どうも、ポルノです。

 

今日は恋愛婚活スタイリストのjuriさんについて深掘りしていきたいと思います。

あなたがもし「恋愛婚活スタイリストjuriさんってどんな人なんだろう」と思ってこの記事にたどり着いたのであれば、あなたの悩みを恋愛ナンパコンサルタントの僕が紐解いて伝えて不安を解消させていただきます。

 

また僕が恋愛婚活スタイリストjuriさんを見て思ったのは、真面目な恋愛を志している人にとっては有益。

だけども真面目な恋愛を目指さない男性には意味なしと感じたので理由も合わせて話していきます。

恋愛婚活スタイリストjuriとは?

恋愛婚活スタイリストのjuriさんは1976年生まれの今年43歳の女性です。

何の因果か分からないですが1970年代生まれの恋愛業界には大物が多いです笑

 

僕の敬愛するTAVの岡田さんも43歳ぐらいですし。

参考:岡田尚也とは!?ナンパ界隈でも突出したコミュ力の人間だった

恋愛コンサルで超有名な相沢さんも同じ年代ですからね。

参考:相沢蓮也の「美女を落とすための会話術レビュー」誰も実践してないので俺が真実話します

ワンピースで言うと黄金世代とでも言うのでしょうかね笑

 

そんなjuriさんですが、今現在請け負った恋愛コンサルの会員は1万人以上いるらしく。さらに相談した会員さんの100%がお見合いに至り、半年以内で成婚に結びつけた確率は60%らしいです。

僕自身もお見合いなんて今の時代あるのかと思ったのですが、Googleで調べてみるとお見合いで結婚をする人は未だにいらっしゃるみたいですね。

お見合い結婚なんてふたりエッチの中だけだと思ってました笑

 

そんな恋愛コンサルjuriさんは現在Youtubeも始めており既に3万人の登録者がいるチャンネルを運営しています。

juriさんが直接恋愛に関して話していく短めの動画ですが、コメント欄には花が咲いています。

(反応するやつも面白いですね笑)

juriさん指導を受けるべき人は?

僕が冒頭で話した恋に真面目な男性には有益。それ以外の男性には無駄無駄無駄無駄無駄と話した理由も解説します。

 

そもそも女性からの恋愛コンサルは純愛に近くなります。

たくさんの女性とセックスするノウハウとか、1発でやれるノウハウなどはなく彼女を作る方法や結婚までの道のりをサポートしてくれるものです。

その為ナンパ界隈の僕からみると、女性の提供する恋愛サービスはクリーンなものがほとんどです。

僕が下水だとしたら、juriさんは水道の蛇口に取り付けたパナソニックの浄水器で完全に除菌されて出された水って感じですね笑

 

それぐらいに男性の恋愛ノウハウと女性が出した男性向けのノウハウは違っています。

 

またjuri先生のコンセプトも『彼女を作る方法を女目線でアドバイスします♡』って感じなので、juriさんの元に集まる人自体が真面目傾向が強いです。

特に真面目な人プラス、juriさんを可愛い!と思っているファンの方もかなり大勢います。

実際にyoutubeを見ても「可愛い」とか、「素敵です!」のコメントが溢れているので、アイドル的な立ち位置でもあるのかなと思います。

 

誰しも男性であれば、綺麗な美女かブサイクなおっさんだったら綺麗な美女から教わりたいですよね。

juriさんも綺麗な美女タイプなので、教わりたい人が殺到するのも肯けます。

juriさんから教えてもらうには?

現在juriさんから恋愛指導を受けるには何があるのか?

以前はセミナーなどで直接指導してもらえる場があったのですが、今現在はもう開催されてないようです。

値段も5,000円ほどでしたので、僕も一度参加したことがあります。

当時セミナーに参加してお会いしたjuriさんはyoutubeより3倍増しで綺麗な人でした。

これは男性からモテるなという印象です。

 

僕以外に会場に来ていた男性は、競馬場でワンカップの大関を飲んでいるおじさんみたいな方もいましたが、みんなjuriさんにメロメロでした笑

セミナーで恋愛を学ぶ目的以外にも、純粋にjuriさんに会いたいと思っていた男性もいたのではないかと思います。

 

そしてセミナーも開催していない現在でjuriさんの指導を受けるには、オンラインの会員制コミュニティで指導してもらえる『MKレボルーション』しかないようです。

この講座に申し込むのであればメルマガなどに登録する必要があります。

質問

「ちなみに教材の内容はどんな感じですかね?」

基本的に内容は”彼女を作るためのノウハウ”をjuriさんが教えてくれるものと考えれば分かりやすいですね。

 

あくまでも彼女を作る目的なので、たくさんの女性とセックスがしたいだったり、美女のセフレが3人欲しいだったら申し込むことはオススメしません。

逆に美女プライム便を考えてる人はこの記事を読み進めていただいた最後に、ある方法をお伝えしていますのでご確認ください。

僕からみたjuriさんとは

ナンパ師の視点でjuriさんを見てみると本当にクリーンで目が開けられないくらいです。

僕らからすると眩しすぎて、「目がぁ、目がぁーーーーーーー」となりかねません。

 

ただしjuriさんのメルマガやYoutubeを見ると女性目線を組み込み、なおかつ男性が見てしまうようなコンテンツを作られています。

正直恋愛をかなり学んでいる人からすると当たり前やろって思う部分も多いですが、それでもjuriさんの音声やyoutubeでの声が綺麗すぎて聞き続けることに対して全然不満もないですし、むしろ心地いいです笑

(音声が載ったメルマガが届く)

逆に声だけでいえばTAVの岡田とか雰囲気めっちゃ怖いですからね笑

参考:岡田尚也のTAV実践レビュー!ナンパ師から見た弱点も暴露

 

恋愛のノウハウを0から仕入れる意味では、juriさんのコンテンツは恋愛初心者の人が学びやすく、なおかつ綺麗な声なので聴き続けることが容易なことも利点の一つです。

 

ただし僕の考えとしては、彼女を作るのと合わせて男性が本来持っている根元的な欲求を満たすことも目指した方がいいなと感じます。

たくさんの女性と経験を積むことですね。

そして次の章でブサイク童貞だった人ですら、セフレをたくさん作ったり、美女をエロい格好にさせて家に呼んだ方法をお教えします。

彼女よりもたくさんの女性を抱きたい人

単純に女性にモテたいとかモデル級の美女を抱きたい男性には、合コンや飲み会で知り合った人を彼女にするよりも、もっと簡単に出会いを量産し、たくさんの美女を抱ける方法が存在します。

それがマッチングアプリを使ったノウハウです。

 

質問

「マッチングアプリですか・・・。昔やったんですけど全く出会えなかったです。というよりいいねも一つもこなかったです。」

 

それは残念すぎますが、いいねが一つもこなかったのは正しいマッチングアプリのやり方を知らなかっただけです。

肉じゃがを作る際にも正しいレシピがあるように、マッチングアプリで美女をホイホイするのも正しい知識が必要なんです。

 

質問

「でもどうせ顔で判断されちゃうんで僕は無理です」

 

そんなことはないです。僕ら男性は女性を見る時に必ず顔で判断しますが、女性は雰囲気で男性を見ています。

そのため、フランケンシュタインのようなブサイクな男性でもマッチし女性を自宅に呼ぶことは簡単なんです。

 

ただしブサイクでもマッチングアプリで美女を自宅に呼べるのは正しいノウハウが必要で、やり方を覚えなければ意味がありません。

 

そして今回その正しいノウハウ(美女プライム便)を教えてくれるのが、うめさんというネット界(出会い系)のマイケルジョーダンと呼ばれている方になります。

そのうめさんが検証に検証を重ねて実行したノウハウを使えば、初対面なのに以下の画像のようなことが起こります。

実際のLINEやりとり

 

これを見てどうせうめさんはイケメンなんだろと思うかも知れませんが、ぶっちゃけ顔に関してはイケメンではなく、どちらかと言えば…。まあ、そこは置いといて笑

このノウハウを使えば顔は全く関係なくなります。

むしろお金も社会的地位も要らないので童貞の方ですら簡単に結果が出てしまうんです。

 

そして今回誰でも美女を翌日配達プライム便にしてしまうノウハウがうめさんのLINE@に登録するだけで無料で手に入ります。

期間限定での無料配布となりますので、まだ手に入れてない方は今すぐゲットしてみてください。

登録サイト:うめさんLINE@登録ページ

 

juriさん結論

アンダーグラウンドなナンパの話もしてきましたが、純粋に彼女を作るならばjuriさんにお願いするのが適しています。

女性目線でのアドバイスは僕らではできないですし、なおかつ綺麗な女性でもないので。

 

「なんでブサイクな男から学ばなきゃいけんのじゃ!ワシは可愛い女性から彼女を作る方法を学びたいんや!」という男性は間違いなくjuriさんにお願いしましょう笑

 

また恋愛よりもたくさんの女性経験を積みたい方は迷わずうめさんのノウハウを活かしてください。

登録サイト:うめさんLINE@登録ページ

 

様々な恋愛を教える人がいますが、みんなそれぞれゴール設定が違うので最も自分の目的を達成できる人を見つけて、教えてもらうようにしましょう。

では、ここまでお読みいただきありがとうございました。

 

また会いましょう。

 
関連記事
恋達ネックレスaventureはイケてる?僕でも似合うのか?

どうも、ポルノです。 今日は多くのモテた Read more