Sへのすり替え作業で立場逆転。ナンパでの主導権を頂く!

 

ども、松永です。

今日はナンパにおいて
重要なSへのすり替え作業に関して話そうと思います。

 

実際にナンパをすると
最初はどうしても男の立場が弱くなります。

話しかけた段階ではどんな方法を使おうとも
女性が男性に最初から好意を持つ状況は作りづらいですよね。

ナンパは基本的に男性が好みの女性に声をかけますし、
それも女性は理解しています。

 

道端で話しかけた女性がいきなり
「大好きっ」て言ってきたら
ナンパした男性は逃げますよね?笑

メンヘラか、絶対やばい女です。

 

Sへのすり替えはナンパ初期の男<女から
男>女へと徐々に意識せずに変えていくテクニックとなります。

徐々に会話をしていると女性が男に食いつくってことですね。

Sにすり替える意味

Sはただ単に強い発言をする男ではありません。

世間的にも強い言葉でオラオラしていた方が
女性は惹かれると信じている人もいますが、そんなことはないですよね。

 

そもそもSにすり替える意味は男女関係を素早く発展させ、
クロージングをより円滑に進めるための一番簡単なやり方だからです。

 

そのためにまずSな男性になる必要性を理解してください。

なんでMじゃダメなんだろう。
別にSっぽい態度なんていらなくない?
そう思うかもしれませんが、
クロージングをする上で一番大事なことを思い出してください。

 

答えはなんでしょう。

 

一言で説明すれば、
その場の主導権を握れるからです。

Sになることの一番のメリットは主導権です。

 

女性との食事の場や女性と一緒に話している場で
自分の思っている通りの方向性にどうやって進ませようかと考えたとします。
その時に主導権を女性に握られている状態だと
どうしても、自分の発言は弱くなりますよね。

 

これからホテルへ行こうと言ったとしても、
女性に主導権があれば、「いや、行かない、帰る」と言われて終了です。

常にその場の判断を女性が決めてしまう状況なので、
これからクロージングを狙おうと思うと
男性側でコントール不可なわけです。

 

それがSになることで、
状況、その場をコントロールできることに繋がり
即クロージングに近づくのです。

場の主導権を握ることができるのが、
Sになる一番のメリットです。

大事なことなので繰り返しました。

そこさえ理解できれば、
後はすり替えでSに使っていくだけです。

すぐにできる行動

ナンパからの男女関係でSになるためにすり替え作業を使っていきます。

最初から強めなSで接していても女性は普通に逃げていきますので、徐々にです。

もし初対面で強いSだと女性は逃げます。
「おい、こっち見たやろ!お茶いくぞ!!」
一昔前の怖いナンパです笑。

オラオラナンパなんて比にならないぐらいの超オラオラですよね。

そんなナンパはしたくはないですし、
成功率も低く、ただの輩です笑

 

だから最初からSになるのではなく、
徐々にSの要素を女性に埋め込んでいきます。

その方法がSへのすり替え作業です。

やっとここまできました笑

 

すり替えるってことは相手も気にしないぐらいに
徐々に徐々に立場を逆転させていくナンパの奥義といってもいいでしょう。

知らず識らずのうちに主導権を取られていき、
終盤には女性が男性の意見を聞くしか無いという
言い方を変えると洗脳に聞こえるかもしれませんね。

 

具体的に話していきます。
では、まず徐々にすり替えていくので、
最初は弱いSから入っていきます。

【会話例】
男「ウェディングプランナーとかじゃない?」
女「違う、違う。普通の学校です」
男「そう、今日模擬試験とかじゃないんだ?」
女「違う」
男「花嫁役ではない?」
女「笑、違う」

 

最初はこれぐらいに少しずつです。

最初からは一気に詰め寄らず
相手も心地いいぐらいのすり替えを意識してください。

 

ちなみに僕のSへすり替えていくときの
マインドセットは、女性をいじる感覚です。

この感覚を持っていればSへのすり替えもすんなりできますし、
会話において主導権を取ることも意識せずにできるようになります。

 

今後強めなSに移行していくのは
このような小さな布石を少しずつ話していくことです。

この積み重ねで徐々に相手の中にSの意識をいれていけば
勝手に自分の立場ができてくるので、
あとは普通に話すだけで問題ありません。

まとめ

普段女性と話す時に絶対意識することはないと思いますが、
このすり替えができてくると
驚くほど場の主導権が握れるような人間になります。

何度も言う通り女性との関係は
男性が主導権を握らないと即クロージングはありえません。

僕も何度も主導権を握れずに
女性とのアポで負けてくる男性を見ています。

女性主導になっていてハンドテスト、オファーすらできない状態ですね。

だからこそ、ここで話したSへのすり替えで
場の主導権を必ず握ってください。

 

モテる男性は往往にして
女性との会話では常に主導権を握れていますし、
手綱は常に男性です。

絶対に女性に場を握らせることはないんです。

だからこそ、モテる男はいい女を抱き続けてモテるわけです。

 

ちなみにSへのすり替えに関しては
こちらの教材がかなり参考になりました↓↓

 

一般公開できない。僕がモテた唯一の法則があります。

僕はナンパを開始して、たった7ヶ月で51人の女性を抱きました。

経験人数は100人を超えてからは、数えられていません。

 

ただ、元々僕は周りから「ブサイク!」と呼ばれるぐらい顔面に自信もなく、女性経験も乏しい状態でした。

極め付けは、非モテを悪化させて、会社にいた20歳の女の子に、以下のアピールをしまくりました。

・目がキョロキョロ泳ぎながら、ニヤニヤ話す
・話し出した瞬間に顔面が真っ赤になりオドオドし出す
・1時間の間に10回以上、何も用がないのに広末さんに話しかける異常行動
・帰る時は同じ時間を装って話しかけるでもなく、遠目で見つつ帰る
・他の女性には全く話しかけないし無口になる

完全に異常者でした。

結果的にその子は退職しました。僕が99.9%の原因です。

 

そんな女性との距離感が分からず、犯罪的な猛烈アタックをしていた僕が、モテるためにナンパを開始しました。

 

そして、僕はナンパを通して以下のような女性と出会ってきました。

・新宿某店でNo2のキャバ嬢
・佐々○希さん似の大学1モテる女子大生
・お嬢様学園の将来アナウンサー志望の清楚系Dカップ女子
・祖母が資産家の、金持ち152cmのロリ系20歳
・インリンオ○ジョイトイの娘?と思うほどの美女台湾人
・ほぼ有村○純の可愛すぎる保育士(園児の親から口説かれるらしい)

過去の自分が見たら、どれも腰を抜かして、「嘘でしょ・・・」と言ってしまうぐらいの綺麗な女性たちです。

そして彼女たちとはお金ではなくて、自分自身の魅力だけで、口説き付き合ってきました。

他にも、同時に女性3人と付き合ったこともあります。(疲れるのでやめましたが)

 

そして今回僕が、そんな過去の経験からモテる男になるための法則を電子書籍にまとめました。

 

お金もない、人脈もない、顔面も冴えない、足も短い、社会的地位もない、学歴もない(高卒)

何も持たない僕が、なぜ周りのお金を持ってる人やイケメンでも口説けない女性と付き合えたのか。

 

そのブログでは話せないモテるための法則を、全て電子書籍に載せたので、興味があればぜひ読んでみてください。

ストーリー形式なので、サクッと20〜30分で読めると思います。

→無料電子書籍「モテる男のつくりかた」を読んでみる