どうも、ポルノです。

 

今回は、新宿のカフェでナンパした話とカフェナンパのポイントについて話します。

 

 

この時期はストリートナンパをやろうと思ってもかなり寒いですからね。

いくら防寒対策していようが、ずっと外に出ていると体が冷え切ってしまいます。

 

そんな中カフェなどであれば暖かい空間で女性と話すことができますし、カフェは一度会話が始まればそのまま会話が持続させやすい利点があります。

もちろん、会話を続かせるためのトークや引き方が必要になってきますが。

 

今回も実際に僕がカフェでナンパをしてきた方法と合わせてそのテクニックも公開しているので、ぜひ参考にしてください。

では、話します。

 

 

 

新宿のカフェで待ち合わせ

12月某日、この日は久しぶりに会う友人と食事に行くため、新宿で待ち合わせる。

 

ただ、約束の予定時間よりも1時間半ほど早く着いてしまったので、近くのスタバに入りブログを書くことに。(ぶっちゃけナンパしようと早めに新宿に行ったのですが人が居らず・・・)

 

新宿のスタバは場所にもよるが、混んでいる時だと全く座れないし、レジだけで混雑している。

ただこの日は夕方だったが比較的空いていた。

 

 

その中でカウンター席に誰もいなかったため、席に座りPCを立ちあげブログを書き始める。

店内は少しばかり混みだしたが、座れない人がいるほどではない。

 

安心してブログに集中。

 

 

15分ほど集中してブログを書いていると隣に女性が座ってきた。

 

 

ルックスレベル的には中の上ぐらい。

画像引用元:芸能ニュース

 

相武○季似のまあまあ可愛い女性だ。

 

ただ僕もブログを集中にしていたので、声をかけずにブログを書き続ける。

 

ちなみに席は隣で画面を見ようと思えば見られてしまう。

まあ見られても気にしない。

 

 

ナンパはメンタルが大事だ。

 

 

 

そのまま少しばかりブログを書いていると店員が近づいてきた。

 

 

店員さん「こちら新作なのですが、よかったら試飲してください」

 

 

といって僕と彼女に小ぶりのカップに入ったドリンクを渡される。

新作は抹茶のフラペチーノとのこと。

 

 

抹茶は嫌いでも好きでもなかったが、せっかくなのでオープンに使うことにした。

共有できる話題がある時は積極的に使うことだ。

参考:ナンパ初心者必見!初心者がナンパで結果を出すための方法を完全解説!!

 

 

 

ポルノ「あの」

 

女性「はい?」

 

ポルノ「抹茶好きですか?」

 

女性「え?あ、抹茶好きですよ」

 

ポルノ「だったら、これあげますよ、今飲めないんで」

 

女性「いいんですか?」

 

ポルノ「全然いいですよ、ただもらって捨てないでくださいね」

 

女性「捨てないです笑、ちゃんといただきます」

 

 

ここで一瞬、間ができる。

ナンパではこのような間でこの後の会話の展開が決まる。お互いに黙ってしまうと会話のテンポが崩れてしまう。

 

相手の体もこちらを向いているし、嫌がってる感じでも無い。

であれば、一瞬の変な間が生まれる前に話を展開させる。

 

 

ポルノ「もしかして、スタバで勉強とかですか?」

 

女性「いや、勉強じゃなくてですね。買い物帰りです」

 

ポルノ「へー。確かに。勉強道具だしてないですもんね」

 

女性「そうです笑 ずっとスマホいじってました」

 

 

そしてナンパをする際は会話が一度始まれば、あとはテンポが生まれているので盛り上がった会話になりやすい。

 

盛り上げるには相手のキャラもあるが、軽いいじりとユーモアを組み合わせるのが鉄板の会話だ。

上記の会話ではあまり強いユーモアでは無いが、状況をお互いに話の中心にしている。

 

 

このあとは、隣に座った彼女と予想通りに会話は進み、後日会う約束をしてLINE交換してバイバイした。

 

参考:ナンパマニュアル完全版!現役ナンパ師が語る究極のナンパ術!

 

 

カフェナンパでのポイント

では、ここでカフェ内でのナンパのポイントを話します。

 

今回を例にすると、たまたま試飲という共有スペースがあったため、それをそのまま使いました。

 

 

実際に上記のように、その場にあるものをオープンに使うと相手は反応しやすいです。

 

目の前にあるものを使って会話を始めることはストリートナンパなどでも同じ要領となります。

 

「あそこの人めっちゃかっこいいじゃん」

 

「そのカバン盗んだんでしょ」

 

などなど目の前のものを使った会話は相手もすぐに認識しやすく、話が盛り上がりやすい会話となります。

この2人で共有できるものを作るのはナンパの鉄則ですね。

 

 

話を戻してカフェ内でのナンパですが、基本的にカフェでは間違ったやり方ではない限りシカトなどはありません。

もちろん店内をうろうろして可愛い子の近くに行ってナンパは明らかなので、シカトだったりはあるかもですが。

 

それと、カフェでのナンパを行うにあたって引き際をしっかりしてください。

会話で盛り上がっていればいいですが、相手がさして興味もないのにグダグダ話すのは迷惑です。

 

 

そうなった場合は早めに連絡先の交換を打診して立ち去りましょう。

 

 

 

では、カフェ内でナンパする際、状況によって変わると思いますが話しかけるときは相談ベースがやりやすいです。

ストリートとは違って、カフェ内ではこちらが話しかければほとんどの人が聞いてくれる状況なため誠実系なナンパということですね。

 

 

誰でもできる簡単なカフェナンパ

では、カフェナンパの簡単なやり方を話します。

 

このやり方は僕の例と同じです。

 

隣に座った子が綺麗だった時の会話の始め方と仮定します。

 

もし通常のナンパですと、

「今何しているんですか?」

「こんにちは〜」

といった声をかけると思いますが、これだと直接的なナンパになってしまいます。

ではなく、カフェに合った会話を選択しましょう。

 

 

ナンパらしくなく、より和める会話です。

 

例:

ポルノ「あの」

 

女性「?」

 

ポルノ「お仕事中ですか?」

 

女性「いえ、違いますけど」

 

ポルノ「ちょっと教えて欲しいんですけど」

 

女性「はい?」

 

ポルノ「今友達のプレゼントを探しているんですけど、女性的な意見が聞きたいんで教えてもらえませんか?」

 

 

というような感じです。

これでスマホで一緒にネットショッピングをして、これがいいとか、これでもないとか相談ベースで話せます。

 

スマホの画面を会話の共有部分に使って、擬似ショッピングデートのような状態ですね。

ポイントとしては、一緒に何がいいかなどを悩めるのがいいですね。

 

あとはそのまま何がいいか悩んで、

「この商品の良さをプレゼンするんで、今度またよかったらカフェで話しましょ笑」

 

ちょっとしたユーモアを挟みながらLINE交換を打診してください。

真面目に誘うよりもちょっとしたユーモアを含んだ方が反応率は高まります。

 

逆に上記の話の始め方はストリートナンパなどでは使えないカフェなど限定の方法です。

 

魅力はストリートナンパから作られる

カフェナンパに焦点を合わせて話してきましたが、実際にカフェでのナンパを成功させるならばストリートナンパを始めてください。

実際にストリートナンパには女性を口説く全てが詰まっています。

 

お互いに共通点の無い状態から話しかけ、店に連れ出し、自分の魅力を伝えて口説きホテルへ行く。

ストリートナンパではこの流れを全て1時間以内で行います。

 

知らない女性に話しかける行動力

短時間で女性を魅了する力。

女性が惹かれる立ち振る舞い。など。ストリートナンパには男女の関係を向上させる全てがあるんです。

 

さらに言えば、ナンパを繰り返し行うことであなたに対する女性の態度も変わってきます。

 

・目の前の女の子と話していると、次第にあなたを見る目が”トロン”としてきて何かを訴える目に変わり始める。

・ナンパで知り合って40分ほどで女性から「もうちょっと今日は一緒にいたいな」とあなたを求めてくる発言がでてくる

こんなようにナンパを通すことで、女性が求めてくるようにもなります。

 

ナンパで普通に女性を抱くことよりも、女性が惹かれるような魅力的な男になって更にいい女性を口説きましょう。そんな魅力を上げていい女を抱くメルマガを発行しています。詳しくはメルマガ詳細をタップしてください。

 

 

カフェナンパまとめ

もしもカフェに行った際に隣に可愛い子が座ったときは、この記事内で話したように会話を始めてみましょう。

 

ダメならダメで話をやめればいいですし、逆にオープンして会話が盛り上がればそのままLINE交換やホテルなども全然あり得る話です。

ストリートナンパをやっていれば街中以外でもこういったカフェやバーなどの場を使っても仲良くなることが可能です。

 

 

 

ちなみにですが、上記のカフェでナンパした女子は後日再び某街で一緒にご飯を食べて、その後お家に行きました笑

ちょうど彼氏と別れたばかりだったらしく、寂しかったとのこと。こちらは特筆すべきことはないので割愛です。

真面目そうな顔してましたが、結構エロい子でした。

 

皆さんもぜひ隣に綺麗な人が座った時はナンパしてみてください。