてきた自分が本当にモテる男になるやり方、方法をお教えします。

→無料電子書籍「モテる男のつくりかた」を読んでみる

 

まとめ

ナンパに限らず、これは普段の恋愛などにも応用可能です。というよりも恋愛部分についての方がより直結しやすいかなとも思います。

そのため社内だったり、自分の所属するコミニティ内でもこれは使えますね。

 

女性という存在に対して、自分は特に重要視もしないことを念頭に女性と接してください。

 

あなたが今まで考えていた価値観と180度違うかもしれませんがまずやってみることです。

 

やってみて周りの反応、女性への反応をみてください。

 

これを読んで非モテが減り、かっこいい男性が増えることを願います。

ここで話した通り女性に執着しないようにドライな男をイメージしてください。

 

では、ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

 

一般公開できない。僕がモテた唯一の法則があります。

僕はナンパを開始して、たった7ヶ月で51人の女性を抱きました。

経験人数は100人を超えてからは、数えられていません。

 

ただ、元々僕は周りから「ブサイク!」と呼ばれるぐらい顔面に自信もなく、女性経験も乏しい状態でした。

極め付けは、非モテを悪化させて、会社にいた20歳の女の子に、以下のアピールをしまくりました。

・目がキョロキョロ泳ぎながら、ニヤニヤ話す
・話し出した瞬間に顔面が真っ赤になりオドオドし出す
・1時間の間に10回以上、何も用がないのに広末さんに話しかける異常行動
・帰る時は同じ時間を装って話しかけるでもなく、遠目で見つつ帰る
・他の女性には全く話しかけないし無口になる

完全に異常者でした。

結果的にその子は退職しました。僕が99.9%の原因です。

 

そんな女性との距離感が分からず、犯罪的な猛烈アタックをしていた僕が、モテるためにナンパを開始しました。

 

そして、僕はナンパを通して以下のような女性と出会ってきました。

・新宿某店でNo2のキャバ嬢
・佐々○希さん似の大学1モテる女子大生
・お嬢様学園の将来アナウンサー志望の清楚系Dカップ女子
・祖母が資産家の、金持ち152cmのロリ系20歳
・インリンオ○ジョイトイの娘?と思うほどの美女台湾人
・ほぼ有村○純の可愛すぎる保育士(園児の親から口説かれるらしい)

過去の自分が見たら、どれも腰を抜かして、「嘘でしょ・・・」と言ってしまうぐらいの綺麗な女性たちです。

そして彼女たちとはお金ではなくて、自分自身の魅力だけで、口説き付き合ってきました。

他にも、同時に女性3人と付き合ったこともあります。(疲れるのでやめましたが)

 

そして今回僕が、そんな過去の経験からモテる男になるための法則を電子書籍にまとめました。

 

お金もない、人脈もない、顔面も冴えない、足も短い、社会的地位もない、学歴もない(高卒)

何も持たない僕が、なぜ周りのお金を持ってる人やイケメンでも口説けない女性と付き合えたのか。

 

そのブログでは話せないモテるための法則を、全て電子書籍に載せたので、興味があればぜひ読んでみてください。

ストーリー形式なので、サクッと20〜30分で読めると思います。

→無料電子書籍「モテる男のつくりかた」を読んでみる