【逆3声かけのナンパテクニック】男1人で2人の女性をナンパし居酒屋へ

 

どうも、松永です。

 

「男1人でナンパをして女性の2人組を居酒屋へ連れ出すなんて本当にできるのか?」

 

そう思っている人が多いでしょう。

ですが、ナンパを極めていくと男1人に対して女性2人を連れ出すようなありえない状況を起こすこともできます。

 

男1人で女性に話しかけるのは、少々勇気がいることのように思うかもしれませんが、しかしながら男性が思っているほど逆3ナンパは難しくもありません。

 

僕自身逆3でのナンパを成功させてきた実例を元にやり方や具体的なテクニックを紹介していきます。

 

逆3ナンパの最高な点

通常の1対1のナンパと比べて逆3ナンパには最高な点がありますね。

女の子が2人いて、男性が1人ってことはホテルに行けばAVのような展開になるってことです。

 

女の子が2人であなたのモノを咥えて1人のおっぱいを揉んだりと、そんなことが現実で起きてしまいます。

僕が知っている限りでは女の子3人に対して男1人でセックスをしていた猛者をいましたしナンパには夢がありますね。

 

ここで僕が話す逆3ナンパのやり方を覚えることで
あなたも女性2人を抱いてラブホのベッドに横たわる展開を起こせます。

一つずつ手順を話していきますので参考にしてください。

ナンパは話しかける前に観察

2人組女性をナンパする前にはまず観察することが必要になります。

別の記事でも観察が必要と話していますが、2人組になると成功確率は観察で決まるといっても過言ではないです。

 

なぜならば、相手との関係性を見極めて話す言葉を決めることで、この後の連れ出しが決まってくるからです。

 

手順としては話しかける前にツッコメ流ポイントは無いのかや2人の関係性を見極めます。

関係性を見極めるのは高度なテクニックですが、日々練習することで2人組を見たときに上司と後輩なのか。友達同士なのかを見極められるようになってきます。

 

2人の関係性を仮定として導き出せれば、あとはその仮定を元に話を進めていくだけです。

 

具体的には上司だったらいくら後輩に対して話をしたところで、その場の決定権は上司が持っているはずです。

 

であるならば、2人組の上司を先に楽しませて連れ出せる雰囲気にする必要があります。

後輩にいくらアプローチしても、それはのれんに腕押し状態でナンパは成功しません。

 

まずは2人組を発見した瞬間に見極めれるように観察をするイメージを持ちましょう。

関連記事:ナンパのやり方!歴7年のナンパ師が成功させまくった究極の声かけ術!

 

ナンパメンタルを高める

2人組で一番難しいのはメンタル面。ただでさえ普通の女性をナンパするのにも勇気がいりますが、ここでは2人組の女性になります。

当然緊張度合いは普通に話しかける場合と桁違いになります。

そのため、あなた自身のナンパメンタルを高める必要があります。

テクニックで全てをカバーしきれない最初の声かけ部分だけは、あなた自身が強くなる必要があるんです。

 

では、具体的にその2人組に話しかけるときにメンタルはどのように鍛えることができるのか。

それは2人組への抵抗をなくすことです。

2人組となるとどうしても自分の中で抵抗が出てきます。

 

でも、周りをみてください。

 

2人組に話しかけているのは、あなただけですか?

違いますよね。

2人組に話しかけている人は多くいます。

街を見渡せばキャッチの人が居酒屋へ誘うべく話しかけているんです。

 

であれば、自分が思うべき姿のイメーゾをしてください。

メンタルなのでイメージの話になりますが、キャッチの要領で話しかけることをイメージしてください。

 

イメージはキャッチがビラを出して2人組に話しかけているような姿を想像して話すようにしてください。

イメージさえ掴んでしまえば、2人組に話しかけるのは容易くなります。

グループ会話生成

2人組女性に逆3で話しかけられるようになったら、次は会話を生成していきます。

基本は通常のナンパと一緒のように話せばいいのですが、通常のナンパ会話に比べて女性が1人増えています。

 

そのため少しだけ会話方法が変わってきます。

具体的には普段話しているナンパ会話を少しずらす形になります。

 

「少しずらすとはどういうことだろう」と思うかもしれません。

普通ナンパ会話はどちらかがいじっていじられての連続になります。

それを繰り返してお互いに言い合える関係を構築して即クロージングまで到達します。

 

それが逆3の会話になると、いじる人を1人にして他の2人でいじるイメージになるんです。

 

いじる対象が相手の女性になるのか。また自分がいじられるのか。

その部分はどちらでもいいのですが、とにかく平行線な会話で誰もいじれないようでは2人組を連れ出すこともできないですし、相手も楽しいと思ってもらえません。

 

実際に僕も2人組をナンパしたらすかざす突っ込めるような部分を見つけていじって、こちらも引きを作っていじられることを行なっています。

これこそナンパ会話のグループ会話応用編です。

 

逆3ナンパの具体的会話例

ここまで2人組の女性に男性1人で話かけるナンパを紹介してきましたが具体的な会話も知りたいかもしれません。

書き起こしの文を載せてもいいのですが、実際に雰囲気や逆3の感じ方を掴んでもらった方が成長が早いと思ったので、音声を公開しました。

 

ですが、今回の逆3音声に関してはメルマガ読者限定とさせていただきます。

なぜなら逆3のナンパ自体、他にあまりやっている例もなく僕が出す音声もテクニックをふんだんに使用しているためあまり多くの人に聞かれたくはないからです。

 

そのため僕のメルマガに登録してくれた方限定で配信しています。

ちなみにこの時連れ出した女性は東北No1キャバ嬢とその友達でしたね。

めちゃくちゃ可愛かったですw

 

またメルマガの中では、逆3ナンパ音声の他にスーパー美女のラウンジ嬢を連れ出した音声やLINE完全マニュアルなどの特典もつけているので、
ぜひ興味がある方は登録してみてください。

 

ここで逆3ナンパができるようになると本当にナンパの世界が広がります。

 

僕も今では美女が2人で歩いていたら、何の躊躇もなく話しかけます。

話しかけるというよりも、勝手に足と口が動いていますね笑

 

他の男たちは2人組に話しかけることができないので
圧倒的優越感を感じることできますし。

ぜひここで逆3ナンパを覚えて、
最高な女遊びをしていきましょう。

 

また会いましょう。

 

 

一般公開できない。僕がモテた唯一の法則があります。

僕はナンパを開始して、たった7ヶ月で51人の女性を抱きました。

経験人数は100人を超えてからは、数えられていません。

 

ただ、元々僕は周りから「ブサイク!」と呼ばれるぐらい顔面に自信もなく、女性経験も乏しい状態でした。

極め付けは、非モテを悪化させて、会社にいた20歳の女の子に、以下のアピールをしまくりました。

・目がキョロキョロ泳ぎながら、ニヤニヤ話す
・話し出した瞬間に顔面が真っ赤になりオドオドし出す
・1時間の間に10回以上、何も用がないのに広末さんに話しかける異常行動
・帰る時は同じ時間を装って話しかけるでもなく、遠目で見つつ帰る
・他の女性には全く話しかけないし無口になる

完全に異常者でした。

結果的にその子は退職しました。僕が99.9%の原因です。

 

そんな女性との距離感が分からず、犯罪的な猛烈アタックをしていた僕が、モテるためにナンパを開始しました。

 

そして、僕はナンパを通して以下のような女性と出会ってきました。

・新宿某店でNo2のキャバ嬢
・佐々○希さん似の大学1モテる女子大生
・お嬢様学園の将来アナウンサー志望の清楚系Dカップ女子
・祖母が資産家の、金持ち152cmのロリ系20歳
・インリンオ○ジョイトイの娘?と思うほどの美女台湾人
・ほぼ有村○純の可愛すぎる保育士(園児の親から口説かれるらしい)

過去の自分が見たら、どれも腰を抜かして、「嘘でしょ・・・」と言ってしまうぐらいの綺麗な女性たちです。

そして彼女たちとはお金ではなくて、自分自身の魅力だけで、口説き付き合ってきました。

他にも、同時に女性3人と付き合ったこともあります。(疲れるのでやめましたが)

 

そして今回僕が、そんな過去の経験からモテる男になるための法則を電子書籍にまとめました。

 

お金もない、人脈もない、顔面も冴えない、足も短い、社会的地位もない、学歴もない(高卒)

何も持たない僕が、なぜ周りのお金を持ってる人やイケメンでも口説けない女性と付き合えたのか。

 

そのブログでは話せないモテるための法則を、全て電子書籍に載せたので、興味があればぜひ読んでみてください。

ストーリー形式なので、サクッと20〜30分で読めると思います。

→無料電子書籍「モテる男のつくりかた」を読んでみる