ロストアプローチ。

 

聞いたことがある方もない方もいるかと思います。

 

今回はそんなロストアプローチでナンパをしてきましたので、ここで公開します。

ちなみにロストアプローチと聞いてこのまま進んでも大丈夫ですかね。

 

 

僕も最初に聞いた時は、どんなアプローチか知りませんでしたので、一応簡単に説明すると

「ここらへんでこれぐらいのペンギン見ませんでしたか?」

っていうアプローチです。

 

これが巷ではペンギンナンパと言われていますが、正式名称はロストアプローチです。

最強のナンパフレーズの1つです。

 

 

ロストアプローチ

見た目:綺麗系、約165センチほど。サングラス着用。

顔が小さい、ヴィトンのバッグ、姿勢かなり綺麗。

 

状況:道ですれ違い、こちらが後ろから追いかける状態。

 

後ろから追い抜いてアプローチをかけようとするが、ちょうど信号で止まったのでアプローチ開始。

 

 

ペンギンナンパの特徴

このペンギンナンパの特徴と強みを少しだけ話します。

このロストアプローチをやってる方に関してはかなりの多くの方がいます。ですがこのアプローチの本質を理解している人はほぼいません。

そのため少し使ってみて、「あまり反応がないからやめよう。」、「何かうまくいかないからやめちゃおう」という人がかなり多いです。

 

そういった理由でやめてしまう人は、先ほども言った通りこのアプローチの本質を知らないからですね。

ここでは間違いやすい点とロストアプローチをする際に重要な点を2点だけ話します。

 

アプローチ前

このアプローチを使う前はニヤニヤしてはいけません。

 

以前ナンパ講習をした際に僕の前でペンギンナンパを見せてくれた人がいたのですがその方はやる前から笑顔で

「ペンギン見ませんでしたか?笑」

と話しかけていました。

もうニヤニヤしている状態では、このペンギンナンパは不成功の確率が高まるんですね。

 

笑うのではなく、真面目な顔で話すからこのアプローチが活きてくるんです。

ブログやメルマガでも繰り返し話していますが、女性をナンパする際はいかにギャップを与えるかです。

 

ロストアプローチではそのギャップが使いやすいから、女性をナンパする際に有効なんです。

ニヤニヤしないで真顔で話す。これを強く意識してください。

 

 

アプローチ後

そしてアプローチした後は、絶対に相手に間を与えていけません。

 

ペンギンの話題を投げて相手が困惑or笑いに変わったらすぐにそこをいじるか、会話で攻めましょう。

「え?本当に見てないんですか?」

「さっきバッグの中に逃げた気が・・・」

「あのペンギン、お姉さんの服装が好きだからな」

など、どんどん会話を派生させていきます。

 

よくペンギンナンパでミスをする人はこの畳み掛けができていません。ペンギンナンパは相手の気を引いて、それをとっかかりにして会話を始めていくものです。

そのため声をかけた後は、すぐに会話で畳み掛ける必要があります。

 

逆にこの最初で気を引いたのに会話が始まらないと、女性の気分は一瞬で冷めます。そのため何を話すかを事前にインプットしておくようにしてください。

 

 

正直、このロストアプローチに関して全てを解説しようとすると、1つのセミナーができるくらいです笑

そのため、重要な点だけまとめました。

・話しかけるときはニヤニヤしない

・会話が始まったら畳み掛ける

 

この点を注意してロストアプローチをしてみてください。

 

ロストアプローチまとめ

ロストアプローチは極めていくと、かなり深いアプローチになります。実際に僕もまだまだ練習中の身です笑

常に試行錯誤して、もっといい反応を取れないかを検証しています。

 

 

ちなみに音声の反省点では、話しかけた後にLINE交換ではなく、このまま一緒に買い物へ付き合う流れでもよかったかもしれないです。

一緒に買い物行けば、この出会いがデートとなり食事、そのままホテルクロージングなどの流れができたのかもしれません。

 

ただこの後、僕自身に予定があったため断念でした。

予定がある場合に限ってこういった後悔する状況が多いんですよね。

 

次回名古屋へ行ったときにでもアポが取れればいいかなと。LINEの返信はいい感じなので、このまま様子見してみます。

 

ちなみに「ペンギンナンパ」を考案したのがTAVを作った岡田尚也という方です。もしナンパを上達させたいのであれば読んでみてください。

参考:岡田尚也のTAV実践レビュー!ナンパ師から見た弱点も暴露

 

 

一般公開できない。僕がモテた唯一の法則があります。

僕はナンパを開始して、たった7ヶ月で51人の女性を抱きました。

経験人数は100人を超えてからは、数えられていません。

 

ただ、元々僕は周りから「ブサイク!」と呼ばれるぐらい顔面に自信もなく、女性経験も乏しい状態でした。

極め付けは、非モテを悪化させて、会社にいた20歳の女の子に、以下のアピールをしまくりました。

・目がキョロキョロ泳ぎながら、ニヤニヤ話す
・話し出した瞬間に顔面が真っ赤になりオドオドし出す
・1時間の間に10回以上、何も用がないのに広末さんに話しかける異常行動
・帰る時は同じ時間を装って話しかけるでもなく、遠目で見つつ帰る
・他の女性には全く話しかけないし無口になる

完全に異常者でした。

結果的にその子は退職しました。僕が99.9%の原因です。

 

そんな女性との距離感が分からず、犯罪的な猛烈アタックをしていた僕が、モテるためにナンパを開始しました。

 

そして、僕はナンパを通して以下のような女性と出会ってきました。

・新宿某店でNo2のキャバ嬢
・佐々○希さん似の大学1モテる女子大生
・お嬢様学園の将来アナウンサー志望の清楚系Dカップ女子
・祖母が資産家の、金持ち152cmのロリ系20歳
・インリンオブジョイトイの娘?と思うほどの美女台湾人
・ほぼ有村○純の可愛すぎる保育士(園児の親から口説かれるらしい)

過去の自分が見たら、どれも腰を抜かして、「嘘でしょ・・・」と言ってしまうぐらいの綺麗な女性たちです。

そして彼女たちとはお金ではなくて、自分自身の魅力だけで、口説き付き合ってきました。

他にも、同時に女性3人と付き合ったこともあります。(疲れるのでやめましたが)

 

そして今回僕が、そんな過去の経験からモテる男になるための法則を電子書籍にまとめました。

 

お金もない、人脈もない、顔面も冴えない、足も短い、社会的地位もない、学歴もない(高卒)

何も持たない僕が、なぜ周りのお金を持ってる人やイケメンでも口説けない女性と付き合えたのか。

 

そのブログでは話せないモテるための法則を、全て電子書籍に載せたので、興味があればぜひ読んでみてください。

ストーリー形式なので、サクッと20〜30分で読めると思います。

→無料電子書籍「モテる男のつくりかた」を読んでみる