「アパレルで働く美女店員さんを口説きたい。」

 

そう思う人は多いのではないでしょうか?

実際に街に出てアパレルショップを回ってみると、ほとんどの店に綺麗な女性達がいます。

顔採用なのかと思うぐらいに綺麗な人が店頭に立って、道ゆく女性たちにファッションやら何やらを勧めていますね。

 

僕自身も服を買いに行く際に綺麗な人が接客してくれるだけで、テンションが上がって余分な服を買ってしまうこともしばしば。

「でもどうやったら接点の何もないアパレルの店員さんを口説いて抱けるんですか?」

そう思った人に僕自身も実践してきたテクニックを話します。

アパレル店員を口説くには

アパレルの店員さんを口説くには、どうしてもまず接点を持つ必要があります。

 

何も接点がない状態では口説くことはおろか、一緒に食事に行けることもないので。

そのためまず一番何よりもやらなければいけないのは、あなたから関係性を作ること。

 

関係性を作り出すテクニックを知れば、今後どんなアパレルの女性に恋をしようとも一目惚れをしようとも口説くことは可能です。

だからこそ、まずは自分で接点を作ることを意識してください。

 

相当なイケメンであれば、服を買っているだけで相手の女性から話しかけてくることもあるかもしれませんが、僕のようなブサメンは自分から行かなければならないのです。

そして何より自分から話しかけられる男性は今後も多くの女性を惚れさせることができます。

アパレルショップの分かれ道

アパレルショップも分けるとふた通りに分かれます。

 

男性ショップで服を売っている女性店員さん。

女性のショップで服を売っている女性店員さん。

上記の二組が考えられますね。

 

個人的にはですが、女性服を売っている店員さんの方が可愛い傾向にあると思ってます。

男性服売り場にも女性がいますが、そもそも母数が違います。

 

ルミネなどを見るとわかりますが、女性用のショップは男性ショップより5倍以上も店の数があるんです。

普段から女性がどれほど見た目を重視しているのか、このデータからわかりますが。

 

そして5倍以上も店が多ければ、女性店員さんも数に比例して多くなりますよね。

またアパレルの店員さんは美意識が高い女性も多いので、全体的な傾向として美意識の高い女性がアパレルショップにたくさん集まる。

そうなれば女性ショップに美女が多い理由も頷けますね。

 

主にこの記事では女性服を売っている店員さんを落とすテクニックを話しますが、補足的に男性ショップで働く女性の落とし方も話します。

2通りの話をしますので参考にしてください。

男性アパレルショップの女性

比較的アプローチしやすいのが男性服の女性店員さん。

こちらが服を買いに行ったら、相手の女性から積極的に服装の提案や話をしてくれるので、そのままのノリで話が続けやすいです。

 

実際に僕の友人にも、たまたま服を買いに行った時に案内してくれた店員さんと意気投合してデートをしたことがある。と自慢されたことがあります笑

服を合わせながら仲良く話して、たまたま共通の話題があってデートの約束をした感じですね。

 

ここでポイントですが、女性との会話では共通点を探すと盛り上がります。

 

上記の友人の例も、最近一眼レフにハマっていると話したところ、女性店員も一眼に興味がありましてと。話が進んでいったらしいです。

正直ここで一眼の話題が出せたことは奇跡に近いですが、服を合わせる間で話題はいくらでも提供できます。

上記のように趣味で絞った話題をポンポンと投げかければいずれHITします。

最終的に多趣味なやつになりますが笑

 

事前にある程度知識をつけておく必要がありますが、それでも自分が綺麗だと思ったアパレル店員さんを落とせるならば、趣味の話を覚えておいて損はないですね。

 

他にも共通点はいくらでも探せます。

 

住んでいるところ、育った場所、好きなTV番組、流行りのアプリなどどんな話題など共通点は探せばいくらでもあります。

会話をする時には、いかに女性との共通点を見つけるかを重視してください。

参考:女の子と盛り上がれる話題とは【口下手でも話が弾みだす】

 

男性服のショップでは気になる女性店員さんを見つけるのが難しい分、アプローチはしやすいので、もし好みだなと思ったらすぐに共通点を見つけたりして話しかけてみてください。

関連記事:【ナンパマニュアル完全版】非モテも成功させる究極のナンパ術

 

女性アパレルショップの美女

女性アパレルショップを見渡すと、足が長くてスラっとした美女たちが高い声を出して売っているのを見かけます。

あの甲高い声はほとんど統一されてますよね笑

 

そしてここで話すのはそんな美女たちにアプローチしてセックスまでたどり着くテクニックです。

 

でもここで一番難しい課題が出てきます。

それが僕らは女性服を買わないってことです。

 

女性服を買わない男性が女性服を1人で物色してたら、警備員を呼ばれるか、おねえと見られかねません。

女友達と買い物に行って一緒にショッピングをしても、女性店員さんにアプローチをかけるのは難しいですよね。

 

では、この女性たちにはどうアプローチすればいいのか。

 

何も接点がない女性と接点を見つけて仲良くなる。

 

そのためには古典的ですが、よく使われているあるものを使うだけです。

あるものを渡すこと

あるものとは、手紙です。

古典的な手法だなと思うもしれませんが、古典的ゆえに非常に使えます。

というよりも、実際に話しかけれない場合には手紙が非常に有効です。

 

僕の友人のナンパ師の中には常にペンを持っていて、どんな場所でもレシートや何かの紙に自分のLINEIDを書いて

「すごい綺麗だと思ったんで、良かったら返信ください!」

って渡している人もいます。

 

手紙であれば女性の時間を奪うこともなく、渡すだけだからかなり簡単です。

 

僕自身もアパレル店員さんには、基本的に手紙を使います。

まだやったことがないのがCAさんですが、飛行機に乗る機会がないので、乗ったらお手紙作戦を実施したいですね。

アパレル女性への具体的なアプローチ

最初に何でもいいので紙を用意してください。できればしわくちゃな紙じゃないほうがいいですね。

かといって、ものすごく綺麗で高価そうな紙もNGです。

 

一番いいのは何かを買ったレシートなどがちょうどいいです。

ついで感も出せるので用意した感がでないです。

 

紙を見つけたら、あとはその白い裏の部分に自分のLINEIDを書くだけです。

もし余白が余れば”よろしくお願いします。”とでも書いておきましょう。

 

そして紙を手に握りしめて女性店員さんの元へ行き、

「あのちょっといいですか?」と聞いてから、

「すごい綺麗だと思ったんで良かったら連絡ください。」

と渡しましょう。

 

少々非モテ感が出ると思われるかもしれませんが、渡すこと自体が成功の一歩なので全く問題ないです。

 

通常のストリートナンパでは、いじっていじられてと会話を膨らませていき女性感情を高ぶらせて連れ出しやLINE交換をしますが、この場では女性服売り場。

完全アウェーな状態ですし話をする時間も取れません。

そのため手紙を渡す際にはストレートに伝えて去るだけで問題ありません。

 

アパレル店員をナンパした実例

実際に僕もナンパ初心者の頃に超絶美女をお手紙作戦で成功させています。

 

当時新宿でナンパをしてた頃、たまたま寄ったマルイの靴屋で働く女性が、強力に目に焼き付きました。

 

遠目から見てもスタイルの良さ、顔の小ささが際立っていましたね。

実際の彼女もこんな↑↑感じでした。

 

当時ストリートナンパもあまり上手くいってなかったので、話しかけるか悩んだのですが、ダメ元でも結局アプローチすることにしました。

 

近くのスタバでドリンクを買い、貰ったレシートの裏にLINEのIDを書き込んでから、その美女の接客が終わるのを待ち構えます。

 

美女の接客が終わった段階で近づいて、

「あの遠目から見て綺麗だと思って。良かったら連絡ください。」

と言い手紙を渡しました。

キョトンとしてましたが、笑顔でありがとうございますと受け取ってくれました。

 

この時はお手紙も初めての挑戦だったので、ものすごく緊張したのを覚えています。

普通にナンパするよりも口が乾いて汗がダクダク。

女性しかいないエリアに男が突っ込んでいって手紙を渡すのは結構勇気が入りましたが、それでも渡してしまえば後は待つだけです。

 

 

手紙を渡してから僕自身もすっきりして家に帰り返信を待っていたのですが、1日経っても3日経っても返信は来なかったです。

まあ正直成功率はこんなもんか、初のお手紙作戦は失敗かあと。

 

 

そこから、ふと忘れた頃の1週間後に突然、僕のLINEが鳴ります。

 

忙してくて連絡できなかったのですが、
1週間前にお手紙をもらった〇〇です。

 

 

当時、このLINEが来てめちゃくちゃ嬉しかったのを覚えています。

 

そこからテンポよくラリーを進めて、アポをとって彼女と食事へ。

 

当時の僕はこんな美女と食事ができている実感が湧かずに、クロージングする勇気が無かったです。

普通に楽しく喋っておしまいという。ただ相手の綺麗さに圧倒されていました。

 

そこからもう一度チャンスだと思いLINEで再度アポ打診です。

 

悠長な展開はいらないと思い、勇気を振り絞って家で鍋でもしようと打診しました。

無理かなと思っていた彼女からの返信は、まさかのOKだったので舞い上がって喜びましたが、結局この時もセックスまで至りませんでした。

 

美女が家に来て一緒に鍋を食べているにも関わらず、ビビって手を出せずに普通に美味しかったねといってお別れする。

今思うとただのネタです笑

 

美女も恐らくセックスをしてもいいなという気持ちで来ていたのにも関わらず、ビビって手すら握れてない僕。

 

 

そこから彼女とは2回飲みに行き、遂に、遂に2回目にやっと一緒にラブホテルに行くことに成功しました。

この時の経験が初めてお手紙を使った実例ですね。

 

今でも本当に綺麗な女性だったなと思い返します。

あの整っている顔の小ささと美脚高身長スタイルは忘れられませんね。

まとめ

アパレル店員さんを口説いて落とす方法は意外と簡単です。

やり方や方法はすでに僕も実証しているので。

 

ただ、やっぱり実際にやってみて一番緊張するのが最初に接点を持つ時です。

実例でも話しましたが、僕も最初にやった時は緊張で足が震えてましたからね。

 

そんな人にアドバイスです。

緊張してお手紙を渡すのも怖い場合は少し先の未来を想像しましょう。

 

僕も緊張したあの時に手紙を渡せたからこそ、美女と鍋を食べたりデートをしたりセックスまで到達したんです。

そう考えると、あの時手紙を渡していなければただの夢でしかないんです。

 

緊張するのはわかりますし、無理かなあと思うのもわかります。

でも一歩踏み出してください。

その一歩で未来が、人生が変わります。ぜひ頑張ってください。

 

関連記事:最強ナンパテクニック集【女性が思わず反応してしまう会話とは】