台湾旅行2日目の朝。

昨日はクラブに行ったが特に何もなく終わった。

今日も一応クラブに行く予定なので、確実に成果は残したいところである。

 

 

隣で寝ている友人がまだ起きないが、一足先に起きて朝食を食べることにした。

台湾名物みたいなものを食べたかったが、普通の朝食だった。

朝食を食べ終えて部屋に戻ると、友人も起きていた。

今日の予定も何も決めてない。

 

というよりも台湾に来て、予定は何一つ入れていない。

しいて決めているとしたらクラブで遊ぶぐらいの予定。

 

 

ちなみに友人に今日は何をするのか聞いたら、ネトナンで知り合った日本人女性と会ってくるとのこと。

 

昨日台湾に着いて速攻でお互いにtinderを始めたのだが、そこで知り合った日本人女性が台湾を案内してくれることになったので、デートしてくるらしい。

 

ストリートナンパはできないが用意周到である。

そうなると、本日の僕の予定が決まった。

ゆったりと台湾を満喫してナンパをすることにした。

 

男2人の旅行で、片や日本人女性に会いに行き、片やナンパをする予定に決定。

 

着替えを終えて友人と街へ出る。

友人はそのまま日本人女性が待つエリアへ遊びに行った。

 

街はいい天気である。

まだ人は少ない。

 

 

ひとまず近くにいた美脚の女性に声かけ。朝なのも相まって反応がいい。

そのままLINEゲット。

 

 

ぶらぶら歩きつつ、昨日LINEを交換した女性たちにメッセージを送る。

一通り送ると反応がいい返事が返ってきた。

 

昨日のクラブでベロチューをしてきた女性だ。

参考:台湾にナンパ遊びしてきた【クラブでまさかの濃厚ベロチューを食らう】

 

LINEのラリーがぽんぽん進むので、もしかしたら当日アポが組めるかなと思いアポ打診。

するとすぐに「今日は休みだから大丈夫だよ。」と連絡が来て、今日の夜にホテルの最寄り駅で待ち合わせとなった。

 

ひとまず台湾に来て初アポが決まったので、嬉しい。

あとは準備をして確実にゲットしなくては。

 

街を回りながら、約1時間ちょっとで4LINEぐらいゲット。

 

男にナンパされる!?

ぶらつきつながらカフェでも行こうと思っていると、突然台湾人の男性に話しかけられた。

男に話しかけられることなんてキャッチか、変な勧誘しかない。

 

すぐに逃げるわけにもいかないので少し話す。

すると僕が台湾観光している人だと知り、彼が台湾を案内してくれるとのこと。

 

 

少々怖かったが興味本位でついていくことに。

(今思うと変なやつだったら高額なチップでも要求されていたかなと思う。)

 

ちょうどお腹も減っていたので、美味しいご飯が食べたいと話すと、近くにうまいところがあるから教えてやるよと。

そのまま彼と話しながら飯屋へ向かう。

 

彼は現役でパイロットをしており英語は流暢。

日本にも来たことがあるらしい。

 

 

案内されて店に着くが、めちゃくちゃ汚い。

とりあえず席に座ってオススメを一つ注文。

彼は何も注文していない。

 

僕が食べるのを見ているのだろうか笑

 

結局ラーメン?が来て僕だけが食べることに。

彼とは仕事のことだったり、台湾のおすすめのクラブや台湾人女性のことについて話す。

やはり女性の話は万国共通である。

 

昨日のクラブでベロチューをされた話などをしてお互いに盛り上がる笑

彼もクラブ遊びを結構しているそうで話も合った。

 

ラーメンも食べ終え、お礼を言い街へ戻った。

 

店の看板には酒井法子の写真が飾ってあった。めちゃくちゃ綺麗。

飯を食べたらゆっくりしたくなったので、一旦宿に戻ることに。

宿に戻り、近くのカフェで仕事をしていたらアポの1時間前になった。

 

シャワーを浴びて服装を整えて、日本から持ってきた英語の本でアポ前の勉強をすることにした。

外国語で女性を口説く本である。ブックオフに売っていたので興味本位で買ったが意外に面白い。

 

ちなみに台湾のクラブに行ったりと楽しんでいるが、僕の英語力は本当に低い

高校3年生で英検5級を落ちているレベル。あまり自慢できる結果ではないな笑

 

本を読んでとりあえず今日言うセリフを決めた。

 

今日のアポの際、ホテルオファーをするときに『Id like to spend more time with you』(あなたともっと一緒にいたい)を使うことにした。

 

ベロチューの女とアポへ

時間も頃合いだったので早速アポへ。

アポは近くの駅で待ち合わせ。

 

待ち合わせ場所に行くと5分ほど遅れて彼女がやってきた。

 

昨日はクラブで会った時は可愛かったと認識していたが、会ってみると普通だった。

合流してホテルの裏にあるカフェに行く。

 

なかなかにおしゃれなカフェだが台湾感が一切ない、普通のカフェ。

 

あと彼女の服のデザインが面白い。誰の成長期だw

 

彼女は台湾の大学に通っているJDとのこと。

日本にも多少興味があるようなので、日本の話や台湾の話をする。

お互いの国の話は割と鉄板。

 

 

カフェでの料理。

知らずに頼んだら意外にがっつり笑

 

彼女との話を進める。

だが英語だと、どうしても相手の話の深堀が難しい。

深堀をしようとしても、単語や発音がわからずに会話が少し止まってしまう。

 

だからこそ基本に立ち直り、ノンバーバルを意識し恋愛話を中心に話す。

恋愛に関しては難しい単語もいらないし、一番相手の感情に入っていきやすい。

 

 

クラブでいい男はいたのかだったり、好きな人ってどんな人とか。

割と日本人のアイドルも知っているようでその辺の話も盛り上がった。

 

話している感じの距離感も近かったので、一気に決めるべくタイミングを見て相手の隣に突然座る。

もちろん相手も恥ずかしがってるが嫌な感じはなかったので、そのままカフェ内でいちゃつく。

 

やっぱり近くに座るとわかるが、台湾の女性は本当に肌が綺麗。

日本人ほど毛の処理が完全ではないが、それでも肌が綺麗なので許容範囲。

 

近くで密着しながら会話していると、ちょいちょいサインも確認できたので、十分と判断して店をでる。

 

 

店を出ると、すでに自分のホテルが目の前なので後はオファーをするだけだ。

ただ、ここでオファーのセリフを完全に忘れてしまった笑

 

 

まあセリフにこだわることもないので、とりあえず

「俺の泊まってるホテルココなんだけど、めっちゃ景色いいよ、見ようよ」

と言ってホテルに誘う。

 

 

JDも笑いながらついてきてくれた。

 

エレベーターに乗って、ホテルへ。

 

フロントを通る時に女性を連れ込んでいいのかと改めて思ったが、フロントのおっちゃんはニヤニヤしてて何も言ってこなかったw

 

 

ホテルの部屋に付きお互いベッドに座って早速ギラつく。

ここでグダグダしているとチャンスを逃してしまう。

 

キスをするとすぐに相手も受け入れてくれ、昨日と同様にベロチューになった。

 

 

濃厚なベロチューを交わしておっぱいを触るもノーグダ。

あまり大きくはないが形はいい。

 

おっぱいを触りながら下も触ろうとすると、ここでグダ。

 

形式グダかなと思って一旦引くと、まさかの生理グダ。

よくわからなかったが、bloodの単語が聞こえたので生理だと思う。

 

俺は血なんて気にしないよと話すも頑なに生理グダで先へ進めない。

 

仕方ないので、彼女に少しだけ自分のちんこを触らせてみると、そこは普通に触ってくれる。

結構ノリノリで触ってくるw

 

そのまま触らせて、少しだけ舐めてくれと言うと、OKとのこと。

ズボンを脱ぎ、彼女がちんこを咥えて、ジュポジュポと音を立てるフェラが始まった。

見た目は普通なのにフェラだけが異様に上手い。

 

結局生理グダでこの後のセックスは無理だったのもあり、彼女のフェラでイってしまった。

ナンパ師としてはどうなのだろうか笑

まあ気持ち良かったからあり。

 

 

フェラが終わって、部屋でお互いに話していると友人からLINEがきた。

「これからホテル戻っていい?ラブホなかったから向かっちゃってる」

とのこと。

 

友人もやることはやっているw

急いで服を着て、片付けを済ませて部屋から出る。

 

部屋から出てエレベーターのボタンを押して待っていると、エレベーターから友人と女が出てきた。

めちゃくちゃギリギリ。

お互いに女がいたので、知らないふりをして通り過ぎる。

 

友人はそのままホテルの部屋に入っていき、僕は駅で彼女とバイバイした。

 

 

友人のセックスが終わるまで近くの本屋に行ったり、屋台で飯を食ったりナンパをしながら待つことに。

 

1時間ほど経った頃に友人からセックスが終わったと連絡がきたので、ホテルへ戻った。

 

 

ダブルベッドで続けざまに女2人が寝たと考えると衛生面はよくないかもしれないが、仕方ない。

 

予定ではこの後もクラブに行く予定だったが、意外に疲れていたのでクラブは明日にして今日は休むことにした。

お互いに射精してしまっているため、性欲もまだ上がってこない。

 

ベッドで寝ながら僕もtinderを回したり、今日LINE交換した女性にメッセージを送ったりしながらゴロゴロする。

すると今日ストリートナンパでLINE交換したJDが明日の夜なら会えるとのこと。

 

早速明日の夜にアポを取り付けて、就寝した。

 

3日目の台湾の記事はこちら

3日目:台湾ナンパで美女ゲット【セクシー美脚ともち肌を堪能!?】

 

 

ポルノ独自のナンパ理論ノウハウはこちらからどうぞ。

参考:ナンパ大全【あなたがすれ違った女性と”50分以内にセックス”を可能にするたった1つの戦略】

 

 

一般公開できない。僕がモテた唯一の法則があります。

僕はナンパを開始して、たった7ヶ月で51人の女性を抱きました。

経験人数は100人を超えてからは、数えられていません。

 

ただ、元々僕は周りから「ブサイク!」と呼ばれるぐらい顔面に自信もなく、女性経験も乏しい状態でした。

極め付けは、非モテを悪化させて、会社にいた20歳の女の子に、以下のアピールをしまくりました。

・目がキョロキョロ泳ぎながら、ニヤニヤ話す
・話し出した瞬間に顔面が真っ赤になりオドオドし出す
・1時間の間に10回以上、何も用がないのに広末さんに話しかける異常行動
・帰る時は同じ時間を装って話しかけるでもなく、遠目で見つつ帰る
・他の女性には全く話しかけないし無口になる

完全に異常者でした。

結果的にその子は退職しました。僕が99.9%の原因です。

 

そんな女性との距離感が分からず、犯罪的な猛烈アタックをしていた僕が、モテるためにナンパを開始しました。

 

そして、僕はナンパを通して以下のような女性と出会ってきました。

・新宿某店でNo2のキャバ嬢
・佐々○希さん似の大学1モテる女子大生
・お嬢様学園の将来アナウンサー志望の清楚系Dカップ女子
・祖母が資産家の、金持ち152cmのロリ系20歳
・インリンオブジョイトイの娘?と思うほどの美女台湾人
・ほぼ有村○純の可愛すぎる保育士(園児の親から口説かれるらしい)

過去の自分が見たら、どれも腰を抜かして、「嘘でしょ・・・」と言ってしまうぐらいの綺麗な女性たちです。

そして彼女たちとはお金ではなくて、自分自身の魅力だけで、口説き付き合ってきました。

他にも、同時に女性3人と付き合ったこともあります。(疲れるのでやめましたが)

 

そして今回僕が、そんな過去の経験からモテる男になるための法則を電子書籍にまとめました。

 

お金もない、人脈もない、顔面も冴えない、足も短い、社会的地位もない、学歴もない(高卒)

何も持たない僕が、なぜ周りのお金を持ってる人やイケメンでも口説けない女性と付き合えたのか。

 

そのブログでは話せないモテるための法則を、全て電子書籍に載せたので、興味があればぜひ読んでみてください。

ストーリー形式なので、サクッと20〜30分で読めると思います。

→無料電子書籍「モテる男のつくりかた」を読んでみる