ナンパ師が伝えるキャバ嬢の口説き落とし方【神客が一番近道!?】

 

どうも、松永です。

今日は新宿某店No.2を口説き落とした僕が、キャバ嬢の口説き落とし方を説明していきます。

 

キャバクラで可愛い子がついたとしても口説くことは難しいと思われがちですが、正直口説く手順をしっかり踏んで行動できれば、アフターからの自宅やホテルに行ける確率は高いです。
実際にそのやり方で、何人もの女性を口説くことができましたので。

 

では、今回僕がキャバクラで可愛い女性を落とす秘密を暴露していきます。

キャバクラに行くメリット・デメリット

ここで様々なやり方を伝えていく前に、まずキャバクラに行った際のメリットとデメリットについて触れておきます。

メリットばかりに目を向けてポジティブな気持ちに浸るのもいいですが、デメリットも認識しておかなければ何がダメなのか理解できません。

 

キャバクラのメリット
  • 可愛い女性がいる
  • 相手から会話を始めてくれる

 

当たり前ですが、キャバクラに行けば可愛い女の子が綺麗なドレスをきて我ら男性を待ってくれています。

しかもいるのはめちゃくちゃ可愛い女性たちですからね。街中を徘徊しまくっていても出会えないような可愛い子が、キャバクラに行くだけで笑顔で出迎えてくれます。

そんな女性とすぐに会話を始められることは、キャバクラの大きなメリットですね。

 

キャバクラのデメリット
  • お金が必須
  • 店員とお客さんの関係

 

ここも言ってしまえば当たり前ですが、キャバクラに行く際は必ずお金が必要になります。

セット料金5000円〜で、さらにボトルを下ろしたり女の子にドリンクを奢ったりすれば、一人頭1万円は軽く超えてきます。

派手な人とかだと一晩で30万ぐらい使うこともザラですね。

実際に僕もある経営者の方達にキャバクラへ連れて行ってもらいましたが、2時間ほどの滞在で40万ぐらい使われていました。

派手な使い方ですが、それぐらいにお金はかかってしまいますよね。

 

そしてキャバクラでの関係性は濃密な男女関係ではなくてキャバ嬢が接客し、男性が積極を受ける形です。

言うなれば、恋愛ではなくショップ店員とお客さんに近い状態です。

だからこそ普通のやり方で口説き落とすことは少し難しくなり、多くの男性がキャバクラで落とすのは厳しいとなってしまいます。

キャバ嬢を口説き落とす為には気持ちを知ること

では本題であり、キャバ嬢を落とす為には何が必要になるのか。

そもそも落とすという観点で考えれば、最初に『相手がどんな状態であればついてきてもいいのか』と考えるかです。

つまり可愛いキャバ嬢を落としたいのでれば、そのキャバ嬢の気持ちを考えてみるということです。

相手の気持ちが分からなければ、口説くのは至難の技です。

 

例えば誕生日を例に出すと、相手の欲しい物を考えてから実際に買って渡しますよね。自分の独断と偏見で、物を買ってあげても喜ぶ人はいません。

僕が何も考えなかったら、普通に書籍とか図書カードとか渡しますしね笑

 

だから相手の気持ちを考えることは、女性を落とす上で最重要項目であり、キャバクラに限らず対人関係では全てこの考えが必須です。

 

その具体的なやり方として、キャバ嬢が自分に対してどんな意識で、どんな態度でどんな感情を持っているのかを考える必要があります。

 

例えばキャバクラに勤めている理由は、基本的に普通の仕事よりもお金が欲しいからですよね。

その為に勤めているのに、お客さんにドリンク貰ってもいいですか?と聞いたらダメと言われた。

結局ドリンクを貰えないのでお金も入ってこない。しかも指名もしてこない...。

 

女性からしたらお金が欲しいからキャバクラに勤めて接客しているのに対して、そんなケチな男性はモテる訳がないですし、今後も仲良くしていきたいと思えるお客さんでは無いですよね。

言うなればキャバ嬢が本当に求めているのは神客です。

  • 金払いがよく
  • 通ってくれて
  • アフターに誘わない

これがキャバ嬢が理想とするお客さんとなります。

であれば、この神客を目指さないといくら顔がカッコよくても、優男でもキャバ嬢が嬉しいと思ってくれることにはならないです。

 

ちなみにエンリケさんの本を読んでいた時に、この神客を徹底していた方がエンリケさんのお客さんには多かったらしいですね。

 

質問
「でもアフターに誘わなければいつまでも口説くことができないじゃないですか?」

 

そうですね、アフターが無ければその後抱くことは確かにできません。

でも前提であり絶対条件である金払いがよくない、通ってもくれないのに自分の目的の口説き落とすことを考えるのは、非常に難しいですよね。

キャバ嬢の気持ちで考えた時に、そんなお客さんと一緒に過ごすことも自分のためにならないのですから。

 

だからこそ、アフターに誘う際には、上記2つは揃えることが必須要素となります。

 

そして、コミュニケーションの本質にも繋がりますが、その神客になったことを想定して更に重要なことを話していきます。

キャバ嬢を口説き落とす前に、どう扱うか

ここは女性経験が豊富で、「赤子の手を捻るぐらいに簡単に女性を落とせるぜ!」という人はスルーしてください。

 

当たり前のことですが、女性を1人も抱いたことが無い男性が、キャバクラに行っても絶対にキャバ嬢を抱くことはできません。

ここは絶対と言ってもいいぐらい不変の心理です。

そもそもキャバクラに行っても分かる通り、お客さんでモテる男性は非常に多いです。凄腕経営者、一流企業のリーマン、イケイケのヤンキーなどなど。

肩書きもあり、実際に一般女性からもモテている男性達がキャバクラに通うことが多いです。

申し訳ないですが、その中で女性経験が少ない男性が抜き出て口説くのは厳しい話ですよね。(もちろん一晩で何百万とか使えれば話は別ですが)

 

他の男性は何十人も女性を抱いているからこそ、余裕もあり口説き方もマスターしています。

その感覚があるからこそ、お客さんと店員さんの関係性でもアフターに誘い口説き落とせています。

 

つまりキャバ嬢を落としたいと考えるのであれば、女性に対して慣れておくことは、聖者必衰の断りの如く当たり前になります。

 

じゃあ、どうやって女性に慣れればいいのか?

 

ここはシンプルですが、まず女性を知ることからです。

女性を知って、女性を理解する。これが1番の近道となります。

 

そして僕もその女性を理解することを行なったからこそ、ある程度モテるようになりました。

そのモテるようになった経験を今回電子書籍にて出版しましたので、もし興味があれば以下から読んでみてください。

→無料電子書籍「モテる男のつくりかた」を読んでみる

 

上記でモテる男の雰囲気を掴んで欲しいなと思います。

実際に僕が過去に体験した苦いキャバクラ経験

僕も以前勤めていた自衛隊時代には、先輩に連れて行かれキャバクラに行くことが多々ありました。

神奈川の地方キャバクラなのでたかが知れていますが、そんな場所にも関わらず僕は酷い状態でしたね。

女性と話す習慣もなければ風俗にハマっている時でしたので。

 

キャバクラに行っても鼻の下を伸ばして、おっぱいにしか目がいかず会話すらできない。

そんな20歳ぐらいのクソガキが行っても、キャバ嬢を落とすなんて夢のまた夢でした。

実際にキャバクラに行った後は、安い風俗に行ってましたし笑

(お店に行ったのに恥ずかしさでずっとカラオケしてた当時の自分)

 

さらに言えば当時は服装もオールユニクロですし、髪型もほぼ坊主なのでセットなんてしてませんし。なんでモテないんだろうと思っても当たり前すぎて疑う余地なしです笑

 

でも今ナンパを繰り返してきて、キャバ嬢ですら簡単に口説き落とせるようになって思ったのは、普段からの女性への扱いは非常に重要だということ。

実際に僕の苦い経験も女性経験がほぼ無いために扱いが分からず、いくら頑張ってものれんに腕押しでした。

そのキャバクラで苦い経験と成功した今だからこそ言えますが、女性への扱いが慣れていればこそ確実にキャバ嬢を口説き落とすことはできます。

キャバ嬢を具体的に口説き落とす為には何をすればいいのか?

女性経験もそれなりにあり神客に近づいたのであれば、後は細かいテクニックを覚えるだけで簡単です。

家に来てなぜかコスプレを着出した某キャバ嬢(笑)

女性経験という土台があり、その上にテクニックが乗る形なので、土台がグラグラでは一向にキャバ嬢を口説き落とすことができませんからね。

 

そしてキャバクラで一番大事なのは、差別化となります。

他のモテる男達も通っている中で自分は違う男だと、キャバ嬢達に認識させる必要があります。

じゃないと通っても、結局お金だけを大量に落として終わりになってしまいます。

 

またこの差別化して女性を口説き落とすテクニックに関しては、僕の電子書籍にもあるので、ぜひ読んでみてください。

キャバ嬢を口説き落とすまとめ

ここまでサラッと書いてきましたが、何よりもまずキャバ嬢を落としたいと考えるのであればお金は必須の要素です。

お金がなければ通うことができませんし、ドリンクやボトルを気前よく頼むこともできませんからね。

貯金をして通うのもいいですが、コスパよくキャバ嬢を落としたいと思うのであればストリートナンパもオススメの1つです。

 

ストリートナンパであれば街中にいる女性に話しかけて居酒屋に連れ出すだけなので、費用的に考えれば1万ほどあれば最終的なセックスまで到達できます。

僕自身もストリートナンパでは結構な確率でキャバ嬢に会うことも多いので何だかんだ最高です笑

ただキャバクラほど確実にキャバ嬢に会えないのでそこは難点ですが。

 

もし興味があれば試してみてください。

 

では、ここまでお読みいただきありがとうございました。

この記事に関する質問、感想、お問い合わせはコチラからして頂ければ、24時間以内に確認させて頂きます。

 

 

 

一般公開できない。僕がモテた唯一の法則があります。

僕はナンパを開始して、たった7ヶ月で51人の女性を抱きました。

経験人数は100人を超えてからは、数えられていません。

 

ただ、元々僕は周りから「ブサイク!」と呼ばれるぐらい顔面に自信もなく、女性経験も乏しい状態でした。

極め付けは、非モテを悪化させて、会社にいた20歳の女の子に、以下のアピールをしまくりました。

・目がキョロキョロ泳ぎながら、ニヤニヤ話す
・話し出した瞬間に顔面が真っ赤になりオドオドし出す
・1時間の間に10回以上、何も用がないのに広末さんに話しかける異常行動
・帰る時は同じ時間を装って話しかけるでもなく、遠目で見つつ帰る
・他の女性には全く話しかけないし無口になる

完全に異常者でした。

結果的にその子は退職しました。僕が99.9%の原因です。

 

そんな女性との距離感が分からず、犯罪的な猛烈アタックをしていた僕が、モテるためにナンパを開始しました。

 

そして、僕はナンパを通して以下のような女性と出会ってきました。

・新宿某店でNo2のキャバ嬢
・佐々○希さん似の大学1モテる女子大生
・お嬢様学園の将来アナウンサー志望の清楚系Dカップ女子
・祖母が資産家の、金持ち152cmのロリ系20歳
・インリンオ○ジョイトイの娘?と思うほどの美女台湾人
・ほぼ有村○純の可愛すぎる保育士(園児の親から口説かれるらしい)

過去の自分が見たら、どれも腰を抜かして、「嘘でしょ・・・」と言ってしまうぐらいの綺麗な女性たちです。

そして彼女たちとはお金ではなくて、自分自身の魅力だけで、口説き付き合ってきました。

他にも、同時に女性3人と付き合ったこともあります。(疲れるのでやめましたが)

 

そして今回僕が、そんな過去の経験からモテる男になるための法則を電子書籍にまとめました。

 

お金もない、人脈もない、顔面も冴えない、足も短い、社会的地位もない、学歴もない(高卒)

何も持たない僕が、なぜ周りのお金を持ってる人やイケメンでも口説けない女性と付き合えたのか。

 

そのブログでは話せないモテるための法則を、全て電子書籍に載せたので、興味があればぜひ読んでみてください。

ストーリー形式なので、サクッと20〜30分で読めると思います。

→無料電子書籍「モテる男のつくりかた」を読んでみる