こうやってナンパの情報を発信したりして自分のナンパ体験も書いていると、よく相談も来ます。

 

「ナンパ教えてください」
「ノウハウなど伝授してください」
「どうやってナンパやってるの?」

 

みたいな初対面で質問をしてくる人がいます。しかも唐突にこの文章だけとかです。

「こんにちは」も無いですからね。

 

実際これからナンパを覚えたいということはコミュニケーションを学ぶと同様です。

ナンパは根本的に対人コミュニケーションなので、何も女性とだけ話せればいいわけではないと思います。

 

会って、その場でおどおどして話せないなどは理解できますが、メールやチャットであればどんな文を書けばいいのかを悩む時間はあります。

 

それを受け取って相手がどう思うのか。
その部分を考えた上でのコミュニケーションじゃ無いのかなと思ってます。

 

これから話すことも、女性とのコミュニーケションをせずに
オナニー男性になっているって話です。

ボールを拾って投げつける人

コミュニケーションに苦手を持っている人は会話を拾う部分を軽視している傾向が見られます。

人と会話をする上で会話を拾うってめちゃくちゃ大事です。

 

例えば、相手とキャッチボールをしているのに相手からのボールは一切受け取らず、自分の近くにあるボールをひたすら相手に投げ続けるみたいなイメージです。

 

それでいて、

「どうだ!俺の球はすごいだろ。キャッチボールって楽しいな」

と言っているやつと同じです。

 

相手からすると何も楽しく無いですよね。

自分がボールを投げてもキャッチしてくれないのに、相手は近くに散らばっているボールを取って、必死に投げ続けてくるっていう。

普通に地獄です。

 

つまり会話を拾わない人は日常からこんなキャッチボールをやってるわけです。

 

 

口説く時にも女性がわざわざ話題を広げようとして会話をしてくれているのに、華麗にスルーして自分の言いたいことを話す。

完全オナニーですよね。自己満足ですよね。相手と触れ合って無いですよね。

だから厳しい言い方をしていますが、オ○ニーマンと言ったんです。

会話を拾う

会話を拾わないことは、相手からすると楽しく無いし相手のボールを受け取らずに球を投げくてる暴君のようなもの。

決してその暴君にはなってはいけませんよね。

 

そして、それが分かったら実際に会話をどう拾うか。

「一部かなあ。言葉が強まったときかなあ。どこだろうなあ」

最初こそ一番大事な部分です。

 

そのため会話は全部拾ってください。

 

中途半端に最初から取捨選択をしていたら、当然会話にも変な間が生まれますしギコちなくなります。

だから、最初は彼女が話すことは全部拾ってやるぜと思って拾ってください。

 

キャッチボールも相手が投げたボールは全力で取りに行きますよね?

 

相手が外れた方向に投げてしまっても取りに行きます。

ちょっと外れたから「あーあ、無理だあー」とか言わないはずです。

取れなくても追いかけて行って取り戻して、またキャッチボールを始めます。

ボールは1つだけなのですから。

バケツからボールを取り出してはいけません。その球1つで相手との意思疎通を行います。

 

そのため最初は会話を全て拾ってやるぜと思うようにしてください。

ちょぴっとやってみる

具体的にどうやって会話を拾えばいいのかは、正直何も話すことがないぐらいです。

本当に拾えばいいだけなので。

ただやりがちな間違いを話すと

〜服等の話〜

女「でもそうだよね。最近は流行ってるもんね、私も買ったし」

男「へー、ところで彼氏とかいるの?」

 

みたいな完璧スルーですよね。

私も買ったしの部分は完全に拾うべきですよね。

むしろ相手が取りやすく投げてきてくれるのに華麗にスルーしちゃってますよね。

 

こうやって文章にしてみると、

「こんなスルーするやついないでしょ」「どんな非モテでもここは拾ってあげるだろ」
と考えがちなのですが、やってる人多いです。

 

特に初対面でのトークは相手の彼氏の情報や恋愛の話に持っていくかに囚われすぎていて、相手の会話を拾うよりも自分で質問したいことを話しがちです。

 

一度録音してみると同じような質問をしている時もあるはずです。

せっかく女性が投げ入れてくれたこのボールをスルーして、
自分のボールを投げないでください。

徹底的にやってみる

先ほども言いましたが、会話を拾うことは徹底してください。

最初は全力でやらないと本当に身につきません。

全力でやるうちに徐々に力加減を身につけていけばいいので。

 

最初は難しいなと思うかもしれませんが、続けていけば自然とできるようになります。

そして会話を拾うことが自然になれば、あなたが何もしなくても女性は話しているだけで喜びだします。

 

他の男が全くできないことをできているので。

 

会話を拾えるだけで女性から見て価値のある存在になれるので、ぜひここで話したことを意識して全力で女性の会話を拾ってください。

一般公開できない。僕がモテた唯一の法則があります。

僕はナンパを開始して、たった7ヶ月で51人の女性を抱きました。

経験人数は100人を超えてからは、数えられていません。

 

ただ、元々僕は周りから「ブサイク!」と呼ばれるぐらい顔面に自信もなく、女性経験も乏しい状態でした。

極め付けは、非モテを悪化させて、会社にいた20歳の女の子に、以下のアピールをしまくりました。

・目がキョロキョロ泳ぎながら、ニヤニヤ話す
・話し出した瞬間に顔面が真っ赤になりオドオドし出す
・1時間の間に10回以上、何も用がないのに広末さんに話しかける異常行動
・帰る時は同じ時間を装って話しかけるでもなく、遠目で見つつ帰る
・他の女性には全く話しかけないし無口になる

完全に異常者でした。

結果的にその子は退職しました。僕が99.9%の原因です。

 

そんな女性との距離感が分からず、犯罪的な猛烈アタックをしていた僕が、モテるためにナンパを開始しました。

 

そして、僕はナンパを通して以下のような女性と出会ってきました。

・新宿某店でNo2のキャバ嬢
・佐々○希さん似の大学1モテる女子大生
・お嬢様学園の将来アナウンサー志望の清楚系Dカップ女子
・祖母が資産家の、金持ち152cmのロリ系20歳
・インリンオブジョイトイの娘?と思うほどの美女台湾人
・ほぼ有村○純の可愛すぎる保育士(園児の親から口説かれるらしい)

過去の自分が見たら、どれも腰を抜かして、「嘘でしょ・・・」と言ってしまうぐらいの綺麗な女性たちです。

そして彼女たちとはお金ではなくて、自分自身の魅力だけで、口説き付き合ってきました。

他にも、同時に女性3人と付き合ったこともあります。(疲れるのでやめましたが)

 

そして今回僕が、そんな過去の経験からモテる男になるための法則を電子書籍にまとめました。

 

お金もない、人脈もない、顔面も冴えない、足も短い、社会的地位もない、学歴もない(高卒)

何も持たない僕が、なぜ周りのお金を持ってる人やイケメンでも口説けない女性と付き合えたのか。

 

そのブログでは話せないモテるための法則を、全て電子書籍に載せたので、興味があればぜひ読んでみてください。

ストーリー形式なので、サクッと20〜30分で読めると思います。

→無料電子書籍「モテる男のつくりかた」を読んでみる