どうも、ポルノです。

 

恋愛業界で爆発的に売れているwoman master projectを発売し、自分自身もスカウト経験を元に有り余るほどの美女を抱いている後藤考規さんについて今日は話します。

僕自身、後藤さんのブログや教材を血眼になりながらチェックした結果、ガチで美女からモテる人だと理解しました。

 

だからこそ今日は僕が『後藤さんの評判を含めてどんな人なのか。』『後藤考規さんは何が優れているのか?』『そして彼の学べる点は?』などあなたが疑問に思う全てをこの記事で解消していきたいと思います。

僕も後藤考規さんのスカウトと同じく道端の女性に声を掛けるナンパを4年以上新宿に住んで活動しているので、より噛み砕いてわかりやすく話します。

 

そして後藤考規さんを学ぶのであれば、圧倒的な美女を抱くことを目標にしている人が適していると感じた僕なりの理由も解説します。

普通のOLや普通の大学生の女性を狙うのであれば、後藤考規さんから学ぶ必要は一切ありません。

理由もこれから話していきます。

そもそも後藤考規さんとは

後藤さんは現在、大阪で飲食店を経営をしながらモデルの奥さんと息子さんと一緒に暮らしているそうです。

 

元々後藤さんは身長が低く男子校だっためずっと非モテで、21歳の時に童貞を卒業。

その後留学のために渡米。そこで様々な心理学や有名なNLPを学び帰国。

帰国してから留学の経験を生かすのではなく、スカウトの道へ。

理由は女性に慣れてモテたいと思ったので、多くの女性と関わることのできるスカウトが適していると思ったかららしいです。

 

その後スカウト界隈で順調にスキルを上げていき、
最終的にはスカウト会社の代表に上り詰めるぐらいになったみたいです。

 

またスカウトの過程で女性との経験数も一気に増やし、その恋愛経験を元にwoman master projectを発売し恋愛界隈でも有名になりました。

今現在もブログやYoutubeなどを更新して非モテ達を救済しています。

 

非モテからスカウトの道へ行き、一気に持てるようになった後藤考規さんを更に僕が紐解きます。

なぜスカウトだと美女にモテるようになるのか?

そもそも後藤考規さんが入ったスカウトではなぜ美女からモテるようになるのか。

僕もナンパをしている上でスカウトの人とある程度関わりがあるので話しますが至極簡単な理由です。

 

スカウトは美女と接する時間が多く、なおかつ気に入られる仕事だからです。

 

そもそもスカウトの収入はお店に紹介した子が売り上げれば売り上げるほどスカウトにもバックが入る仕組みです。

 

その為会話が苦手な女性や可愛く無い子をお店に入れてもスカウトの収入は上がりません。

 

であれば可愛い子や美人をお店に入れた方が圧倒的に早く儲かりますよね。

だからこそ、スカウトの人達が接する女性は美女や一部の可愛い子に絞られます。

 

そしてその美女や可愛い子には、まずスカウト自身が好かれなければ紹介することができません。

 

美女達もスカウトにお金が入るのは理解しています。

その為変なやつだったり、つまらないやつ、モテないやつから声をかけられてもシカトが大半。

やはりトーク力があって頼り甲斐がある男らしい男性から声をかけられた方が話を聞いてもいいかなとなりますよね。

 

そして美女ばかりに声をかけてお店に紹介するプロセスを何百回も踏むことで、美女に対して慣れも出た結果、その慣れがモテることにも繋がります。

僕が実際に聞いた話ではスカウトして仲良くなった美女とその後セックスしたり、付き合ったりすることになることもあるみたいです。(本当はNGらしいですが)

 

つまりスカウトをやることで、美女に対して最適化された服装と話し方、所作が身につくので結果的に美女ウケをしまくりモテるということです。

スカウトはどれほど凄いの?

よくナンパ師界隈ではスカウトを敵対しているというか、全然あいつらの能力は低いという主張もあります。

お店に入りそうな女性しか声をかけないので、声かけのバリエーションも決まっているし、そこまでトーク力も高くない!と。

 

ですが僕的には全然そんなことはなく、むしろスカウトの方がレベルは高いと思っています。

そもそもナンパ師とスカウトでは声かけに取り組み姿勢が全く違いますからね。

僕らナンパではぶっちゃけ声をかけなくても明日の生活に困ったり、お金がなくなることはありません。

 

ですが、スカウトをしている人にとって、声をかけない=明日の生活が危ぶない。お給料をもらうこともできません。

その為、ナンパ師とスカウトを比べれば明らかにスカウトの方がゴリゴリに頑張るのは明白です。

 

ちなみにある人から聞いた話ではスカウトの世界に入った際、1日200人近くの女の子に声をかけさせられるそうです。

これを聞いた僕は「ああ、やっぱり本職はすげえや」と唸ることしかできませんでした。

 

「200人だったらできるんじゃない?」と思うかもしれませんが、正直200人は声かけ中に足がガクガク震えるくらいにマジでキツイです。(体力的に)

 

僕も一時期1日130人に声をかけたことがありますが、その時ですら9時間ほどかかっています。

(朝の10時からやったのに既に21時すぎ・・・)

途中休憩入れながらやっていたのですが、終わった頃にはヘロヘロで家に帰って速攻爆睡してました。

もし200人声かけが簡単に思えているのであれば一度やってみてください笑

 

その200人声かけを毎日やっていれば、否が応でも上達するかしないです。

後藤考規さんは美女専門

先ほども言った通りスカウトは綺麗な美女や可愛い子しか相手にしないので、結果的に美女向けの服装やトークになりモテるようになると話しました。

 

後藤さんも大阪でスカウトの経験があるとのことなので、恐らく綺麗な女性ばかりを相手にしていたと思います。

その為、美女に対してモテる服装やモテる所作をそこですぐに覚えたのかと。

 

また後藤さんが発売した『woman master project』の中で”日サロで黒く焼いた肌が女性ウケがいい”ということも、美女への反応がいいからですね。

街を見渡せば分かると思いますが、美女を連れて歩いている男は大体黒く焼けています笑

色白でヒョロガリな人が美女を連れ歩いている姿は見ませんよね。

 

いつもゴツくて黒い肌でお金持ってそうなギラギラの人と美女を歩いています。

後藤さんも筋トレをして肌を焼いてとあるので美女を連れて歩いてる姿が容易に想像できます。

 

だからこそ、後藤考規さんを学ぶのであれば美女を落としたい人に絞って学ぶべきです。

 

逆に森ガールのような女性が好きなのであれば、日焼けをしてゴリゴリなチャラい要素を入れてしまうと逃げられる可能性もあります。

森ガールを落としたいのであれば、裏原系のファッションなど同じ要素を取り入れるべきです。

美女から簡単にモテるには?

後藤考規さんも出会いを量産してきたのは道端で出会いを作るナンパです。

スカウトの経験もありますが、僕が思うに0から美女と関係性を作るにはやっぱりナンパが一番簡単です。

woman master projectという後藤考規さんが出した教材の中でもナンパで出会いを作る方法が載せられていますしね。

 

ただここまで聞いても「ナンパは正直ハードルが高いんだよなぁ」と感じる人もいると思います。

僕も最初のストリートナンパを始めたころは街に行き女性に声をかけることができず、後ろからトボトボとストーカーのようなことになった経験もあります。

 

正直今まで非モテでコミュ障の人が0から始めるには最初に大きな原動力が必要です。

 

だからこそまずは簡単にモテる道から進めていき、女性経験が100人ぐらいを超えたらナンパを始める手段もありです。

質問

「いやいや、僕が100人斬りなんて無理ですよ」

そう思うかもしれませんが、今の現代では100人斬りをするのは至極簡単になりました。

現代には今や美女と顔出しなしでも繋がれるインターネットがあるからです。

 

そのネットを使えば以下の画像のようなことが簡単にできます。

 

これも全てネットのマッチングアプリのやりとりだけで、直接自宅にセックス確約で美女を呼ぶことができます。

つまり美女プライム便ですね笑

 

その圧倒的美女をマッチングアプリでホイホイ呼ぶ手法を開発したのが、僕の友人のうめさんという方です。

この方が美女を自宅に呼ぶ方法を開発し、先に教えた人は結果をどんどん出しています。

 

そして今このうめさん美女プライム便のノウハウが無料のLINE@に登録するだけで手に入ります。

 

さらに僕が一般には話せないナンパやセックスの話を収録した特典もつけているので、ぜひ気になれば登録してみてください。

登録サイト:うめさんLINE@登録ページ(豪華特典付き)

 

後藤考規さんまとめ

後藤考規さんのノウハウや評判などを見ていくと、叩いてる人もいますが僕は学べる点しかないと感じました。

今でもブログを更新しているようですが、無料でここまでのクオリティは本当にありがたいです。

無料でも有料でもまず最初はモテている男性の情報を積極的に取りに行くことをオススメします。

 

また僕のブログでもモテるための情報を発信しているので興味があれば読んでみてください。

参考:【ナンパマニュアル完全版】非モテも成功させる究極のナンパ術

 

では、今日はここまでお読みいただきありがとうございました。

また会いましょう。

 

 

 

関連記事