台湾ナンパ観光もラスト1日。

 

2日目や3日目も割と楽しんだし、最終日はフライトの関係もあるので、特にがっつりナンパをすることはやめて純粋に台湾を楽しむことにした。

もしまた来たいとなったら、休みを取ってくればいいので。

台湾までは日本から飛行機で約3時間ぐらいなので沖縄に行くのと対して変わらない。

入国審査だけ少々めんどくさくなるが。

 

沖縄に行くのであれば、台湾の可愛い女性たちに会いに行くのもありだろう。

 

ちなみに最終日のフライトは深夜の1時頃。

1日台湾を観光して、思い残さず台湾を旅して帰るつもりだ。

 

台湾ナンパ旅行

 

台湾でのナンパ納め

昨日と変わらず日中はぶらぶらして、昨日とは違うマッサージ屋に行ったり公園でのんびりと過ごした。

その後は、屋台の飯を食べたりする予定だが、正直観光らしいことが何もない笑

 

友人と公園をぶらぶらしていると、公園の外の歩道にめっちゃ綺麗な女性が歩いているのを発見。

見つけたら声を掛けない訳にはいかないので、「少しだけ行ってくる」と友人に残して、早足でその子の元へ行きナンパ。

 

話しかけると、やっぱり反応がいいのでそのまま和む。

近くで見ると顔が小さく造形も整っていて、さらに美脚w

 

とりあえずLINEを交換して少し話す。

仕事は何をやってるのか聞くと、アイドル?という単語が聞こえてきた。

もっと深掘りしたかったのだが英語力もないので、とりあえずグレイト!と答えて次回台湾に来た時に会う約束をしてお別れした。

 

正直最終日なので、今回の旅行ではアポを組むことができないが、今後また台湾に来た時には会いたいものである。

(服装は結構地味だった笑)

 

友人がいる公園に戻り、近くの遊具で遊んだりして昨日のJDとのデートへ向かった。

 

 

駅で待ち合わせて、JDと会うと昨日よりも少し地味目な服装になっていた。

 

彼女の勧めで台湾スイーツを食べることにした。

ice monsterと呼ばれる日本の表参道にもあるかき氷屋さん。

台湾でも人気のようで店はかなり混んでいた。

 

一番オススメのマンゴーかき氷を頼んで食べたがかなり美味しかった。

フアフアのかき氷にマンゴーがかなり合う。

 

彼女と色々話して、今度彼女が日本に来た時には案内してあげる話をして、バイバイした。

かき氷はせっかく台湾にきてくれたからということで奢ってもらった。

いいJDだ笑

 

台湾の夜市

デートを終えて友人と合流し、台湾の有名な祭り?である夜市に行った。

駅から降りたらすぐにお祭りぐらいのすごい人。

 

人が多いが、中に入っていくと本当に日本のお祭り感が漂う。

結構美味しそうだが衛生面が若干怖いw

色々な屋台があってご飯だったり遊ぶレクリーエーションもある。

 

友人が的当てをやってみたが、全然当たらない。

元野球部の僕もやってみるが全く当たらない。まあ女性はヒットしたからいいかと謎の納得。

 

歩いていくと面白いお土産があったので、友人が友達に買っていくとのこと。

よく見るとかなり精巧w

今気づいたが、このお菓子を女友達とかセフレに渡して食べさせたら絶対に面白いことなるなと笑

 

猫がいたが、めっちゃ可愛い。

置物かと思うほどに動かない。

 

有名なまんじゅうを食べたり、また小籠包を食べて台湾の夜を満喫した。

夜市で飲んだり食べたりしていたら、割と時間が経っていたので余裕を持って空港に向かった。

 

散々食べたのだが、空港で腹が減って台湾最後の飯。

意外にうまかった。

 

こうして僕の3泊4日の台湾ナンパ旅が終了した。

台湾ナンパ所感

今回はがっつりとナンパではなかった。ナンパ師ではない友人との旅行なので、観光も普通にした。

 

そのためストリートナンパは観光のない時にやったが、基本的に台湾人のナンパに対する反応はかなりいい。

ストリートでナンパをしている人もいないし、話しかけてくる人もいないために路上は完全なブルーオーシャンである。

 

だいたい話しかけた女性はLINE交換にも応じてくれるので、個人的には日本でナンパができれば台湾でも簡単にナンパができると思う。

可愛くて美脚の子も多いのでナンパ自体もめちゃくちゃ楽しい。

台湾で英語力は必要か

僕が話した限りでは中国語しか話せない女性はおらず、ほとんどの女性が英語で話ができた。

 

ただ僕に関して、英語力が乏しくgoogl翻訳などを使ったりで何とかLINE交換やアポを行う感じ。

英語が話せればもっと楽になるだろうが、英語が流暢でなくても美女をクロージングすることはできた。

英語ができなくても、頑張ってみてほしい。言葉に頼らなくてもゲットはできる。

 

 

また、ちょっと運要素的なものもあるが、クラブであれば言葉もストリート以上に必要ないので、本当に英語力が厳しい場合はクラブに絞ったナンパでもあり。

クラブナンパも基本的にそこまで冷たい反応はなく、日本のクラブで慣れていればいい女性をゲットできるはず。

 

もちろん英語が使えたほうがいいので、台湾で本当に美女をゲットするなら少しだけ練習しておこう。

ちなみに僕はオンラインの英語で少しだけ学んだ。

参考:外国人をナンパする方法!英語力がなくても金髪美女をナンパできる!

 

観光はないが女性が素晴らしい国

独断と偏見100%だが、観光名所は中国人や日本人が多く、あまり楽しくはなかった。

だが台湾の女の子は非常にいい子達だった。可愛いし性格もいい。

 

海外でナンパをすると話すと少々おかしいと思うかもしれないが、僕が思うには海外でナンパができると更に海外での楽しみが増えると思っている。

僕も以前までは普通に海外の旅行も楽しんでいたが、現地の人と深く仲良くなることはほぼ無かった。

そもそも人と話すことが苦手だったのもあるが。

 

でもナンパを始めてからは、よりその国のことを知ることにもなったし、何より海外の可愛い子と関わりが持てることが楽しい。

もちろん海外の女性とのセックスもあったほうがいいが笑

 

個人的には今回の台湾旅行は楽しかったし、台湾はまた遊びに行こうと思う。

ホテルも安かったし航空券も時期を外せば簡単に取れる。また台湾に行ってクラブ遊びしてもいいし、小籠包を食べてもいいし、美女をナンパしてもいいし笑

 

総括として今回の台湾ナンパは最高だったので、機会があればまた遊びに行きたいものである。

 

台湾ナンパに関してはこちらにまとめました。

参考:台湾でナンパをしてきたので良かった点など全て話そうと思う

 

PS

最終日にLINE交換した女の子は、いまだに繋がっているのでいつか会いたいものですね笑

あけおめしたら、動画付きを送ってくる可愛さですw