台湾でナンパをしてきたので良かった点など全て話そうと思う

 

どうも、松永です。

台湾にナンパをしてきた話をコンサル生や友人にも話したら「めちゃくちゃ楽しそう」などの感想をいただきました。

そして台湾人女性ってどう?ナンパできる?クラブとかどう?など様々な意見も頂いたので、台湾のナンパ事情、やり方、クラブの回り方、オススメクラブなどを全てまとめて話します。

 

あまり日本にいると実感しませんが、海外に行くとナンパをやっていたことがマジで良かったと思えますね。

可愛い女性に話しかける際に一切抵抗がないので、海外でも普通に知り合えないような女性と知り合えます。

 

また英語が少々たどたどしくても、ナンパの振る舞いさえ覚えていれば、えっちまで到達できますしね。

ちなみに僕ももう少し語学力さえ持っていれば、結果はまた違ったかなとも思ってますね。

 

では、順に台湾のナンパ等について話していきます。

台湾人女性の実際

台湾に行ってわかりましたが、簡単に一言で言うと台湾人女性は可愛い。

大事なことなのでもう一度言います。

台湾人女性はめちゃくちゃ可愛いです。

 

日本にいる女性も可愛いのですが、イメージで言えば日本の地方にいる女性達に近い感じです。

変にスレておらず素の可愛さがあるような女性が多くいます。

 

実際にナンパをしてきた感想としては、台湾で女性に話しかけたらほとんどの確率でLINE交換ができてしまいます。

できなかった女性の方が少ないくらいにLINEは教えてくれるので、しっかりと関係性を構築できればアポまではすんなりとできます。

ちなみに街を歩いていると可愛い女性も多いですが、クラブに行けば本物の美女がうようよいました。

こんな感じですね。

引用:https://disc-j.net/enjoy-club/14282/

エロい服装の女性が多かったです。

台湾女性はスタイルがヤバイ

台湾人女性ってなぜか皆スタイルが異常に良かったです。

足が細いのに巨乳とかが多いですね。また足が太い子も少なく、多くの女性が美脚をあらわにしてました。

 

さらに台湾女性は、スタイルの良さと合わせて年齢がかなり若く見えます。

20歳くらいかなと思ってLINE交換した女性も笑いながら32歳だよ〜と話してくれました。

意外に30歳近かったりした女性でも肌がピチピチで童顔な女性が多く、何か薬でも打ち込んでいるじゃないかと思いたくなるほど。

童顔なのにスタイルがえげつなく、さらに肌がすべすべ。

もう台湾人は神ですね

台湾のナンパ事情

先ほども話した通り台湾ではストリートナンパの反応率が高いので、女性に話しかけられるレベルの人であればLINE交換まではすぐにできるはずです。

 

基本ストリートナンパをやる人はいないので、街中で声をかけていれば美女がスッと現れてナンパで連れ出すことも可能です。

ちなみに台湾で話しかける時には、僕はハローから入ってました。

そこから「靴綺麗ですね。」とか、「旅行で来てます。」などをスタンダートに使っていました。

 

ロストアプローチとか、日本でやるようなアプローチをせずとも割と普通のナンパでも問題ありません。

怪しさを無くし、堂々と話しかければ確実にオープンします。

参考:ナンパのやり方!歴7年のナンパ師が成功させまくった究極の声かけ術!

 

台湾ではネトナンも

僕自身は少しだけやったのですが、tinderなどの出会えるアプリですね。

友人は台湾について速攻でtinderをぶん回して日本人女性と会うことができています。

彼は、台湾人女性よりも日本人の方が話せるから楽しいわって言っていましたが笑

 

海外でネットを使って出会うのもやはりメリットがあります。

ストリートと比べてネットであれば、移動中や休憩中にもぽちぽちやれば、その間にアポを決めたりと出会うことができるので。

 

ベッドに横たわりながらtinderをぶん回して、マッチしたらやり取りをして会うこともできます。

僕も今回の旅ではtinderは移動中などをメインにやっていました。

ただやはりストリートと比べると楽しさは下がりますね。

 

またネットのデメリットとしては、出会うまで相手が本当に可愛いかわからないってことです。

 

どんなに写真が可愛くても、実際に会ってみると化け物ということが日本では同時多発的に様々な場所で起こっています。

 

そのためネットをやる時には、ダメ元で会ってみる覚悟が必要ですね。

個人的にはやはり現実的に会えるクラブやストリートナンパの方が好きです。

 

台湾の観光に関して

正直台湾にナンパをしに行く人よりも観光に行く人の方が多いと思いますが、個人的には観光はもういいかなって感じです。

見所も台北101と九份を見たら、もう満足でした。

それよりもクラブに遊びに行きたい欲が強かったですね笑

 

見所としては他にもあるのかもしれませんが、台湾ではクラブとストリートナンパ一本で満足できました。

僕の友人もずっと日本人女性とデートしており観光はしていないらしいです。

台湾の夜市は?

個人的には夜市は楽しかったですね。日本のお祭りのような感じだったので色々楽しめました。

屋台の飯も安くて旨いものが多かったです。

 

また夜市では日本人女性達をそこそこ見かけました。

肉饅頭を食べながら日本語で「あっつー」とか喋っていたので。

台湾に来て日本人女性をナンパする人は夜市などでもいいですね。

 

海外で日本人をナンパすると日本でナンパするよりも反応はよくなりがちです。

台湾のクラブ

台湾のクラブ事情です。

韓国の時も加味して海外のクラブはどこも総じてかなり楽しいです。

参考:韓国美女と出会うために行ってきた〜韓国ナンパ旅行1日目〜

 

日本のように男9の女1の状態ではなく、だいたい同じくらいの比率で美女も多いです。

ドリンクも日本ではワンドリンク制ですが、台湾のクラブはグラス交換でお酒が飲めるのも魅力的ですね。ただしおかわりをもらう場合には結構並びます。

 

クラブでは僕の友人も1人でガンガンナンパをしていたので、クラブに入ってお酒を飲んでしまえばナンパのハードルは日本とあまり変わらないです。

むしろ日本よりも簡単に話せます。台湾が親日国と言われている所以ですね。

参考:台湾クラブナンパまとめ【台湾美女と楽しめるクラブを完全解説】

 

良かったクラブ

一番はelectroが楽しかったですね。

他のクラブも行ったのですがテラスがあったり女性の質を見てもelectroが一番です。

 

人もそこそこいい感じで話すスペースもあり、美女もいる。

美女をお持ち帰りできなかったのは悔しいですが。

エレクトロはこんな感じです。

 

ちなみに結構多かったのは、台湾のクラブで遊んでいる女性はグループで来ている女性が多いってことです。

ナンパした女性たちも2人で来ているペアは少なかったですね。

ほとんどが誕生会や大学の友人、職場の人などで男も女も一緒のグループでした。

 

台湾と日本ではクラブへの遊び方が少しだけ違っています。

日本は2人や少数で踊ったりする場ですが、台湾だとクラブはパーティーをする場所という認識です。

 

そのためクラブで即るよりもLINEを聞いておいて、後日会った方が成功確率は高いですね。

ただナンパをやってる身としては、即日のセックスを狙いたいところです。

台湾1日目:台湾にナンパ遊びしてきた【クラブでまさかの濃厚ベロチューを食らう】

 

台湾の風俗もいいらしい

今回はお邪魔していないですが、台湾の風俗も結構いいらしいです。

 

友人曰く顔のレベルは少し劣るけど日本よりもいいとのこと。

友人が行ったのは変なマッサージ屋で後ろから女の子がゾロゾロと出てきたところ。(僕は逃げましたw)

 

日本語を喋るおばちゃんが、このこ可愛いよとか話していました笑

風俗は専門外ですが、もし興味があったら行ってみてください。

総じて夜遊びが楽しめる国

ナンパ師の視点で話してきましたが、台湾はナンパするなら最高の街ですね。というより日本も最高ですが海外ナンパは総じて楽しいです。

女性に話しかけた時のオープン率だったり、日本にはいないタイプの美女も多く、ナンパさえできれば充実した海外旅行を送れると思います。

 

これからあなたも台湾に行った際にはクラブ遊びに行ってもいいですし、夜市でデートをしてもいいですし、台湾を満喫してください。

ちなみに治安も良かったです。

まとめ

ざっと今回行った台湾について振り返りました。自分自身初の台湾でしたが、思ったよりもかなり楽しめました。

友人も日本人とのデートで満足だったようです笑

お互いに女遊びしかしていない旅行ですが、たまにはこんな旅行もありでしょう。

 

ぜひあなたも台湾に行くことがあれば、ストリートナンパに挑戦して可愛い台湾人女性をゲットしてみてください。

世界が一歩広がります。

 

では、また会いましょう。

 

 

 

台湾ナンパ旅行

 

一般公開できない。僕がモテた唯一の法則があります。

僕はナンパを開始して、たった7ヶ月で51人の女性を抱きました。

経験人数は100人を超えてからは、数えられていません。

 

ただ、元々僕は周りから「ブサイク!」と呼ばれるぐらい顔面に自信もなく、女性経験も乏しい状態でした。

極め付けは、非モテを悪化させて、会社にいた20歳の女の子に、以下のアピールをしまくりました。

・目がキョロキョロ泳ぎながら、ニヤニヤ話す
・話し出した瞬間に顔面が真っ赤になりオドオドし出す
・1時間の間に10回以上、何も用がないのに広末さんに話しかける異常行動
・帰る時は同じ時間を装って話しかけるでもなく、遠目で見つつ帰る
・他の女性には全く話しかけないし無口になる

完全に異常者でした。

結果的にその子は退職しました。僕が99.9%の原因です。

 

そんな女性との距離感が分からず、犯罪的な猛烈アタックをしていた僕が、モテるためにナンパを開始しました。

 

そして、僕はナンパを通して以下のような女性と出会ってきました。

・新宿某店でNo2のキャバ嬢
・佐々○希さん似の大学1モテる女子大生
・お嬢様学園の将来アナウンサー志望の清楚系Dカップ女子
・祖母が資産家の、金持ち152cmのロリ系20歳
・インリンオ○ジョイトイの娘?と思うほどの美女台湾人
・ほぼ有村○純の可愛すぎる保育士(園児の親から口説かれるらしい)

過去の自分が見たら、どれも腰を抜かして、「嘘でしょ・・・」と言ってしまうぐらいの綺麗な女性たちです。

そして彼女たちとはお金ではなくて、自分自身の魅力だけで、口説き付き合ってきました。

他にも、同時に女性3人と付き合ったこともあります。(疲れるのでやめましたが)

 

そして今回僕が、そんな過去の経験からモテる男になるための法則を電子書籍にまとめました。

 

お金もない、人脈もない、顔面も冴えない、足も短い、社会的地位もない、学歴もない(高卒)

何も持たない僕が、なぜ周りのお金を持ってる人やイケメンでも口説けない女性と付き合えたのか。

 

そのブログでは話せないモテるための法則を、全て電子書籍に載せたので、興味があればぜひ読んでみてください。

ストーリー形式なので、サクッと20〜30分で読めると思います。

→無料電子書籍「モテる男のつくりかた」を読んでみる