「夏の祭典、納涼船で浴衣美女をナンパしてどうにかお持ち帰りしたい!」

そう思って納涼船に乗り込むメンズも多いですよね。

 

ただそう言っても納涼船でナンパをどうやったらいいのだろうか。

分からない方もいるはずです。

 

実際に僕も一度リアルな友達(普段ナンパをしない)と納涼船に行ったことがありますが、全くナンパができずに普通にクルージングを楽しんでいました笑

やり方も含めどうやって声をかけたらいいのかわかってなかったですからね。

 

そこで今回は納涼船ナンパで、浴衣美女をナンパしてお持ち帰りする具体的な方法を話します。

ぜひ、ここで話したことを覚えて最高の思い出を作ってください。

 

納涼船ナンパのメリット

納涼船ナンパの1番のメリットとして、納涼船が普段の場所と全く違った空間という点が挙げられます。

 

普段の渋谷などのナンパもいいのですが、船の上という環境だけで人間は別の感情を抱きます。

船の上でお酒を飲みながら、心地よい風と空間。

そんな環境であれば、女性も普段街を歩いている時とは違う感情を抱きますよね。

 

ワクワク感、楽しいなという感情。

その感情があるためにナンパをした時にもいい反応をしてくれる女性が増えるんです。

 

また少なからずも納涼船は出会いの場として女性たちに認識されているために、遊びに来る女性たちも何かしら出会いに期待しています。

ナンパをする相手が反応しやすいのが納涼船ナンパのメリットです。

納涼船ナンパのデメリット

逆にデメリットとしては、出会いの場として認識しているのが女性だけではないことです。

今この記事を読んでいるあなたも出会いの場として納涼船を認識していますよね。少なからずナンパで美女と仲良くなりたいと。

 

納涼船におけるデメリットは同じように思っている男も多いってことです。

同じく美女をゲットしたいと思い、納涼船に来てナンパをする男が多いので必然的にライバルが多くなります。

 

そのため女性たちの奪い合い状態になることが欠点です。

この欠点に関しては自分自身が他の男性よりもナンパを上手いだけで解決するので、納涼船乗船までに少しだけナンパに慣らしておくと良いでしょう。

 

ナンパを事前に上達させておきたい男性は以下からメルマガに登録しておいてください。

美女を毎月5人以上抱く手法を話しています。

参考:赤面症の平凡リーマンが7ヶ月で51人の美女を抱いた驚愕ナンパの世界

納涼船にいる女性たち

具体的に納涼船にはどんな女性が集まっているのか。

何度も遊びに行っている感想からすると、意外と東京の人よりも神奈川、埼玉方面の女性が多い印象です。

 

浴衣で東京湾というフレーズが特に地方の女性に響きやすいのでしょうか。

またここも1つのメリットになりますが、地方の女性は普段からナンパに慣れていません。

そのため納涼船の空間も相乗効果となってナンパの反応率がかなり上昇します。

 

ちなみに田舎の女性のナンパに関しては以下の記事でまとめているので参考にしてください。

参考:田舎でナンパは実際どう?メリットデメリットを合わせて徹底解説!

納涼船でナンパをする方法

では納涼船でナンパをする方法を話します。

以前の記事で、納涼船でナンパをするタイムスケジュールを話しているので、そこは割愛します。

ここでは、具体的なトークだったりナンパテクニックについて話します。

 

まず納涼船でナンパをする時には同じ場所にいることが前提になるので、その共有スペースをうまく使います。
(共有スペースが分からない方はこちらを参考にしてください。共有スペースを使ったナンパとは!?会話が盛り上がる最強テクニック!

 

船の上という共有スペースを使ってナンパをするので、この入り方を使えばオープン率も高いですし、女性が最初に笑ってくれる可能性が高まります。

また他の男が使わない声かけになるので、差別化ともなります。

 

僕自身使っていたのは、以下のような声掛けになります。

「こんにちは、いつも船乗ってるんですか?」

「いえ笑そんなことないです。」

「乗り慣れてる感が凄かったから、普段から乗っているのかと笑」

「そんなことないですよ、お兄さんはよく来るんですか?」

 

この流れが最初のつかみとしては上出来です。

上記の声かけのメリットとしては、最初の冒頭から女性が返す言葉が予想できることです。

いつも船に乗っているか?という質問では、毎日船に乗っているわけがないので、否定が来ますよね。

 

次に否定が返って来るとわかっていれば、返す言葉も事前に用意しておくことができます。

会話は生物と言われますがある程度予測できるものもあるので、この会話はおすすめです。

 

周りの男性が「飲もうよ」とただナンパをしてくる中では、同じような声掛けをしていても顔だけで判断されます。

僕自身顔で勝負できないため、トークを考えて行動しなければ女性をクロージングすることはできませんでした。

少し工夫をするだけで、どんな男性でも他の男に勝てるんです。

 

ナンパをした後の流れ

納涼船でナンパをしたあとは、基本的にずっと和むことはせずLINE交換をして、さらに他の女性をナンパするのが鉄板です。

質問

ポルノさん、ずっと女の子と一緒に居たらだめなんですか?

基本的には長居はしないようにしてください。

 

話しかけてすぐに離れる理由は、女性に他の男とは違う点を意識させることです。

先ほどの質問同様、通常の男性であれば1回話せたら、その女性とずっと一緒にいようとします。

 

他の男に取られないようにと、ここまで和めた女性を話すのが勿体ないと思ってしまうからですね。

 

女性自身ベタベタするのは好きですが、知らない男にベタベタされるのは好きではありません。

女性が好きなのは、いつの世も余裕感のある男性です。

であれば、ここで長く付きまとってしまうと、逆に好感度を下げてしまうんです。

 

ここで彼女1人に固執するんじゃないと、余裕感を見せつけてあげてください。

下船後のクロージング

下船後には、先ほども話したとおり飲みに誘っても良いですし、後日LINEを送って食事でもありです。

一点注意点ですが、納涼船の船着場の近くには居酒屋などが一切ありません。

 

近くの浜松町駅に行って飲むことはできますが、近くにはラブホテル等もないです。

もし当日一緒に飲もうと思うのであれば、タクシーを使って銀座や有楽町付近に移動して飲むのがおすすめです。

事前に良い感じの子がいて、一緒に飲むとなったらグダグダになってしまわないように、流れを頭に入れておいてください。

まとめ

納涼船で浴衣美女をナンパする具体的な方法を話してきました。

実際に納涼船では毎年数多くの出会いが提供されています。6月から9月まで開催されているので何回か行けば本当に好みの女性とも出会えますし。

また納涼船内は飲み放題でお酒も飲めるので、緊張してナンパができない場合はお酒を飲んでやってもいいですね。

ただあまり飲みすぎてしまうと、お酒臭くなり女性から敬遠されてしまうのでほどほどにです。

 

ぜひあなたもここで話した方法を使って納涼船で浴衣美女と仲良くなって、お持ち帰っちゃってください。

では、また会いましょう。

別記事では納涼船のナンパをするタイムスケジュールなども記載しています。

参考:納涼船ナンパの攻略法!ナンパ師が成功するコツを解説します。