Twitterをピコピコ見ていたらこんなツイートを見つけました。

 

 

実際どのような経緯の話なのかは不明ですが、これはやばいですよね。

嫁を思っての行動がまさかこんなことになるなんて。

 

 

似たような話でこんなのもありました。

外部サイト:中田敦彦 方針変更!「良い夫」やめました

 

この話も上のツイートと同様。第三者から見てもいい夫であり、嫁思いの理想的な夫婦ですよね。

 

でも、それでも奥さんのフラストレーションは溜まりに溜まって最終的には離婚になる一歩手前にまでなっています。

嫁を思って行動をしている人の多くが上記の状況になっているんですね。

 

もうここまでくると世の中、世間一般的に恋愛を必修科目にして学んだ方がいいと思います。

 

優しい男は終わり

世の中の女性がどんな男性が好きなのか、話を聞くと必ずと言っていいほど上位に上がってくる優しい男性。

僕も女性とよく話す機会がありますが、約90%以上の女性が好きなタイプは優しい男性と答えます。

 

ただ、女性は優しい男性を求めているのにも関わらず、上記の例の嫁に尽くした男性達は他の男性に寝取られ、離婚され、絶望を味わっています。

あんなに俺は尽くしたのに、俺はお前のためを思っていつも・・・。と。

 

悔しいですし悲しいですよね。

女性が求めている理想の男性になったはずなのに何故か女性に飽きられて捨てられてしまうのは。

 

だから、ここではっきり言いますが、この記事を読んでいるあなたは優しいだけの男性にならないでください。

優しい男性である必要はありますが、優しさだけを持っていても女性からは捨てられてしまうんです。

 

常に不安定な男性

では、逆にです。

ここまで女性が求めている男性は優しい男性と話してきました。

ですが本当に、心の内から、本能で女性が求めている男性はどんな男性なのか。

 

はっきり言いますと、女性はただ優しい男性を求めていません。

女性が求めているのは、常に自分をドキドキさせてくれる男性です。

 

ここを理解してください。

安定を与えるなじゃなくて、不安定を与えてください。

 

 

例えば、あなたはお化け屋敷が好きですか?

ちなみに僕は大嫌いです、お化けとかそう言った類は嫌いですね。

 

では、このお化け屋敷ですが何で人が入りたがるのかということです。

ただの暗い箱で従業員or機械がウワッとしてくるためだけに、わざわざお金を払い長時間並んで、キャーキャー言いつつ回るんですよ。

 

恐怖が欲しいから?暗いところが好きだから?好きな人と抱き合えるから?

違いますね。

 

 

本当の理由は感情が揺れ動くからです。

簡単に、具体的に話すとドキドキするから。

 

 

それを求めて人はお化け屋敷に行きます。常にドキドキ感を求めているんですね。

 

逆にこのお化け屋敷も明るい電気がピカピカしていてお化けも丸見えで、何も仕掛けがない箱だったら楽しいでしょうか?

つまらないですよね。僕もそのお化け屋敷だったら普通に回れます笑

 

でも、人はそんなものは求めてないんです。ドキドキしたい。

そう思ってるからお化け屋敷へ高いお金を払って入るんです。

 

 

そして、この話を優しい男性に当てはめると簡単ですよね。

 

明るいお化け屋敷では何もドキドキしないですし、退屈。

暗いお化け屋敷は何が起こるか分からないからハラハラドキドキ、飽きない。楽しい。

 

多くの男性は、明るいお化け屋敷を頑張って目指していて、女性の感情を一切動かすことができていないんです。

 

相手が追いかける男に

ここまで読むと優しいだけの男性は無意味ですし、女性が飽きて逃げてしまう理由もわかってきてもらえたかなと思います。

 

それを踏まえて、女性が逃げない、逆に女性が男性を追ってくるようになるには、ドキドキ感、感情を与える男性になる必要があります。

 

サディストな男性、Sな男性がモテるのも、女性がドキドキする要素を含んでいるからですよね。

俺様キャラとか、強気な言葉、ヤンキーがモテる理由もこの要素です。

 

ただしここで要素が分かったからといって、明日からドキドキさせてやる!と。奥さんや彼女、女友達にやると確実に事故ります。

酷ければ「こいつ何いきがってんだよ」って言われかねないです。

最初ほど、どの程度の加減で行えばわからないからですね。

 

だから、ぶっちゃけ最短で、相手にドキドキ感を与えることができるためには多くの女性でテストした方がいいです。

世の中には本当にたくさんの女性がいます。その女性達と会話をすることで理解できるはずです。

女性がどんな男性を好きで、どんな男性を求めているのかを。

 

もちろんただ普通に話しているだけでは成長は少ないです。しっかりとここで話した要素を持って口説いてくださいね。

最初は嫌われてしまうリスクもあります。でもそこを恐れていたらいつまでたっても、優しい男性のままです。

 

優しい男性の末路は一番上に書いてあるように、常に相場が決まっています。

悲惨な未来を呼び起こさないためにも、ここでそのスキルを身につけましょう。

 

そして、与えるのはドキドキ感です。ここを常に念頭に置いてください。

 

PS

僕も正直ナンパを始める前は優しい男性を目指していました。

彼女のお願いはしっかり聞いてましたし、待ち合わせ時刻にもきっかり5分前には到着し待つ。(ここは仕事の影響かな?笑)、デート中も常に彼女を気遣ったりなど。

今思えばくそ退屈な男でしたね。冗談の一つも言うことができてなかったので。

そりゃ振られるわと笑

 

だからこそ、ここであなた自身には同じ過ちをしてほしくないですし、成長の機会があるなら女をしっかりと口説ける男性になってください。

今がダメでも明日は違った自分になれます。

悲しい男性が増えないように。