どうも、ポルノです。

 

最近ナンパのコンサルだったり、単発のナンパ講習をやっていて感じたことがあります。

 

それが、みんな美女に声をかけに行かない!!ということ。

 

ナンパをやっていて美女を抱きたくてナンパを始めているのに、
なぜか美女に声をかけに行くことをためらってしまう人たちです。

なぜ?行かないんだと思ってしまうのですが、どうやらその美女に声をかけにいかないことは初心者なりの心理的ブロックがあったようです。

 

美女が目の前にいて声をかけない時に思うのが

「まだ無理そう、緊張するし実力がついたら行く!」みたいな心理的ブロックです。
僕からすると、勿体ないと思ってしまいます。

 

 

実力をつけるのはいいこと。でも美女は関係ない

実力をつけるのはナンパをやる上でかなり重要です。話ができなければ連れ出した時や会話が始まった時に何も話せなくなることも少なからずあります。

 

でも、このナンパの実力は徐々に確実に上がっていきます。

 

流石に童貞がいきなり一流のトップモデルに話しかけて連れ出してセックスができるほど甘くはないですが、それでも美女に行くことを諦めて欲しくないんですね。

 

話しかけることであれば、誰でもできるわけです。

 

ナンパの利点はそこです。

街を歩いている女性であればどんな人にでも声をかけていいんです。
それが女優だろがモデルだろうがOLだろうが全部一緒です。

好みだと思った女性に声をかけることは一切問題はありません。
上級者だから凄腕だから、初心者だからと声をかけることに関しては何も制限はありません。

 

そして、伝えたいのは、いつまでも美女に行かないと、覚えることが圧倒的に少なくなります。

 

美女に声をかけることで感じる。

実際に美女に声をかけることで感じることがあります。

 

多くの場合美女に話しかけても、
簡単に振り向いてはくれないので負けることや失敗が多くなると思いますが、
それでも声をかけなければ何が起こるのかわかりません。

会話が少しだけ続くのかもしれないですし、また下手すると連れ出しもサクッと決まるかもしれません。

 

 

僕も同じような経験はあります。

 

ナンパを始めたてで、そこまで日が経っていない時に、
渋谷でスーパーモデルレベルの女性が歩いているのを発見しました。

髪はロングの金髪で若干メッシュ、身長は175センチぐらい、
すらっとしたモデル体型でブランド物のバッグにヒール。堂々した歩調など。

 

なんか色々オーラが凄すぎて誰も話しかけてなかったんですね。こんなにも美女なのに。

 

ちなみにその時の僕は見た瞬間迷わず話しかけました笑

躊躇なく。

 

正直僕のあの時のレベルでナンパしても難しいことはわかってました。

でも、この場面でチャレンジしないことには、何も得ることはないんです。

 

 

実際にこの時も、そのモデルの女性に話しかけると意外にも会話は続いて連れ出しができるか否かまでいきました。

 

正直あと少しだったので死ぬほど悔しかったのを覚えています。
ただ連れ出したとしてもぶっちゃけその後は無理だったでしょうけど笑

 

しかしここで話しかけたことは、僕自身の学びともなりました

 

話しかける時には堂々と。
どの女性にも変わらずの態度で話しかけることで無理だと思っていた女性もナンパできると。

反省点としては美女はやはり会話の主導権を取るのが強かったので、
そこを取り返すぐらいのマインドで挑むことなど。

 

話しかけることで得ることができることが大いにあるということです。

 

 

成長は手の届かないところを目指す。

実際に成長のためと思わなくても、
美女がいて好みだと思ったらどんどん声をかけるべきです。

 

成長をするのであれば、ずっと同じような女性(言い方が悪いですが)、
簡単な女性ばかりを狙うのではなく、落としたい女性。

本当に好みの女性がいたら迷わず声をかけてください。
自分が成長したら、自分が上手くなったらでもいいですが、
それでも上手くなるにはそこまでの失敗が必要となります。

 

美女に声をかけることで、得ることは大いにあるんです。僕の例でも言っている通り、美女特有の主導権をとっていくなど普通の女性ではなかなか知り得ない知見です。
それも勇気を持って美女に話しかけたから知ることができました。

 

自分の実力ができてから話しかけようと思うのではなく、多少手が届かないと思った女性にも果敢にアタックしていってください。

実際にその繰り返しで普通の人よりも何倍も進化していく結果に繋がりますので。

 

PS

ハロウィンナンパで連れ出して負けたPoliceコスプレの美女がいたのですが、
無事アポが決まり準即してきました。

参考:ハロウィンナンパで切れた糸。出会った美女。それでも俺らは諦めない

わざわざ横浜まで行った甲斐があるぐらいに可愛かったですね。

 

アポは駅に近いカフェっぽいところでしたが、注文ミスって僕のだけが可愛いやつ笑

ハロウィンで連れ出した時にも十分話していたので、
今回は悪共有など十分使って会話を盛り上げてました。

 

その後50分ほどで店を退店しハンドテスト。

ポルノ「冷えるから繋いどこ。」
彼女「うん・・・。」

 

そのままホテルクロージングし、無事準即。

 

セックスが終わってから思いましたが、この子は結構自分の価値がわかってる小悪魔でしたね。
世の中の女性の中でも、自分が可愛いとわかっていて、かつある程度の男を遊んできた感じです。

 

ちなみにホテルでセックスしている時に「私、えっちぃ・・・?」とか聞いてきた時は、普通に興奮しました笑
行為後も、「私とセフレの子、どっちが可愛い?」とか聞いてくるので、
多くの男性はこういう女性に虜にされているんだろうなあと感じます。

 

まあ、こうやって冴えない僕でもナンパでこんな可愛い子を抱けるのには本当に夢がありますね。
そして、どんな時でも可愛い子や美女に果敢にアタックしている男が、最終的にいい女を抱けるということです。

僕でもできているので。

 

・・・というただの自慢になっちゃいましたね笑