カフェに何となく休憩に行った時、窓際の席を見ると可愛い子が1人でカフェラテをすすっている・・・。

どうにかして仲良くなりたいけど、無理だ・・・。仕方なく近くの席に座ってチラチラと見るだけ。

 

こんな経験はありませんか?

 

カフェに行くと、たまに可愛い子がいることがありますよね。

予想していない出会いでもカフェにいる女性をどうにかしてモノにしたい。

せめてLINE交換までしたい。

 

そう思うメンズたちに対してカフェで可愛い女性と確実に仲良くなれるナンパをステップごとに話します。

ここで話す方法を実践しカフェナンパを成功させてください。

ぜひ、お見逃しなく。

カフェナンパはここがいい。

まずカフェでナンパをする時に他のナンパと比べてメリットが多くあります。

僕自身最初にストリートナンパから始めましたが、ストリートで連れ出す際にはよくカフェに行きます。

 

その際に何気なく見ると1人で座っている女性も多いんですよね。

この女性が”何気なく1人で行ける環境”っていうのは実はデカイですよね。

 

普通女性は1人で食事の場は行かないですからね。

女性と話していても牛丼屋やラーメン屋に1人で行けない女性は結構多いです。周りの目とかを気にしますからね。

でもカフェであれば女性が1人であっても食事がしやすい雰囲気が作られています。

 

カフェに1人でいる女性が多いのも、お昼ご飯を食べる場所として使われているんです。

ほどよい静かな環境

ナンパを行う時に静かな場所よりうるさい環境で声をかける方がいいのでは?と思うかもしれません。

クラブなどのナンパを想像してしまうと、静かなところだと逆にやりにくいんじゃないかと。

 

ただ、ナンパはシュチュエーションによって、方法も全く変わります。

クラブのようなうるさい場所では、ガンガンナンパをしたほうが成功しますし、みんなそれをやっています。

対照的にカフェや図書館などの静かな場所では、さりげない自然さを持ったナンパをすることで成功しますし、その静かな環境だからこそ声をかける行為がよりインパクトが強くなります。

 

また、静かと言っても全く無音ではないですよね。カフェであればほどよい静かさです。

他の人が喋ったり店員さんが仕事をしたりと、そんな環境であれば隣に座って話しかける時も落ち着いてナンパができる最高のシュチュエーションとなります。

 

クラブなどのノリが合わない人が出会いを探すにはもってこいの場所です。

自然に話せる

自然さをかもし出せるのも、カフェナンパの特徴の一つです。

ストリートナンパでは、がっつりナンパ感がでますが、(それも悪いことではないです。)カフェナンパではより自然さ持ってナンパができます。

 

想像して欲しいのですが、緑の木々が生い茂った公園の落ち着いたカフェがあります。そのカフェの窓際で景色を見ながら朝食を食べている女性がいました。

その女性の隣に朝食を持って座るときに

「ここいいですか?」

「はい、大丈夫ですよ」

「ありがとう、今日天気いいですね」

「そうですね、ここ晴れた時は景色がいいんですよ」

「なるほど、いつもここで朝食を?」

 

まあこれは、ある映画のワンシーンなのですが、より自然に話が始まる感じをカフェでは作り出せることができるんです。

話のネタが多い

カフェでのナンパは話題が作りやすいです。

ストリートナンパと違って話のネタがあちらこちらにあるからですね。

 

例えばスタバで言えば、毎月どんどん新作がでているので、自分がそれを買いナンパした時に一つの話題にもできます。

また他のメニューだったり、カフェという場所(先ほどの景色のいいカフェなど)。

 

僕が結構使うのは、カフェにいる特徴的な人やかっこいい店員さんなどを話題にしています。

昔女子がやっていたコソコソ話に近い感じになります。

隣に座れる

結構忘れがちですが、いきなり隣に座れることは大きなメリットです。

自然に女性の隣に座るのって電車内かカフェぐらいしかないですよね。

 

女性の隣に座ってすぐに話ができるのは、カフェナンパならではです。

クラブやストリートナンパでもいきなり女性の隣に座ってナンパなんて絶対できないですよね。

 

でもカフェであれば席に座って自然とそのまま会話を始めることが可能です。

 

しかも隣に座れるってことは、脳科学的にも心理的距離が近くなるんです。

 

女性を口説く時は、正面に座るよりも横並びのカウンターがいいともよく言いますよね。

この脳科学を駆使した詳しいノウハウについては『ナンパ大全【あなたがすれ違った女性と”50分以内にセックス”を可能にするたった1つの戦略】』で話しているでこちらを参考にしてください。

カフェナンパはここが残念

カフェナンパはいいところも多いですが、ちょっとだけ残念な部分もあります。

メリットだけだったら僕も飛びついて、ずっとカフェでナンパをし続けますからね笑

 

またここで話すデメリットも、以下記事内で話す適切なやり方を踏めば減らすこともできます。

そのためこんな失敗もたまにはあるんだな程度で考えてもらえればと思います

シカトの気まずさ

カフェで隣に座ってシカトをされた時の気まずさです。

そこまで変な声かけをしない限りありえないですが、万が一もあります。

その際に気まずくなって、席を立つしかないことも。

 

僕自身カフェでナンパをしてまだシカトをされた経験はないですが、エスカレータでナンパをしてシカトされたことならあります。

長いエスカレーターだったんで、20秒ぐらいずっと気まずかったです笑

話しかけれないシュチュエーション

シュチュエーションによっては話しかけることが全くできない時もあります。

混雑している時と女性が忙しそうな時ですね。

 

この2つは基本的に話しかけるのをやめておいたほうが無難です。

忙しそうに仕事をしている時に話しかけられたら誰だって相手にしたくないですからね。

 

また混雑している時ですが、逆にその混雑を効果的に使う方法もあります。

カフェ内が混雑している時は、レジの列に並ぶことになりますよね。

その際に混雑を利用してナンパを始めます。

「ここらへんで他にカフェって知ってます?座れなさそうですよね。」と。

若干道聞きナンパの応用編ですが、混雑もナンパへ変換していきましょう。

カフェナンパからの成功事例

カフェナンパがどのように成功するのか。

以前僕が新宿のカフェで仕事をしていた時にナンパをした女性の話が参考になるかなと。

どんな感じでカフェのナンパを成功させるのかは『新宿のカフェでナンパ【カフェナンパのポイント徹底解説】』に書いてあるのでぜひ参考にしてください。

カフェにいる女性は基本的に時間を余らせている可能性が高いので話も盛り上がりやすいです。

カフェは基本的にチェーンがやりやすい

カフェでナンパをやる際は、基本的にチェーン店がやりやすいです。

チェーン店であれば、都内、地方などどんな場所にもありますし、店内も広いことが多く比例して女性の数も多いためです。

 

またチェーン店をおすすめするのは、移動がスムーズという理由も挙げられます。

 

普通の喫茶店、おしゃれなカフェなどですと店員さんが席まで案内してくれますが、チェーン店は自分で席を選びます。

 

そのためもしカフェでお茶をしていて好みの女性が来たら、その席の隣に行っても何も問題ないってことです。

移動に関しては他の人も行なっていますし、普通の行為ですからね。

 

ただカフェの椅子に座っていて、女性をジロジロと見てから声にかけに行くのはやめましょう

限りなく女性からしても自然ではないですし、カフェナンパの自然さを殺してしまっています。

まず女性を探し観察

カフェでナンパをする際にはまずは女性を観察します。

これから話しかける女性に対して、

どんなアプローチで、どんな声かけで、どんな対応をすればいいのかがわからなければ、話しかけて盛り上がることはありえません。

観察もやろうと思えば深いものになってきますが、ここでは最低限やるべきことを話します。

どんなものを身につけているのか。

これは相手の女性がどんな趣向なのかを話題にできることです。

比較的持っているものに関しては話題の宝庫です。

 

先ほど話した『新宿のカフェでナンパ【カフェナンパのポイント徹底解説】』も観察が功をなしました。

記事内では話していませんが、女性は保育園の先生。そして新宿に本を買いに来ていました。

 

そのため横に座っている時から本がチラチラと見えていたので、そこも途中で話題に使ったんです。

話し出すと園児のために買ったんですよと女性からも話が出てきましたし。

 

このように相手の持っているものを事前に観察しておくと、話しかけて話題が無くなりそうなときでも、すぐに切り替えて話をすることができます。

買い物をしていなかったら靴やバックでも同様です。

 

「てか、おしゃれな靴ですね」と言われて女性も嫌な気分にはなりません。

また女性もその靴に対して思い入れ、欲しくて頑張って買ったなどの話があれば会話はどんどん進みます。

何をしているのか

次に見て欲しいのは何をしているのかです。

 

先ほども言った通り忙しい状況では女性は、こちらを迷惑な奴と認識します。

PCでカタカタ忙しそうにしている女性とかですね。

 

その場合は話しかけるのをやめるか、もしくは彼女がひと段落ついた段階で話しかけます。

「忙しそうですね。」と会話の糸口を作ることも可能ですよね。

 

また相手がスマホをいじったりしている状態、LINEを頻繁にやり取りしている状態では待ち合わせかもしれません。

もしくはただ単に暇かもですが。

 

ナンパをする時にはハズレでもいいので、こうやって自分で仮説を立てられるようにするとどんな会話でも対応できるようになります。

難しいと感じるかもしれませんが、簡単に考えれば今何してんのかな。そう思うだけでも十分効果があります。

 

ちょっとだけ相手を見て何をしているのかを自分なりに導き出して声をかけてみましょう。

隣に座る

話しかける時に具体的には遠目から彼女が何をしているのかを確認して隣に座ります。

その後座ったらあまり見ないようにします。

隣に座ってきた男性がいきなりジロジロみてきたら警戒しますよね。

 

そのため観察して話すことに関しては、座る前に大雑把に決めておきます。

そして隣に座って、ちらっと相手をみたら、反射的に言葉が出てしまったように話しかけてください。

「すっごい速さでスマホ操ってるね」

のようにです。

 

あくまでも自然さを意識してください。

不自然さが出てしまうと、それだけで女性は嫌悪感を感じますので。

ナンパへの入り方

具体的なナンパへの入り方です。

声をかけるタイミングや事前にやるべきことが少しでもわかってもらえたかと思うので、徐々にナンパへ入っていきます。

 

ナンパをする際に自然に、反射的に声が出てしまう感じを出すと話しましたが、以下話すこと全てに共通しています。

声かけも自然さを前面に出してやってみてください。

相手のものを使う

共有スペースと呼ばれる相手と自分の共有物を使ったナンパとなります。

このナンパに関しては、自分が持っていたドリンク、相手のバッグ。相手が本を読んでいる場合その本。仕事中であればその仕事。

他の人ではなくて、2人で話が共通のものを出すってことです。

 

例えば、新宿のカフェナンパの例では僕はスタバの新作をネタにしています。

これも一つの共有ナンパとなります。

「抹茶好きですか?」

「え、まあ好きです」

「だったらこれあげますよ」

「え、いいんですか」

お互いに共有のものをネタにしています。

この時はたまたま共有して、さらに与えることができるものがあったので、なお良しでしたね。

 

女性が本を読んでいるならば

「すっごい難しそうな本ですね」などでもいいですね。

 

相手と自分が共有できるものを最初に出していきましょう。

相談ベース

相談をベースにして、ナンパをするやり方です。

ネットショッピングでプレゼント選びなどです。

この具体的なやり方に関しては『新宿のカフェでナンパ【カフェナンパのポイント徹底解説】』で記載しているので、参考にしてください。

借りる

相手に何かを借りるナンパです。

より自然さを醸し出せます。

 

例えば、席について充電器を借りることが一番自然ですね。

ポータブル充電器を持っている人は少ないと思いますが、充電ケーブル等は持っている女性は結構います。

 

ちなみに席にコンセントがない場合もありますので、男性側でポータブル充電器は持っておきましょう。

そこで

「すいません、充電器のコードって持ってます?」

「ありますけど」

「ちょと忘れちゃってコードだけ少し貸してもらえないですか?」

と会話の糸口として使います。

 

充電コードであれば女性側もそこまで損失はないので、割と貸してくれる割合が増えます。

貸してもらったら、何かドリンクやケーキでも奢ってあげるのもありです。

かかっても数百円ぐらいですので、ナンパの一つの切り口としてぜひ使ってみてください。

 

また、充電器も無いと言われてしまっても会話が終わらせないようにしてください。

無いと言われる場合も想定しておくだけで幅が広がります。

 

またこの会話を想定しておけるナンパのコミュ力。

ここを鍛えるにはナンパの情報を摂取するようにするとすぐに身についてきます。

僕の無料メルマガでナンパのコミュ力、女性をゲットする具体的なナンパのステップを解説しているので、興味があれば登録してみてください。

メルマガ:赤面症の平凡リーマンが7ヶ月で51人の美女を抱いた驚愕ナンパの世界

究極は自然

究極のナンパはやっぱり自然さです。

カフェにおいて、ナンパをされることを期待してる女性はほぼいません。

何かの休憩だったり、待ち合わせなどで使っているために、自然なナンパが適切なんです。

 

ここまで話した内容は事前に考えて話すことになりますが、自然は何気なく言葉が出てくること。

これが難しいですが、できるようになると本当にカフェでも女性と話すことが楽になります。

 

何も考えなくても女性をナンパして盛り上がることになりますので。

初心者のナンパに関しては以下記事で話しているので参考にしてください。

参考記事:【ナンパマニュアル完全版】非モテも成功させる究極のナンパ術

最終はLINE交換まででいい

最終的なカフェナンパの目標ですが、LINE交換までできれば上出来です。

それ以上も狙って欲しいですが、LINE交換ができれば次は食事に誘い、その後男女の関係になればいいので。

 

LINEを交換する時は、女性から去るよりも男性、あなたから去るようにしましょう。

「そろそろ行かなきゃなんで、あ、よければLINE交換しません?」みたいな感じで話せると自然ですね。

最後は男性が去る点も重要です。

参考:ナンパで連絡先を交換し返信率を上げるテクニックを徹底解説!

ナンパのスキルさえあればどこでもOK

カフェナンパも正直ナンパのスキルさえあれば、本当に簡単にできます。

というよりも数多くのナンパがある中でも、カフェナンパは比較的やりやすいナンパとなるからですね。

 

逆にストリートナンパでは、話しかける時に女性のシカトを徐々に笑いに変えていきカフェに連れ出します。

その際に自分で相手の気分を高めるスキル、徐々に笑顔にしていくなどのスキルが少々必要になります。

 

カフェナンパに関してはそこまでいらないですよね。

相手も比較的オープンな状態になっていることが多いので、話しかければ普通に話してくれます。

 

ただそれでもカフェでのナンパで絶対に成功させたい、もっと女性を楽しくさせて自分に惚れさせるようにしたいと思うのであればストリートナンパをおすすめします。

ストリートナンパこそ自分自身の内面から変わっていくので、モテる男の雰囲気を身につけやすいんですよね。

実際ストリートナンパ出身の人はどんな場面でも、女性と関わる能力を持てています。

 

街でナンパができるようになると、カフェなんて楽勝です笑

 

このストリートナンパの詳しい情報についてはメルマガで配信しているので、興味がある方はぜひ登録してみてください。

参考:赤面症の平凡リーマンが7ヶ月で51人の美女を抱いた驚愕ナンパの世界

まとめ

ここまでカフェのナンパを成功させるためのことについて、話してきました。

僕自身カフェは好きでよく行っていますが、多くの人も積極的に出会いの場としても活用した方がいいです。

 

冒頭で言った通り1人でカフェにいる女性は多くいます。

さらには席に座って時間を持て余している状態なので、普段よりもナンパの成功率は格段に上がります。

 

もしも話しかけて嫌な印象をされたら、「すいません」と一言言って立ち去ればいいんです。

もう二度と会いませんからね笑

 

その一声で女性と一夜を過ごせるかが決まってきます。

もし可愛い女性がいれば話しかけてみてください。

 

では、また会いましょう。