クラブでナンパができるようになると、女性とキスをするのも簡単になります。

相手が酔っ払っている状態でキスをすれば、相手が応じるので。

 

でもここではクラブで女性”から”キスをさせるやり方について話します。

 

質問

「ポルノさん、そんなこと本当にできるんですか?女性からキスを求めるってことですよね。」

 

そうです。やることを明確にすればできます。

一般的に考えればイケメンだけなど条件が限られると思われがちですが、やるべきことをやればどんな男性でも簡単にキスをされることが可能なんです。

これから具体的に説明していくので、ぜひお見逃しのないように。

クラブで女性がキスをしたくなる男性

クラブで女性からキスをもらえる時ってどんな時だと思いますか?

 

質問

「うーん、女性が早くえっちがしたいとか、好きな男性といるときですかね?」

その通りですね。

女性もエッチがしたい。そしていい男に抱かれたいわけです。

汚い男性とはキスをするのはキツイですが、かっこいい男性であれば男性同様エッチがしたいとも思うのです。

 

ですが、ここで話すかっこいい男は、顔ということではありません。

顔ももちろん要素の1つですが、顔よりも女性がいい男と思うのは、”男性の雰囲気”です。

 

ある統計によると、男性が女性の顔を重視するのに対して、女性は男性の雰囲気を選ぶという結果も出ています。

つまり顔が悪かろうが、スタイルが悪かろうが雰囲気さえかっこいい男になることができれば、女性がいい男と思ってキスをしてきてくれるようになるんです。

女性もセックスが大好き

女性も本当にいい男が現れれば、セックスがしたいと心の底から思うわけです。

 

それよりも男性以上に女性はエッチがしたいと思っています。でも女性は頑なに隠しますよね。

この部分は脳科学的なものなのですが、男性はエッチがしたいと思ってすぐに飛びつくかもしれませんが、女性はすぐには飛びつきません。

というよりも、その行動はしてはいけないと遺伝子的なもので決まっているので。

 

もしこの部分について詳しく知りたいのであればnoteを見てみてください。

女性の遺伝子的を紐解き、女性がセックスをしたくなる方法などを書いています。また実録のナンパ音声もついているのでナンパの参考になります。

外部サイト:ナンパ大全【あなたがすれ違った女性と”50分以内にセックス”を可能にするたった1つの戦略】

 

意識を奪うこと

女性からキスをさせたいと思ったら、まずやることは女性の意識をこちらに集中させることです。

相手の情報空間で意識を持ってこれれば、簡単にキスをさせることができます。

 

質問

「そもそもどうやったら、女性の意識を持ってこさせるんですか?」

具体的には、女性に対していい男と認識させます。

最初に認識さえさせてしまえば、あとは勝手に女性が意識していきます。

 

ここの認識は自分の立ち振る舞いが重要になります。

具体的に認識をさせて、女性の意識を持っていく方法に関しては以下の記事を参考にしてください。

参考:クラブナンパでおっぱいを鷲掴みするには。男の価値を爆上がりさせろ。

 

意識を持って行かせる非言語

そしてクラブナンパで女性に対して自分の言葉を伝える時には、非言語が重要なものとなってきます。

難しい言葉ですが、簡単に言えばオーラとか、雰囲気と言われるものです。

 

冒頭で女性がいい男とみなすのは、雰囲気と話しました。

 

そしてその雰囲気が作られるのは、非言語によるものが93%も占めています。

通称メラビアンの法則と呼ばれるものです。

感情や態度について矛盾したメッセージが発せられたときの人の受けとめ方について。

人の行動が他人にどのように影響を及ぼすかというと、話の内容などの言語情報が7%、口調や話の早さなどの聴覚情報が38%、見た目などの視覚情報が55%の割合であった。

wikipedia引用

 

上記のようにメラビアンの法則では、言葉があまり重要ではないことが示されています。

そのため、クラブでいくら話をしたところで、非言語。ジェスチャーや行動などと比べてしまえばどうってことないんです。

話を鍛えて女にモテるよりも、クラブではまず非言語部分を直しましょう。

 

非言語さえ使い分けることができれば、女性は他の男性と違うとあなたを判断してくれます。

 

この非言語を日常的に使い、ストリートの女性を心を開かせ股を開かせる方法については、noteにて書いているので興味があればぜひ読んでください。

参考:ナンパ大全【あなたがすれ違った女性と”50分以内にセックス”を可能にするたった1つの戦略】

細かい部分を徹底的に意識

非言語と合わせてやるべきことは、自分自身の細かい部分を徹底的に意識することです。

女性は意外にも細かい部分をかなり見ています。

 

僕が一度女性と話していて印象的だったのは、指毛です。

僕自身もそこまで指毛に関しては意識していなかったのですが、ある時女性と話していると指毛の話題が出ました。

 

女「指毛が生えている人は私はちょっと、えってなっちゃう」

僕「まじ?でも結構生えている人いるよね」

女「うん、多いね。女子も剃ってるんだら剃れよって感じ笑」

僕「あ〜確かに。細かい部分だけどそういうとこよね」

女「そう、女性って意外に見てるからね」

 

という会話でした。

後日、僕も毛を全て剃りました笑

 

ただこの話から分かる通り、それぐらいに女性は細かい部分を見ているということです。

 

つまりクラブでもヒゲの剃り残しや、眉毛の手入れされてない状況、歯を磨いていないなどは、せっかく非言語を強めて女性にいい男だと見られても、セックスまで到達しません。

細かい部分だと侮らずにしっかりとやっておきましょう。

最適な方法は焦らし

非言語、細かい清潔感、認識をクラブで行うことができれば、実際に女性とディープキスをするまでの流れとなります。

クラブで話しかけて、いい感じになったら顔を近づけたりしますよね。

 

でもキスをするときは、こちらがすぐにしてはいけません。

徹底的に焦らすことです。これが女性の興奮度を高めて結果的に女性からキスをさせることに繋がります。

 

もうお互いに対面で話している状態の時には、女性の意識にはあなたが植えつけられているので、最後は女性を焦らして焦らしてもう我慢できないってところまで持っていくだけなんです。

 

具体的には、クラブだとどうしても女性の耳元で話すことになりますよね。(クラブは周りの音がうるさいために)

そこで耳に話しかけながら、話終えたら相手の目をちゃんと見ます。

見つめるんです。

 

具体的なイメージを示したいところですが、わかりやすい例としては海外映画のラブシーンです。

これが一番参考になります。

 

海外映画のラブシーンはほとんど会話を重ねず、お互いに目を見ながらエロい雰囲気になってくるのがわかるはずです。

その雰囲気のイメージを掴むと女性の焦らし方が理解できます。

 

女性を見つめながら、お互いに近い距離で顔を近づけて話す。

 

ボディタッチもギリギリのラインです。

次第にそれを繰り返し、キスをする直前で顔を話したりなどを繰り返していると、女性の方からキスをしてくるようになります。

台湾の例ですが、僕もこのテクニックで相手からキスをさせることに成功しています。

参考:台湾にナンパ遊びしてきた【クラブでまさかの濃厚ベロチューを食らう】

 

キスをされたらホテルへGO

焦らしに焦らして最後は女性にキスをされたからと言って、すぐに自分もキスをしまくってはいけません。

男女関係は、最後まで焦らしです。

 

焦らし続けて女性が、もっと続きをしたいとなったらホテルを打診しましょう。

また、連れ出しの打診はすぐに行なってください。

 

だらだらとクラブ内でキスしたり、ゆっくり抱き合ったりしていては女性の気持ちがいつ冷めるかわかりせん。

 

質問

「ポルノさん、そこまで女性がキスをしてきてるんだから、逃げることはないですよ」

そう思うかもしれませんが、女性の気持ちはすぐに変わります。

瞬間湯沸かし器ぐらいにお湯が湧いて、急速冷却されるんです。

 

そのためクラブでいい感じになったらすぐさま一緒に外に出ることを打診しましょう。

 

詳しくはこちらのクラブナンパ完全版に書いてあるので読んでみてください。

参考:クラブナンパ完全攻略記【揺れる巨乳美女をマジで抱きたい男性へ】

まとめ

ここまでクラブナンパで女性から熱いキスをされる方法を書いてきました。

実際に女性達の中にはクラブでいい男がいれば、お持ち帰りされてもいいかなと思っている女性も多くいます。

純粋に音楽だけを楽しみに来ている層は2割ぐらいでしょうか。

 

それぐらいに僕ら男性にとってもナンパのチャンスがあるってことです。

ぜひここで話したことを念頭にクラブナンパをやってみてください。

あなたが美女をクラブでナンパして、最高の夜を過ごせることを楽しみにしています。

 

ではまた会いましょう。

一般公開できない。僕がモテた唯一の法則があります。

僕はナンパを開始して、たった7ヶ月で51人の女性を抱きました。

経験人数は100人を超えてからは、数えられていません。

 

ただ、元々僕は周りから「ブサイク!」と呼ばれるぐらい顔面に自信もなく、女性経験も乏しい状態でした。

極め付けは、非モテを悪化させて、会社にいた20歳の女の子に、以下のアピールをしまくりました。

・目がキョロキョロ泳ぎながら、ニヤニヤ話す
・話し出した瞬間に顔面が真っ赤になりオドオドし出す
・1時間の間に10回以上、何も用がないのに広末さんに話しかける異常行動
・帰る時は同じ時間を装って話しかけるでもなく、遠目で見つつ帰る
・他の女性には全く話しかけないし無口になる

完全に異常者でした。

結果的にその子は退職しました。僕が99.9%の原因です。

 

そんな女性との距離感が分からず、犯罪的な猛烈アタックをしていた僕が、モテるためにナンパを開始しました。

 

そして、僕はナンパを通して以下のような女性と出会ってきました。

・新宿某店でNo2のキャバ嬢
・佐々○希さん似の大学1モテる女子大生
・お嬢様学園の将来アナウンサー志望の清楚系Dカップ女子
・祖母が資産家の、金持ち152cmのロリ系20歳
・インリンオブジョイトイの娘?と思うほどの美女台湾人
・ほぼ有村○純の可愛すぎる保育士(園児の親から口説かれるらしい)

過去の自分が見たら、どれも腰を抜かして、「嘘でしょ・・・」と言ってしまうぐらいの綺麗な女性たちです。

そして彼女たちとはお金ではなくて、自分自身の魅力だけで、口説き付き合ってきました。

他にも、同時に女性3人と付き合ったこともあります。(疲れるのでやめましたが)

 

そして今回僕が、そんな過去の経験からモテる男になるための法則を電子書籍にまとめました。

 

お金もない、人脈もない、顔面も冴えない、足も短い、社会的地位もない、学歴もない(高卒)

何も持たない僕が、なぜ周りのお金を持ってる人やイケメンでも口説けない女性と付き合えたのか。

 

そのブログでは話せないモテるための法則を、全て電子書籍に載せたので、興味があればぜひ読んでみてください。

ストーリー形式なので、サクッと20〜30分で読めると思います。

→無料電子書籍「モテる男のつくりかた」を読んでみる