【完全版】プールナンパ攻略!水着美女をお持ち帰りするテクニック

 

どうも、松永です。

 

夏といえばプールですが、プールに行くと、どうしても水着の美女たちのエロい体や可愛い顔が目に入りますよね。

そうなると、「少しだけ夏の勢いに任せてナンパしてみようかな」とか。

「もしかすると仲良くなれるかもしれないし、声をかけてみよう」

 

そう思う人も多いはず。

 

ですが、そこから実際にどのように声をかけて、どうすればプールで水着の美女と仲良く遊べるのか。

さらに、プールでエッチまで持ち込むには。

そんな疑問を全て解消するプールナンパの方法を僕が順に解説していきます。

プールナンパは成功率高め

プールでのナンパは他のストリートナンパやクラブナンパと比べると、初心者やナンパ未経験者の方にめちゃくちゃオススメできます。

 

なぜなら普段ナンパをほぼやらない男性でもプールに行けば否が応でもナンパがしたくなりますよね。

せっかくの夏だし、女性といちゃつきたいと。

 

そう、女性の中でも同じように考えている層がいるんです。

 

ナンパがウェルカムとオープンに言っているわけではないですが、この場を楽しませてくれるならいいよ的なノリですね。

そのため、普段のナンパと比べてプール内で話しかければ結構多くの女性が振り向いてくれます。

 

また夏のプールは開放感的なものもありますので、普段は話をしないような女性も立ち止まり話をしてくれます。

天気が良く、その空間が気持ちがいいと、気分が上がるのと一緒で、気持ちもオープンになりやすいです。

女性のスタイルが一目瞭然

プールナンパで個人的に一番嬉しいと感じるのは、ナンパ時に女性のスタイルが一瞬でわかるってことですね。

普段ナンパをしていると、夏とはいえ流石に詳細のスタイルはわかりません。そこまで谷間を見せている女性はいないですからね。

 

ですが、プールのナンパであれば、女性のスタイルを確認してから声をかけることができるので、最終的にスタイルが悪かったという後悔はありません。

自分の好みの顔と、自分の好みのスタイルの子に話しかけることができます。

 

ちなみにやはりプールでナンパをしていると、巨乳の子は話しかけられる回数が多いとのことです笑

やっぱり皆、おっぱいが大きい女性が好きなんですね笑

プールナンパは利点が多い?

プールでナンパをすると様々なメリットがあります。

個人的にメリットと感じるものを話します。

 

僕自身プールでのナンパは毎年必ず行っているぐらいに好きなナンパであり、ノウハウはかなり溜まっています。

プールでの密着率の高さ

通常のナンパと違い、プールでナンパをすると一瞬で女性と密着できます。

普通ストリートでナンパをしてすぐに腰に手を回すことなどできませんが、プールではそれができてしまいます。

 

プールという場がどっちかというと、クラブの雰囲気に近いので話しかけてから相手と和むまでかなり早いんです。

そのため会った瞬間にボディタッチを行え、さらに腰に手を回したり、時にはすぐに抱き合うことも可能です。

 

抱き合ってしまえば、その後はクロージングまでかなり近づきますので。

すぐに密着できるのは最大の利点ですね。

男女ペアが簡単にできる

基本的にプールには二人組の女性が多いですよね。

 

そこでこちらも2人で話しかけますが、男女4人だと、どうしても1人の女性と深く和むのが難しくなります。

楽しい雰囲気はできますが、恋人のような状態になるのが難しいんです。

 

そんなデメリットもプールでは関係ないです。

 

なぜなら、プールでは2人きりになることが簡単となります。

 

理由は、友達と別れる要素が多くあるからです。

 

何か買い物をしてくることができ、その間に2人でプールを回ったり深い話をすることができます。

 

プール内には売店や、スライダーなど回る場所が多くあるため、女性2人をナンパして男女同士になることが可能なので、普通のナンパと比べて早く仲が良くなれます。

友達を気にせず、すぐに恋人のような状態になれるので、結果的にお持ち帰り率も高まります。

テント内でいちゃつける

プールにテントを持ち込めるのであれば、お互いの空間をすぐに作り出すことが可能です。

先ほども話したセパレートして男女になって、デートになる状態ですが、その時にテントがあれば相方を待っている間にテント内でいちゃつくことが可能です。

 

具体的にはキスをしたり抱き合ったりなども、他の空間から閉ざされた場所なのでできてしまうんですよね。

もしプールに行くのであればテントは必ず持って行ったほうがいいです。

 

ちなみにセックスをするのであれば、少し大きめなテントを用意しましょう。

プールでのナンパの流れ

プールでの具体的なナンパの流れですが、話しかけるのはプール内、水の中がおすすめです。

路上で歩いている女性たちをナンパしてもいいのですが、それよりもプールの中で一緒に水に浸りながらの方が成功率は高いです。

 

路上では一緒に歩くことになりますが、プール内であれば水に浮かびながら浮き輪等で遊びつつ和むことができるので、シカトも少なくなりますし、さらに先ほどの利点もあります。

 

密着できる点ですね。

路上で話しかけても密着は難しいですが、プールの中であればすぐに相手に密着できるのでプール内がおすすめです。

 

話しかけるときは、流れるプール、波のプールにいる女性たちに声をかけましょう。

 

ちなみに具体的な声をかける内容は正直何でも問題ないです。

通常のストリートよりもオープン率は高いので。

「めっちゃ楽しそうだね」「プールが似合ってますね」などでも女性はオープンしてくれます。

 

ちなみに声をかけてから、肉体関係に持ち込むのであれば、noteにてナンパの具体的手法を発信しているので確認してみてください。

参考:ナンパ大全【あなたがすれ違った女性と"50分以内にセックス"を可能にするたった1つの戦略】

ナンパにはスライダーを活用

プールにせっかく行くのであれば、スライダーを活用して欲しいところです。

プールにしかないスライダーは、活用することで非常に大きなメリットをもたらします。

 

それは、待ち時間、密着のしやすさですね。

 

スライダーは基本的に人が並んでいるので、階段などで並ぶ必要があります。

その並んでいる時間帯さえもお互いに話せる場なので有効利用しましょう。

 

待ち時間で並びながら、近い距離で話すことも可能ですし、その間に友達たちはテント内でいちゃついているかもしれません。

使えるものはどんどん使いましょう。

水着女子のお持ち帰りは?

実際にプールナンパで女性をお持ち帰りできるのかってことですが、実際にあり得ます。

 

プール内でナンパをして、そのまま女性と仲良くなって一緒に居酒屋に行って飲んでホテルに行ったり、もしくはそのまま自宅やラブホテルに行ったりなどは簡単です。

 

先ほども言った通りプールの中ではすぐに密着できて恋人のような状態になれるので、クラブと同様にそのまま自宅でもいけるんですね。

ただお互いに友達と別れる口実が必要になるので、その際の別れ際を上手くやる必要があります。

 

以前僕がプールに遊びに行きましたが完全にお持ち帰りの流れだったので、参考になると思います。

参考:夏ナンパの遅れた思い出。プールで出会った2人の細巨乳【前半】

プールナンパ上級者編

先ほど少しだけ話しましたが、プール内でセックスをすることも可能です。

クラブと同様に仲良くなるのが早いため、プール内で仲良くなればそのままの勢いでえっちができます。

 

ただしそのためにはテントを持って行ったりなどの準備が必要になります。

逆に言えば、場所さえ確保してしまえば、深く和んだり恋人のような状態になるだけでセックスは可能です。

 

少しだけ上級者編となりますが、ナンパを極めていくと思っているよりも簡単にそんなミラクルも起こせます。

参考:プールでナンパをしたらビキニの保育士さんにエロいことされた話

夏はプールでガンガン遊ぼう

ここまで夏のプールでナンパを成功させる手法を話してきました。

 

多くの方がプールでのナンパを精力的に頑張っていますが、プールナンパは手順をしっかりと踏むことでいとも簡単に成功します。

もちろん普段のストリートナンパをやっている方であれば、プールでのナンパは余裕になるでしょう。

ナンパのスキルが身についていれば、その場で女性を口説きと落とすこともできるので。

 

もし本気でナンパの成功率を上げたいのであれば、事前にストリートナンパのスキルを習得しておきましょう。

普段ナンパができると、水着美女を口説くのは楽勝です。

 

僕のメルマガでも美女を抱きたい放題なナンパ手法を話しています。

興味があれば登録してみてください。

 

まとめ

実際にあなたがプールに行ってナンパを成功させるのを楽しみにしています。

 

ちなみにプールに行く際は少し焼けた肌と、鍛えられた肉体があるとギャルの反応が良くなります。

軽く焼けているだけで、ギャルのナンパがしやすくなるので夏は時間があれば日サロでもいいので、少し焼いておきましょう。

顔と腕だけ焼けているとダサくなっちゃうので笑

 

夏のプールを全身全霊で楽しんで水着美女をゲットしちゃってください。

では、また会いましょう。

 

一般公開できない。僕がモテた唯一の法則があります。

僕はナンパを開始して、たった7ヶ月で51人の女性を抱きました。

経験人数は100人を超えてからは、数えられていません。

 

ただ、元々僕は周りから「ブサイク!」と呼ばれるぐらい顔面に自信もなく、女性経験も乏しい状態でした。

極め付けは、非モテを悪化させて、会社にいた20歳の女の子に、以下のアピールをしまくりました。

・目がキョロキョロ泳ぎながら、ニヤニヤ話す
・話し出した瞬間に顔面が真っ赤になりオドオドし出す
・1時間の間に10回以上、何も用がないのに広末さんに話しかける異常行動
・帰る時は同じ時間を装って話しかけるでもなく、遠目で見つつ帰る
・他の女性には全く話しかけないし無口になる

完全に異常者でした。

結果的にその子は退職しました。僕が99.9%の原因です。

 

そんな女性との距離感が分からず、犯罪的な猛烈アタックをしていた僕が、モテるためにナンパを開始しました。

 

そして、僕はナンパを通して以下のような女性と出会ってきました。

・新宿某店でNo2のキャバ嬢
・佐々○希さん似の大学1モテる女子大生
・お嬢様学園の将来アナウンサー志望の清楚系Dカップ女子
・祖母が資産家の、金持ち152cmのロリ系20歳
・インリンオ○ジョイトイの娘?と思うほどの美女台湾人
・ほぼ有村○純の可愛すぎる保育士(園児の親から口説かれるらしい)

過去の自分が見たら、どれも腰を抜かして、「嘘でしょ・・・」と言ってしまうぐらいの綺麗な女性たちです。

そして彼女たちとはお金ではなくて、自分自身の魅力だけで、口説き付き合ってきました。

他にも、同時に女性3人と付き合ったこともあります。(疲れるのでやめましたが)

 

そして今回僕が、そんな過去の経験からモテる男になるための法則を電子書籍にまとめました。

 

お金もない、人脈もない、顔面も冴えない、足も短い、社会的地位もない、学歴もない(高卒)

何も持たない僕が、なぜ周りのお金を持ってる人やイケメンでも口説けない女性と付き合えたのか。

 

そのブログでは話せないモテるための法則を、全て電子書籍に載せたので、興味があればぜひ読んでみてください。

ストーリー形式なので、サクッと20〜30分で読めると思います。

→無料電子書籍「モテる男のつくりかた」を読んでみる