ナンパをした女性がシカトを決め込むのは全て男の責任。

 

ナンパをしていてキツイのは声をかける時の緊張感もありますが、一番心からキツイのはシカトですよね。

 

女性がガン無視を決め込んでおり、いくら頑張って話しかけても、いくら面白いことを言っても反応してもらえない。

その度に自分の心が傷ついてナンパをする気持ちも失われていきます。

 

そしてシカトも10回以上続けば、当然僕らナンパをする人間の心は折られます。

「自分はナンパがダメなんだ」

「上手い人じゃないとできない」

 

思考も徐々に変化していき、街に降り立った瞬間のワクワク感が一瞬で消え失せます。

 

正直僕もナンパを始めた当初は、このシカトがかなり辛かったです。

当時はナンパを開始しましたが女性経験なんてほぼない状態でした。

 

そのため、街へ出かけてシカトを食らっていると気づけば心がバキバキに破壊されてました。

 

でも、今思うとそのガンシカを引き出している全ての原因は"自分"だということにある日気付きました。

女性にシカトをさせている自分が悪いということです。

 

こう話すと反発もありそうですね笑

 

 

「男は関係ないだろ、女が勝手に黙り込んでいるんだからシカトすんだよ」と思う人が多いと思います。

 

実際、僕も今まではそう思ってました。今話しかけた女性はガンシカする女性だから誰がナンパをしても無理だと。

 

 

でもですね。それは女性のことを全く考えていないオナニー男の考えだと気づきました。

 

 

それを話していこうと思いますが、そもそも何故、女性がナンパをして無視をしてしまうのかを考えてみましょう。

 

7秒だけあなたも考えてください。

僕ら男性が街中で話しかけて、なぜ女性が無視を決め込むのか。

 

thinking timeです。

 

 

 

では、話しましょう。

 

 

 

 

ナンパした女性が無視を決め込む最大の要因は、話しかけてきた男性に対して反応する価値が無いと判断しているからです。

 

ものすごく極端な話ですが、一時期何かのテレビ番組で綾野剛さんと芸人さんが渋谷でナンパをして早く連れ出せるのはどちらか!?という企画がありました。見た方もいるかな?

 

企画のタイトルで勝敗はもう分かりますよね。

 

 

当然番組内では、最初から最後まで綾野剛さんが何人もの女性を連れ出していました。

女性達に話しかけてもシカトなんて一切ないです。話しかけられた女性は全てビタドメです。話しかけた瞬間に。

 

 

で、この部分を考え欲しいのですが、なぜここで綾野剛さんが話しかけた女性は立ち止まって話を聞いて、一緒についてきてくれたのか。

 

 

それは立ち止まる"価値"があるからですね。

 

例え街中だろうが一流芸能人が、普通の女性に話しかけてきて何処かに行こうと言ってくれる。

普通の一般女性が味わえない、いえ、全くありえない構造ですね。

 

 

そこに対して価値があるんです。

芸能人と話すという価値があるから。だから女性は立ち止まって話を聞いてくれるんです。

 

 

多くの人はこの番組を見て、「ナンパもやっぱり顔だったのね」とか言いますがそうじゃないんです。

顔じゃなくて綾野剛さんという芸能人だからなんです。

 

その一流芸能人というスペックに対して価値があるんですよ。

 

 

昔何かのラジオ番組でやっていたのですが、若い頃の福山雅治さんが渋谷でナンパをしていたんだと話していました。

歳を重ねるごとに男の風格が現れている、あの福山さんです笑

 

 

そんな福山雅治さんが渋谷でナンパをした結果ですが、話しかける女性は無視がほとんど。

頑張って話しかけても成功はしなかったそうです。

 

多くの人が納得するイケメンでもあるにも関わらずです。

 

成功しない理由はやり方等諸々もあると思いますが、価値提供の話で考えるならば、何も価値を与えることができていなかったと。

当然その時の福山さんはまだ売れる前です。芸能人というスペックのない状態だからです。

 

逆に言えば、今の状態で福山さんがナンパをしたら女性はすぐに反応すると思います。

すでに一流芸能人、アーティストとして、社会的に価値がある存在だからです。

 

 

そして僕自身もこの番組を見ていてハッと気付かされたのが、僕ら一般人が女性に話しかけて無視をしないで話をしてもらうには女性に対して価値を与えればいいということです。

 

無視をできないくらいの価値提供です。

 

ちょっと話がややこしくなってきましたね。

 

 

ここで価値提供と言って女性に会った時にアクセサリーを渡すわけにはいきませんし、お金を渡すわけにもいきません。

街を歩いている女性全員にお金を渡してたら1時間で破産です笑

 

 

では、どんな価値を提供するのか。

 

 

それが女性が喜ぶ楽しい時間の提供です。

 

シカトをしているのは、女性がこいつに反応する価値はないなと思っている状態です。

逆に言えば反応してもいいかな?いえ、反応しちゃった。と思えるような声かけをする必要があります。

 

もちろんそのためには普通の声かけだと女性は反応はしづらいですよね。

「こんにちは、どこ行くんですか?仕事帰りですか?学校終わりですか?どこ向かってるんですか?」

 

いわゆる普通のナンパです。

 

 

ではなく価値のある楽しい時間を提供すると考えると当然最初の言葉選びも変わってきますよね。

 

「ペンギン見ませんでしたか?、これ落としましたよ、目がキューとして歩いてましたよ」など一般的なものとは違い、これから始まる楽しい時間を想像させる声かけです。

 

ただ、当然ここからの無視もあります。その場合も常にこの楽しい時間を提供することを考えますね。

 

「最近ペンギンが飛べるようになってね〜、とかさっきだーっと走ってきて取ってきたのに・・・。」など。

 

 

これが僕自身が考える無視をしている女性へのナンパです。

 

 

女性を引っ掛けてワンナイトのセックスを狙うのですが、それには女性に楽しい時間やドキドキ感などの価値を提供するわけです。

相手から常に奪う男は残念ながらいい男とは言えません。

 

男らしい男性になれば女性も喜んで抱きついてくれる。目指すのはそんな男性ですよね。

ガンシカも全てあなたが引き出した反応です。

 

女性を楽しませることを念頭にまた街へ行ってみてください。

 

一般公開できない。僕がモテた唯一の法則があります。

僕はナンパを開始して、たった7ヶ月で51人の女性を抱きました。

経験人数は100人を超えてからは、数えられていません。

 

ただ、元々僕は周りから「ブサイク!」と呼ばれるぐらい顔面に自信もなく、女性経験も乏しい状態でした。

極め付けは、非モテを悪化させて、会社にいた20歳の女の子に、以下のアピールをしまくりました。

・目がキョロキョロ泳ぎながら、ニヤニヤ話す
・話し出した瞬間に顔面が真っ赤になりオドオドし出す
・1時間の間に10回以上、何も用がないのに広末さんに話しかける異常行動
・帰る時は同じ時間を装って話しかけるでもなく、遠目で見つつ帰る
・他の女性には全く話しかけないし無口になる

完全に異常者でした。

結果的にその子は退職しました。僕が99.9%の原因です。

 

そんな女性との距離感が分からず、犯罪的な猛烈アタックをしていた僕が、モテるためにナンパを開始しました。

 

そして、僕はナンパを通して以下のような女性と出会ってきました。

・新宿某店でNo2のキャバ嬢
・佐々○希さん似の大学1モテる女子大生
・お嬢様学園の将来アナウンサー志望の清楚系Dカップ女子
・祖母が資産家の、金持ち152cmのロリ系20歳
・インリンオ○ジョイトイの娘?と思うほどの美女台湾人
・ほぼ有村○純の可愛すぎる保育士(園児の親から口説かれるらしい)

過去の自分が見たら、どれも腰を抜かして、「嘘でしょ・・・」と言ってしまうぐらいの綺麗な女性たちです。

そして彼女たちとはお金ではなくて、自分自身の魅力だけで、口説き付き合ってきました。

他にも、同時に女性3人と付き合ったこともあります。(疲れるのでやめましたが)

 

そして今回僕が、そんな過去の経験からモテる男になるための法則を電子書籍にまとめました。

 

お金もない、人脈もない、顔面も冴えない、足も短い、社会的地位もない、学歴もない(高卒)

何も持たない僕が、なぜ周りのお金を持ってる人やイケメンでも口説けない女性と付き合えたのか。

 

そのブログでは話せないモテるための法則を、全て電子書籍に載せたので、興味があればぜひ読んでみてください。

ストーリー形式なので、サクッと20〜30分で読めると思います。

→無料電子書籍「モテる男のつくりかた」を読んでみる